Book:いわさきちひろ「あかいくつ」&「The RedShoes」

c0084183_15182412.jpg
*あかいくつ アンデルセン/作 神沢利子/文 いわさきちひろ/絵 偕成社 1968年 1981年改訂1刷 
*The RedShoes Hans Christian Andersen/Chihiro Iwasaki/Anthea Bell, PICTURE BOOK STUDIO 1988




洋書になっても素敵なちひろさんの絵本。
洋書を取り寄せた時に和書も一緒に取り寄せました。
ちなみに洋書版の方はテキストのレイアウトがお洒落でした♡


ひさしぶりに「あかいくつ」を読んで
お話のラストをすっかり忘れていたようで
赤い靴の虜になり、恩人を見捨ててまで踊りに行ったばかりに
靴を脱ぐことも、踊りを止めることもできずに
終いには赤い靴ごと両足首を切断してもらう。

こんなに惨い展開もあったのですね。
両足首を失くしても踊り続けることの方が恐ろしかったカーレン。
そして回心したカーレンは神様から許され天に召された。


少女のときめき、乙女心は時に残酷さや悲劇を産むものなのですね。
アンデルセンのお話はそれでも救いをもたらしてくれるけど
都合よく終わらず、なにかしらの試練を与えてから。
それを乗り越えてから得るものは、大きな喜びとともに迎えてる。

この感じ、人魚姫に重なるものがあるような。




















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-12-09 12:00 | 和テキスト絵本

エリナー・アボットの人魚画

c0084183_12552633.jpg




エリナー・アボットの1920年の作品「The Mermaid」
まるで人魚姫の一場面のようなイラストです。
しかも大好きな「赤毛の人魚」になっているのです♡
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-12-08 12:00 | 人魚画

エリナー・アボットの人魚画

c0084183_1245043.jpg




エリナー・アボット(Elenore Plaisted Abbott:1875-1935)
アメリカのイラストレーターでハワード・パイルの教え子でした。

1920年にNew York: Charles Scribner's Sonsから出版された
「Grimm's Fairy Tales」には人魚の話は含まれていないのですが、
本の終わりに、この美しいイラストが添えられていました。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-12-07 13:00 | 人魚画

William Samuel Henry Llewellyn画の水の精

c0084183_10554462.jpg




その可憐さに惹かれて♡

William Samuel Henry Llewellyn(1858-1941)
19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍した英国の画家。
1928年から1938年に王立芸術院の学長も務めました。

1910年の作品「Waterbaby」
水の精霊とか妖精かしら?
水面に上半身しか描かれていないけど
水面下には魚の尾の人魚だったら素敵だなー
と勝手に妄想しています(笑)


属性としては、ウォーターハウスの
「Hylas and the Nymphs」(1896)を思い浮かべてしまう。

c0084183_1153348.jpg
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-12-06 12:00 | 一枚の絵

アーサー・ラッカム画の人魚絵④

c0084183_9265640.jpg




1932年に出版されたアンデルセン童話集に入ってた挿絵みたいです。

魔女のところで薬をもらいに行った後の様子。
タコの足のうねりが海藻のうねりのように
重ねて見えたり、装飾的な描き方が素敵。
人魚姫の不安げな表情もよいな。
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-12-05 12:00 | 人魚姫

Book:アメリア・ジェーン・マレーの妖精画集

c0084183_16235542.jpg




1985年に出版されたアメリア・ジェーン・マレーの画集、
「Regency Ladys Faery Bower」です。
絶版なのですが海外の古書で入手できました。

B5サイズぐらいの小ぶりの画集です。
そして表紙・裏表紙含めて23点の妖精のイラストと
アメリアの暮らしぶりをスケッチしたものと水彩画が1点ずつ収録されていました。
それとイラストにはシェイクスピアやミルトンなのど詩も添えられています。

とくにシェイクスピアのが多いですね。
「真夏り夜の夢」と「テンペスト」から、
やっぱ妖精と言えば、ですものね。

c0084183_16242679.jpg


最後の方の頁にはアメリアの家系図が見開きで紹介され壮観です。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-12-02 12:00 | 画集/図版集

ヘレン・ジェイコブスの翅の妖精画

c0084183_20553779.jpg




ヘレン・ジェイコブスは妖精画も素敵なイラストを残しています。
その中から一番のお気に入り☆

1912年に描かれた「Fairy Jewels」

フェアリークィーンかしら?侍女たちを従え、
宝石箱からどのジュエリーを身に付けようかしら?というような場面ですね。

アクセサリーに関わるイラストに惹きつけられました♡
色合いも妖精たちの佇まいも美しいです。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-12-01 12:00 | 妖精画

ヘレン・ジェイコブスの人魚画

c0084183_21355477.jpg



ヘレン・ジェイコブスが1926年に挿絵をつけた
「The Lonely Little Mermaid」というお話。
どんなお話なのでしょうね。
探してもみつかりませんでした。
挿絵頁に付けられたキャプションで想像するしかないみたい(笑)


c0084183_2139138.jpg

小さな人魚が王さまに
「わたしはひとりぼっち、このままでは寂しくて死んでしまう」
でいいのかしら?と訴えている場面らしいです。



c0084183_21411095.jpg

どういう経緯で水槽の中にいるのかわかりませんが
ちょっと足の悪い少年と出逢ったようですね。



c0084183_21413773.jpg

なんかすごい展開に?少年には魚の尾が!?
彼は人の足を捨てmermanになったのかしら?



人魚姫と真逆的なお話?
わー気になるわ!















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-11-30 12:00 | 人魚画

ヘレン・ジェイコブスの雑誌表紙画に人魚♡

c0084183_2025164.jpg



ヘレン・ジェイコブスが描いた雑誌「The Sunday Fairy」(1919)。
このイラスト、よーーーーく見たら、人魚がいた♡

c0084183_20271277.jpg


水辺で遊ぶ子供たちに交じって人魚も!


雑誌タイトルの下に小さく「2」ってあるのは2号ってことかしら?
創刊号が5月だから、イラストの様子で初夏の6月のようだものね。

この「The Sunday Fairy」って雑誌は
1919年5月10日に創刊、英国で最初の宗教漫画だそうです。
同年10月11日に「The Children's Sunday Fairy」と改名され、
更に同年翌月の11月1日に「The Children's Fairy」改名されました。
そして1921年6月17日に「Bubbles and Children's Fairy」とリニューアルし、
1941年5月24日に「Chick's Own」に統合されました。

子供の雑誌にも歴史ありなのだわ。
とりあえずメモとして残して置こう。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-11-29 12:00 | 人魚画

ヘレン・ジェイコブス画の人魚姫②

c0084183_19572676.jpg

小さな人魚姫がお姉さま方と
海の底のお城のお庭で
仲睦まじく過ごしている様子かな。



c0084183_208780.jpg

海に投げ出された王子を助ける人魚姫。



c0084183_201301.jpg

海の上へ行ったお姉さま方のエピソードのひとつかな?



今のところ、人魚姫に関する挿絵は扉絵も含めて4点確認できました☆















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-11-28 12:00 | 人魚姫

ヘレン・ジェイコブス画の人魚姫

c0084183_19322799.jpg




ヘレン・ジェイコブス(Helen Mary Jacobs :1888—1970)
英国エセックス出身のイラストレーター、水彩画家でした。
子供向けのおとぎ話や教育本などに沢山の挿絵わを描き、
「The Sunday Fairy」(1919-)でも活躍しました。
晩年はアメリカに住み、その生涯を終えました。

ヘレン・ジェイコブスについて詳細情報が少なくて、
この人魚姫の挿絵がいつ頃のものなのかわかりません。

アンデルセン童話の挿絵はまだ他にもあって
雑誌に掲載されたものか、一冊の本によるものか不明です。


ヘレン・ストラトンと同じ名前で同じ英国出身で、
ストラトンから20年くらい後に生まれたジェイコブズだけど
ペン画による美しいイラストはストラトンの系譜かなと♡














*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-11-27 12:00 | 人魚姫

Book:いわさきちひろのThe LIttle mermaid

c0084183_19363456.jpg
*The Little Mermaid Hans Christian Andersen,Anthea Bell,Chihiro Iwasaki.PICTURE BOOK STUDIO,1984.



いわさきちひろさんの「にんぎょひめ」の英訳版です。
こちら絶版なので海外の古書で手に入れました。

日本版に比べるとサイズが少し縦長。
イラストに影響でない程度にトリミングされています。
そして表紙絵が差し替えられています。

印刷の発色は少しビビットかな。
ちひろさん特有の水彩のぼかしニュアンスは
日本版の方が繊細に表現されているかも。


英訳版になっても素敵なちひろさんの絵本です♡















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-11-25 12:00 | 人魚姫

オーストリアのイラストレーター:イーダ・ボハッタ

c0084183_15115362.jpg



先日、スウェーデンの絵本画家エルサ・ベスコフ絡みでご紹介いただいた
イーダ・ボハッタ(Ida Bohatta:1900-1992)
オーストリアの 子どもの本のイラストレーターです。

どんなイラストを描いているのか調べてみると
愛らしく可愛い妖精たちがいっぱいでてきました。

花の妖精、光の子供、雪の子供や星の子供、
ドワーフや昆虫たち、身近な自然に存在する
小さな妖精たちを表情豊かに描いていました。

沢山ある絵本の中から、ひと昔前に和訳された絵本が4冊あるようなのですが
どれも絶版で定価以上の高額絵本になってしまっているようです。

和訳されているものは
「はなのこどもたち」
「かわいいひかりのこたち」
「ほしのこどもたち」
「雨だれぽとり」

2005~2006年にかけて 童心社から出版されたようです。
この中だと「ほしのこどもたち」がすっごく気になってます☆

ドイツ語圏では子供から大人にまで愛され
今でも重版されているロングセラーの作家です。
さらに他の国でも多く翻訳されファンが沢山いるようです。

c0084183_1512820.jpg

c0084183_15121925.jpg


子供の妖精シリーズはとっても癒されそうな♡
眺めれば眺めるほどに魅力たっぷりです。
教えて下さった方にとっても感謝なのです。


なんの絵本に添えられたイラストがわからないのですが
とっても気になる1枚を。

c0084183_15423693.jpg


雪の日に赤い帽子にマフつけた小鳥が泣いてるの!
なんで泣いてるのかも気になるけど
つか、小鳥がマフって可愛すぎるし!

















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-11-24 12:00 | 妖精画

silent music「聖セシアの面影」展へ

c0084183_09522304.jpg
東中野のsilent musicさんの展示会へ
もうワタシの恒例行事になっているような?(笑)
今回の展示のテーマは「聖セシリア」
会場に溶け込む参加アーティストさま方の作品が
ため息漏れてとまらないほど素晴らしかったです♡



テンペラと油彩とボタニカルアートの画家・豊永侑季さん
c0084183_10122338.jpg
DMにも使われている聖セシリア像を間近で堪能♡
ため息漏れる美しさに時間を忘れて見惚れてきました。

c0084183_10114239.jpeg

ご本人様の許可を頂き、寄りのお写真も撮らせていただきました。
c0084183_10123798.jpg
角度を変えて見てみましたら
立体的に浮き上がって見えました♡
薄い花弁の繊細さ、匂い立つような薔薇は
是非とも実物を間近で味わって頂きたいと思います。



銀筆画家の日香里さん
c0084183_10245133.jpeg
羊皮紙に描かれた作品らはやっぱり素敵なものばかり♡
手紙を持つ乙女の絵が素晴らしくて
なにか秘めた想いがこめられているような表情
デコルテの凝ったレースの繊細さに見惚れ
手元周りのドレスの模様の美しさ
どこを切り取っても絵になるため息もの。



洋服デザイナーのSERAPHIMさん
c0084183_10280356.jpeg
聖女や聖少女らが纏うような素敵なワンピース
上質な素材の手触り心地よく
贅沢にあしらわれたピンタックや襟元のレースも素敵♡



そして主催さまの久保田恵子さんによる
聖セシリアへ想いを寄せた本も
c0084183_10134590.jpg
聖セシリアについては、是非この本を手にとっていただきたいです♡


そして久保田さんのピアノの演奏まで今回は聴くことができました♪
c0084183_10233360.jpg



秋の終り、素敵な時間を過ごしてきました。

silent musicさんのお庭から
c0084183_10132045.jpg
c0084183_10133312.jpg
11/26(日)13:00-17:00まで♪
silent music

明日、11/22は聖セシリアの祝日だそうです。
その翌日の23日には
「小さなピアノ演奏会」14:00-14:30も
催されるようです。


秋の終りのひと時に是非♪




















*






[PR]
# by bonplaisir | 2017-11-21 12:00 | 展覧会&美術館

ヘレン・ストラトン画の人魚姫⑥

c0084183_16281752.jpg




ヘレン・ストラトン画のアンデルセン童話集で
彩色画が載ったのも出版されていました。

口絵と扉絵だけなんですが、扉絵の方に人魚姫が描かれていました♡


Fairy tales of Hans Andersen
Publication date:1908
Publisher Philadelphia : Lippincott より

でも1905年にカラー挿絵が16点収められた
アンデルセン童話集も出版されているようなので
こちらはその再編集版でカラー頁が大幅に削られたものなのかも。




あと、1930年からのにも1点見つかりました。

c0084183_16491889.jpg


キャプションに
'The little Mermaid watches' (little mermaid in the seafoam)
と記されているよう。

どの出版物に添えられたものかが不明なのです。


ストラトンのアンデルセン童話集に添えられた挿絵は
「人魚姫」だけじゃなく他のも素敵なので、それらも追々♡




















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-11-18 12:00 | 人魚姫


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

Book:いわさきちひろ「あ..
at 2017-12-09 12:00
エリナー・アボットの人魚画
at 2017-12-08 12:00
エリナー・アボットの人魚画
at 2017-12-07 13:00
William Samuel..
at 2017-12-06 12:00
アーサー・ラッカム画の人魚絵④
at 2017-12-05 12:00
Book:アメリア・ジェーン..
at 2017-12-02 12:00
ヘレン・ジェイコブスの翅の妖精画
at 2017-12-01 12:00
ヘレン・ジェイコブスの人魚画
at 2017-11-30 12:00
ヘレン・ジェイコブスの雑誌表..
at 2017-11-29 12:00
ヘレン・ジェイコブス画の人魚姫②
at 2017-11-28 12:00
ヘレン・ジェイコブス画の人魚姫
at 2017-11-27 12:00
Book:いわさきちひろのT..
at 2017-11-25 12:00
オーストリアのイラストレータ..
at 2017-11-24 12:00
silent music「聖..
at 2017-11-21 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫⑥
at 2017-11-18 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫⑤
at 2017-11-17 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫④
at 2017-11-16 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫③
at 2017-11-15 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫②
at 2017-11-14 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫
at 2017-11-13 12:00

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真&写真集
画集/図版集
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
妖精画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(132)
(102)
(46)
(38)
(29)
(27)
(24)
(23)
(22)
(19)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

> snowdrop-u..
by bonplaisir at 14:05
こんばんは。 今夜はパ..
by snowdrop-uta at 22:15
> snowdrop-u..
by bonplaisir at 12:03
なるほど、日本語の本と西..
by snowdrop-uta at 05:44
> snowdrop-u..
by bonplaisir at 11:12

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

記事ランキング