カテゴリ:解説・図版本( 17 )

鹿島茂コレクション1:グランヴィル

c0084183_16265184.jpg
*鹿島茂コレクション1 グランヴィル-19世紀フランス幻想版画 鹿島 茂/著 求龍堂 2011年


2011年の2/23-4/3(震災で10日まで延長)練馬区立美術館で行われた
フランス文学者の鹿島茂氏の膨大な古書コレクションの中から、
シュールレアリズムの先駆と評価されたフランスの風刺画家
J・J・グランヴィル(1803-1847)の作品を集めた展覧会の図録です。

自らグランヴィル狂というだけあり、素晴らしいコレクション。
版画の数もさることながら、豪華な稀少本も数多く飾られていて、
技巧を凝らした装丁の美しくて素敵。

グランヴィル狂、ワタシも感染した記念の日でした☆



c0084183_1643597.jpg



訪れた日は天気も良くて、気温も温かく、午前中にグランヴィルを堪能し、
心地よい気分でいました。まさかその日の午後に大地震が起こるなんて
夢にも思わなかった。当時の記憶から、午前と午後の出来事が
同じ日だったなんて思えないくらい分断しています。













*
[PR]
by bonplaisir | 2017-03-13 12:00 | 解説・図版本 | Comments(0)

アルフォンス・ミュシャの世界/2つのおとぎの国への旅

c0084183_1316462.jpg
*アルフォンス・ミュシャの世界/2つのおとぎの国への旅 海野弘/解説・監修 2016年 Pie 2017年2刷



いよいよ明日から始まる「ミュシャ展
チェコ国外世界初公開の「スラブ叙事詩」全20点が展示されますね。

その予習にと、やはりPieから去年出版された本も入手。
売れ行きがよいようで第2刷になってました☆

ミュシャ関連の本は展覧会図録を主に数冊持っていますが
この本はグラフィック作品の中でも雑誌関連の作品も充実していて
ときめきがとまりません。

一昨年の箱根のラリック美術館で行われていた
ミュシャとのコラボ展覧会で、主にOGATAコレクションの作品が
こちらの本でも見られ、あの時は図録集がなかったので嬉しい限り。

もちろん「スラブ叙事詩」の解説も読み応えありますので
こちらも予習として読み込んでから展覧会に挑みたいですね。

ああ、もうすっごく楽しみ☆


















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-03-07 13:30 | 解説・図版本 | Comments(0)

チェコの挿絵とおとぎ話の世界

c0084183_10151653.jpg
*チェコの挿絵とおとぎ話の世界 海野弘/解説・監修 2014年 パイ・インターナショナル



昨日、ブラティスラヴァ世界絵本原画展の後、帰宅してから
チェコの絵本を紹介した本を開いて見ました。

チェコの民話やおとぎ話の代表的なものの紹介と
19世紀から20世紀の人気のある画家たちや
デザインも優れている絵本も紹介した本です。

チェコ芸術が魅力的で豊かな世界を作りだすのは当時大変だったはず。
世紀末から現代にかけて国家統制下の厳しい圧力があった中で、
絵本など子供の世界の領域はアカデミックな評価を受けにくく
見逃されがちで、かくれみのの様なものだったのかもですね。
そのなかで芸術家たちは自由に実験的な試みをして抵抗してたのかも。

こうした背景のなかで作り出された魅力的な作品たちは
本当に素晴らしくて美しいものばかりです。


そんなこともまだ知らなかった時、チェコの絵本の魅力に初めて触れたのは
ヨゼフ・パレチェク画の「人魚姫」でした。
想像力が溢れている素敵な世界感に一目で魅了されました。

そしてチェコの絵本の世界で描かれるアンデルセンやグリムが気になり、
追いかけるうちにチェコの民話ものやいろんな画家たちとの出逢いができたのです。

イジー・トゥルンカ、ミルコ・ハナーク、アドルフ・ザーブランスキー、
スロヴァキアのドゥシャン・カーライ、などなど。
まだほんのちょっとだけど、チェコ関連は魅力的なものばかり☆

そうそう、それまでチェコといえばミュシャと映画ぐらいしか馴染がなかった。
絵本が国の輸出産業になっていることを知ったのは絵本に出逢ってからでした。

この本を開きながら、まだ手に取ってない画家の絵本との出逢いを楽しみにしています。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-02-24 12:00 | 解説・図版本 | Comments(0)

ウェス・アンダーソン本

c0084183_07425600.jpg





































前々から狙っていたウェス・アンダーソン監督の映画本が届いた♡
のに、ちょっとバタバタとしていて、ゆっくり読めないッ、眺められもできないッ。

わーん、おあずけ状態もどかしい~。
でも嬉しい~。















*



[PR]
by bonplaisir | 2017-01-26 12:00 | 解説・図版本 | Comments(0)

フランスの更紗手帖

c0084183_14434737.jpg



































*フランスの更紗手帖 猫沢エミ/著 2016年 パイ・インターナショナル


「トワル・ド・ジュイ展」が
去年の東京での開催期間中、終盤頃に出版された本。

展覧会のトワル・ド・ジュイ美術館だけでなく、
ミュルーズ染織美術館とソレイアード南仏テキスタイル美術館も紹介している。

それぞれの工場での更紗の歴史と柄の特色などの違いも知れて嬉しい本。

アントワネットが好んでいたであろう柄のドレス写真は載っているのですが、
肖像画で描かれていたのかは見たことがないのです。
ですが、フランソワ=ユベール・ドルーエが描いた
ポンパドゥール夫人の肖像画 は更紗のドレスをまとっていたのですね。

更紗をまとう肖像画があればもっと見てみたいものです。
いろいろ探してみたくなりました☆















*



[PR]
by bonplaisir | 2017-01-25 12:00 | 解説・図版本 | Comments(0)

ビリービンとロシア絵本の黄金時代

c0084183_15201727.jpg
*ビリービンとロシア絵本の黄金時代 田中友子/著 2014年 東京美術 2016年2刷



ロシア挿絵黄金時代を追いかける為に、新年早々取り寄せた
「ビリービンとロシア絵本の黄金時代」の本。

ビリービンが手掛けた絵本の挿絵から
絵本以外のグラフィック・デザインの仕事を紹介してくれている。

絵本作品からは
「イワン王子と火の鳥と灰色のオオカミ」
「カエルの女王」
「鷹フィニストの羽根」
「うるわしりワシリーサ」
「マリヤ・モレヴナ」
「姉アリョーヌシカと弟イワーヌシカ」
「白いカモ」
「サルタン王物語」
「金の鶏の物語」
「漁夫と魚の物語」
「ヴォリガ」
の他に挿絵で描かれたロシアの風景画や飾り罫なども。

デザインなどの仕事からは
ポスター、絵葉書、雑誌の扉絵や舞台美術や衣装デザインなど。

ビリービンの他にも同時代に活躍した画家も紹介され、
ヴィクトル・ヴァスネツォフ、エレーナ・ホルレーノワ、セルゲイ・マチューリン
ゲオルギー・ナールブトらが数頁ずつ紹介されてて嬉しい。


ビリービンの装飾や古代文字の使い方、描きこみ細かいように見えても
無駄を省きつつ、バランスや構図が素晴らしいですね。
ヨーロッパの世紀末美術や日本の浮世絵からも影響が見られる。

代表的な作品から数点ずつの紹介だから、
それぞれの挿絵を全部網羅したくなってきます。

まだロシア挿絵画家たちの単独の作品集ってないのがもどかしいです。
ヴィクトル・ヴァスネツォフやゲオルギー・ナールブトの
和書での作品集を出版してくれたら嬉しいなぁ~。
















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-01-05 16:00 | 解説・図版本 | Comments(0)

ハワード・パイル画集

c0084183_11525612.jpg
*アメリカン・ノスタルジアⅣ ハワード・パイル 村木 明/著 1976年 パルコ出版



日本で刊行された初めてのハワード・パイルに関する本格的な画集です。
パイルのイラストレーターとライターとしての2つのキャリアで残された作品は大変多く、
全容を捉えるのは容易ではありませんが、代表的なものを中心に
パイルの活動の全体に触れるよう心掛けた作品150点収められた画集です。

アメリカの厳しい開拓時代における迫真の歴史画や、
愛とユーモアの童話の世界、ロマンチシズム溢れる海賊の絵から
中世の騎士物語まで、イラストだけでなくデザインからカリグラフィと
幅広く手掛けていました。

今のアメリカの人気画家たち、パリッシュはじめロックウェルにA.ワイエスなど、
さらにウォルト・ディズニーでさえ根元にパイルあってこそ。
アメリカのイラストレーションのパイオニア、パイルの偉大さが伝わる画集です。

こちら刊行されて以降つづく画集が出てないのが残念。
画集に収めきれてない素晴らしい作品がまだ沢山あるはずなのになぁ~

パイル素敵!
もっともっとパイルのことが知りたくなりました。



















*
[PR]
by bonplaisir | 2016-12-17 13:00 | 解説・図版本 | Comments(0)

ジョン・オースティンの挿絵が載ってる図版本

沢山の挿絵を残してくれた割に作品を拝める本が少なくて、
所有している本からリストアップしてみました。

『 おとぎ話の幻想挿絵 』 2011年

c0084183_1281539.jpg
 「ハーレクインの冒険」(1923)より 7点
 「こどものための昔話」(1922)より
  「青ひげ」 2点
  「眠れる森の美女」 2点
 「陶器の悪漢」(1924)より 6点
 「ダフニスとクロエ」(1925)より 2点
 「神々は渇く」(1933)より 4点
 「エブリマン、他戯曲集」(1925)より 2点

 この本が一番、画風と年代の幅も広く載せてくれている。



『 おとぎ話の古書案内 』 2012年

c0084183_1284555.jpg
 「エブリマン、他戯曲集」(1925)より 5点



『 世紀末の光と闇の魔術師 オーブリー・ビアズリー 』 2013年

c0084183_129893.jpg
 「陶器と悪漢」(1924)より 1点(「おとぎ話の幻想挿絵」と重複)



『 アイルランドの挿絵とステンドグラスの世界 ハリー・クラーク 』 2014年

c0084183_1292785.jpg
 「陶器と悪漢」(1924)より 1点(「おとぎ話の幻想挿絵」と重複)
 「こどものための昔話」(1922)より
  「青ひげ」 1点(「おとぎ話の幻想挿絵」と重複・図版小)
  「眠れる森の美女」 1点(「おとぎ話の幻想挿絵」と重複)



あと、図録ですが2014年に行われた巡回展
「見つめて、シェイクスピア!美しき装丁本と絵で見る愛の世界」の中にも
「ハムレット」(1922)から1点(図版小)

c0084183_12101658.jpg



ジョン・オーティン、もっと他にも作品を拝めたらよいのになー。
作品集あったらよいのになー。
それから名前スペル、今まで「AUSTEN」と思ってたら「AVSTEN」なんですね。
どうりで検索でなかなか出てこないんだわ。

小説家の「JANE AUSTEN」ばかりでてきて辿りずらかったのでした(笑)

















*
[PR]
by bonplaisir | 2016-11-28 12:00 | 解説・図版本 | Comments(2)

ジョルジュ・バルビエ:優美と幻想のイラストレーター

c0084183_1013084.jpg
*優美と幻想のイラストレータージョルジュ・バルビエ 海野 弘/解説・監修 2011年 パイインターナショナル



バルビエというイラストレーターの存在を知った頃、
画集が欲しくて探していたのだけど、
作品数は多くても図版が小さい本だったりで
躊躇していた時にタイムリーに出版された
ワタシにとってコレ!的など真ん中な画集・解説本だったのです♡

表紙はバルビエのオリジナルそのままではなく
コラージュされたものですが、楽しくて好きですわ☆

ファッションから物語の挿絵、バレエ・コスチュームまで
大人のためのイラストを手掛けてたバルビエの世界が愉しめます。

個人的にバルビエのロココなイラストが大好きで
「危険な関係」挿絵が観られたのは嬉しかったです。

270点も収録された見応えあるもの、中にはこの時点で
初公開の図版も多数あり興奮ものでした。

時折出しては眺め、バルビエの世界に浸らせてもらってます♡















*
[PR]
by bonplaisir | 2016-10-19 12:00 | 解説・図版本 | Comments(0)

ヨーロッパの図像 神話・伝説とおとぎ話

c0084183_10201053.jpg

*ヨーロッパの図像 神話・伝説とおとぎ話 海野弘/解説・監修 2013年 パイ・インターナショナル


ヨーロッパの神話伝説を中世から19世紀まで、
ギリシャ神話、英雄伝説、聖書の神話、ケルト・北欧の神話、
ファンタジー物語まで取り上げています。

主題にあった絵画をそれぞれ紹介してくれているので
この一冊で展覧会に訪れているような気分にもなりました。

気が利いてるなと思った製本で、ヒエロニムス・ボスの「快楽の園」を
実物と同様に観音開きで扉と中の三幅体を再現して載せてくれている事です。
開いた時に喉の部分の割れ目がちょっとと思ってしまいますけど、
絵が切れないように気を使われて製本されています。

物語といえば挿絵だけでなく、絵画のモチーフにもなっているということを
思い出させてくれているので、ここで紹介されているもの以外に
どんな絵があるのか探求心が働く楽しい本でした☆










*
[PR]
by bonplaisir | 2016-06-18 12:00 | 解説・図版本 | Comments(0)


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

バレエ:ジゼル
at 2017-03-29 14:04
ものつくり②
at 2017-03-28 12:00
ものつくり。
at 2017-03-27 15:00
1983年アール・ヌーヴォー..
at 2017-03-25 12:00
ミュシャ:眠れる大地の春の目覚め
at 2017-03-24 12:00
アルフォンス・ミュシャ/Th..
at 2017-03-23 12:00
ミュシャ:PANTHEON ..
at 2017-03-22 12:09
silent music:わ..
at 2017-03-21 12:00
ローランサンのポストカード
at 2017-03-20 12:05
ミュシャ展:国立新美術館
at 2017-03-18 12:00
アメデ・ヴァラン:パピヨンから
at 2017-03-17 12:00
Amédée Varin:P..
at 2017-03-16 12:00
Queenのアルバムジャケットも
at 2017-03-15 12:00
グランヴィル:カードの戦争
at 2017-03-14 12:00
鹿島茂コレクション1:グラン..
at 2017-03-13 12:00
オディロン・ルドン:神秘的な対話
at 2017-03-11 14:46
オディロン・ルドン:アンドロメダ
at 2017-03-10 12:00
エドガー・ドカ:帽子店
at 2017-03-09 12:00
イザベル・アルスノー画:My..
at 2017-03-08 13:30
アルフォンス・ミュシャの世界..
at 2017-03-07 13:30

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真集
画集
解説・図版本
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
映画(DVD&Blu-ray)
一枚の絵
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(44)
(42)
(39)
(26)
(25)
(23)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

はるさま オースティン..
by bonplaisir at 13:42
はじめまして。最近オース..
by はる at 17:19
desire_sanさま..
by bonplaisir at 14:37
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 21:00
desire sanさま..
by bonplaisir at 15:33

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..