カテゴリ:人魚姫( 52 )

エドマンド・デュラック画:人魚姫⑤

c0084183_12515614.jpg




小さな人魚姫の叶わぬ想い、
姉さま方の美しい髪と引き換えに
魔女からもらったナイフを
日が昇らないうちに、王子の心臓に突き刺し
その流れた血が、小さな人魚姫の足にしたたったとき
その足はもとの魚の尾に戻ります。

でも小さな人魚姫は王子にナイフを突き立てることはしませんでした。
そして海へ飛び込み、体がとけて、海の泡になっていくのでした。




空気の精になった人魚姫は三百年善い行いをすると魂が授かる、
それには子供たちの行いも関係してくるのだと
アンデルセンは締めくくっています。

良い子であれば、嬉しさあまりの微笑みで一年分減り、
悪い子であれば、嘆きの涙を流す度に一日分のびるのでした。

この事で子供たちが人魚姫のことを想うのであれば
善き行いをしなければと努めるようになってくれたらと
アンデルセンの願いが窺えますね。

優しい心と思いやりということもかな。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-05-12 12:00 | 人魚姫

エドマンド・デュラック画:人魚姫④

c0084183_1822939.jpg




秘薬で人の足を手に入れた小さな人魚姫。
そのかわりに彼女は美しい声を失いました。

王子に名前やどこから来たのか尋ねられても
答えることができません。

小さな姫の青い瞳は、愛おしそうにそして悲し気に
王子を見つめるだけでした。




デュラックの人魚姫の世界感、この王子の衣装で
東洋趣味のものだったと初めてわかったのでした。
















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-05-11 12:00 | 人魚姫

エドマンド・デュラック画:人魚姫③

c0084183_11411432.jpg



嵐の夜、難破した船から放り出された王子、
彼の手足はしびれきっていて、美しい瞳もふさがりかけていました。

小さな人魚姫が王子を助ける様子を描いたイラスト。
荒れた波間の絵が描き方がドラマチックですよね。

人魚姫の髪飾りも素敵です。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-05-10 12:00 | 人魚姫

エドマンド・デュラック画:人魚姫②

c0084183_11173043.jpg




デュラック画の人魚姫の一枚目の挿絵は
年老いたマーメイド王(Mermam King)。

第一印象では老女のようで、小さな人魚姫のおばあさんかと思ってた。
でも絵をよーーーく見てみると、立派なお髭が、
それとMermam(マーマン)は魚の尾のようなものが二本。


この絵も海底の描写がほんと幻想的で素敵。
海藻や珊瑚、岩肌に貼りつく貝類などの生物、
王の住む城の様子が素晴らしい、それと
赤色の使い方が絶妙☆

とこの絵を合わせたイメージで描かれたのが
アンドレア・ダンカン・カースの人魚姫。

デュラックの人魚姫の挿絵にかなり影響されていると思う。
けどカースの人魚姫も素敵なんですよね☆















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-05-09 12:00 | 人魚姫

エドマンド・デュラック画:人魚姫①

c0084183_1085977.jpg




1911年、アンデルセン童話集に収められている
エドマンド・デュラックが描いた人魚姫の挿絵。
新書館から出ている本の表紙にもなっているこの絵が大好き。

地上に憧れ、人間の王子に想いを寄せる小さな人魚姫が
意を決して、魔女のもとへ行き、人の足を手に入れる秘薬を手にした。
その場面を、怪しさと危険な香り伴いながら美しく描いています。


大事そうに秘薬を手にしている人魚姫は地上に向かう絵だと思ったけど、
海底に向かうその先の怪しい場所は人魚姫のお気に入りの庭のようです。
魔物の住処のようにちょっと怖そうな雰囲気で描かれています。


でも、この海底の描写がとくにたまらなくて♡
海藻にからまる宝箱や動物や人の骨なども、、、。

青白い色彩は妖艶さも引き立てている感じ。



*補足

やっぱりこのおどろおどろしい場所は魔女が住むところだったみたい。
でも薬をもらって、その場所を抜け出すより、
これから向かう場面のようにも見えちゃいますね。

なーんて、野暮なツッコミはなしか(笑)




















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-05-08 12:00 | 人魚姫

アーサー・ラッカム画の人魚姫③

c0084183_10501762.jpg




この絵も1932年のアンデルセン童話からの人魚姫の挿絵。
三番目のお姉さまが初めて海の上に行った時のお話の様子、
姉妹の中で一番大胆でしたので、川を上り子供たちが水遊びしているところへ。
人の子たちはびっくりして逃げようとしている場面です。

の絵と趣きが変わりましたね。
ホントに同じ本の中の同じ作品の挿絵なのかしら?ってなります。

あ、でもこの人魚も魔物っぽく見えるので
そこは通じるものを感じますね。

アーカイブを見つけられなかったので
8月に発売される新刊で確認できたらよいなー☆















*

[PR]
by bonplaisir | 2017-04-26 12:00 | 人魚姫

アーサー・ラッカム画の人魚姫②

c0084183_19562169.jpg




1932年出版のアーサー・ラッカム挿絵のアンデルセン童話集には
シルエット画も含まれていたようです。
シルエット画といえばシンデレラを1919年に出版してましたね。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-04-25 12:00 | 人魚姫

アーサー・ラッカム画の人魚姫①

c0084183_1057267.jpg




アーサー・ラッカム(Arthur Rackham:1867-1939)

1932年に出版されたアンデルセン童話集から「人魚姫」の挿絵。
以前の記事で取り上げた人魚姫のイラストから18年後に描かれたもの。

初見の時は少し怖さも窺える美しさだなと、、、。
海底へ引きずり込まれそうな魔物のようにも見えてしまったり。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-04-24 12:00 | 人魚姫

Honor C. Appleton画の人魚姫

c0084183_1453465.jpg




オナー・シャーロット・アップルトン(Honor Charlotte Appleton:1879-1951)
イングランドの南海岸のブライトンで生まれ。
ケンジントン・スクールで美術の基礎を学んだあと、
フランク・カルデロンの動物画スクールで生き物の描き方を学び、
その後、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで水彩と油彩の技法を習得しました。

1920年にアンデルセン童話をThomas Nelson, Londonから出版されました。

人魚姫の最後、空気の精になる場面を描いたもの。
海に飛び込んだ人魚姫の身体が空気に溶け込んでいく様子が
とても幻想的で美しいです。














*
[PR]
by bonplaisir | 2017-04-22 12:00 | 人魚姫

Jennie Harbour画の人魚姫

c0084183_20331188.jpg



ジェニー・ハーバー(Jennie Harbour:1893-1959)
アール・デコの英国のイラストレーター。
1917~1936年頃に英国だけでなく世界中で魅了されたのですが、
彼女の人生については詳細はあまり明かされておらず。
近年、人気の復活により少しずつ明らかになってきているようです。

ロンドン生まれとされており、
1919までグリーティングカードの仕事を多くしていました。
この人魚姫のイラストは1934年に発行された、
アンデルセンを含む世界の童話集に収められたもののようです。

このイラストは以前の記事でアンデルセン童話に添えられた
イラストレーションの本の口絵と裏表紙になっていたのです。

今のところ、ハーバーの人魚絵はこれだけのようですが、
この存在感ある素敵なイラストで十分楽しませてもらっています。

陸の上とも水中ともいえない不思議な空間で
夢見がちな横顔の美しい人魚。
尾のデザインもファッショナブルで
アンクレットのように巻き付いた小花が可愛いですね。
ずっと見ているとどんどん惹きこまれていきます♡















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-04-21 12:00 | 人魚姫


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

アメリア・ジェーン・マレーの..
at 2017-08-19 12:00
翅の妖精画のさきがけは?
at 2017-08-18 12:00
アメリア・ジェーン・マレーの..
at 2017-08-17 12:00
アメリア・ジェーン・マレーの..
at 2017-08-16 12:00
アメリア・ジェーン・マレーの..
at 2017-08-15 12:00
アメリア・ジェーン・マレーの..
at 2017-08-14 12:00
イダ・レントール・アウスウェ..
at 2017-08-12 12:00
イダ・レントール・アウスウェ..
at 2017-08-11 12:00
イダ・レントール・アウスウェ..
at 2017-08-10 12:00
イダ・レントール・アウスウェ..
at 2017-08-09 12:00
イダ・レントール・アウスウェ..
at 2017-08-08 12:00
イダ・レントール・アウスウェ..
at 2017-08-07 12:00
シャーリー・テンプルの196..
at 2017-08-05 12:00
Vintage bookの人..
at 2017-08-04 12:00
Antique Childr..
at 2017-08-03 12:00
絨毯広告のVintage M..
at 2017-08-02 12:00
作者不詳のVintage M..
at 2017-08-01 12:00
ドロシー・P・ラスロップ画の..
at 2017-07-31 12:00
ドロシー・P・ラスロップ画の..
at 2017-07-29 12:00
ドロシー・P・ラスロップ画:..
at 2017-07-28 12:00

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真集
画集
解説・図版本
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(104)
(78)
(46)
(38)
(28)
(27)
(23)
(23)
(22)
(19)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

こんにちは㈎..
by ohmu-kitijoji at 16:09
> ohmu-kitij..
by bonplaisir at 11:14
> ohmu-kitij..
by bonplaisir at 11:11
わー♫ 今度はコウモリ..
by ohmu-kitijoji at 12:54
わあー♫ 素敵です! ..
by ohmu-kitijoji at 22:44

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

記事ランキング