「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:和テキスト絵本( 97 )

リスベート・ツヴェルガー画「喜劇 レオンスとレーナ」

c0084183_14244658.jpg
*喜劇 レオンスとレーナ ゲオルク・ビューヒナー/原作 リスベート・ツヴェルガー/絵 
 ユルク・アマン/翻案 小森香折 2017年 BL出版




今年の始めに出たばかりのリスベート・ツヴェルガーの絵本。
2013年に作られた絵本の翻訳版です。

この度のお話は、ドイツの喜劇オペラから。
ちょっとシェイクスピアの影響も伺える物語。


ポポー国の王子とピピー国の王女。
それぞれ見た事もない相手との政略結婚から逃げ出してきた二人。
その二人が偶然出逢い恋に落ちて。
でも、二人は実は、、、

いたずらな巡り合わせで結ばれる二人の可笑しなお話。
でも運命の赤い糸も思わせるロマンティックさもあります。


ちょっと大人の絵本かな。
リスベート・ツヴェルガーの絵はやはり素敵☆

コラージュを用いたお洒落な挿絵になってます。
マーブル模様など、テキスタイルと壁紙の模様が素敵で、
ご自分でつくったのかしら?それをコラージュしたのかしら?
手法がとても気になってしまいました。



c0084183_14445092.jpg



まるで舞台を見ているようなテイストの絵本です。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-02-21 15:00 | 和テキスト絵本 | Comments(0)

イワン・ガンチェフ:ねずみのぼうけん

c0084183_12353969.jpg
*ねずみのぼうけん イワン・ガンチェフ/作・絵 稗田宰子/訳 1975年 学習研究社



前回の洋書絵本の日本語版が欲しくなり探しました。
イワン・ガンチェフさんの本、70年代に出版されたものは
ほぼ絶版状態で、人気もあるので手に入り難くかった。

ガンチェフさんの絵本を集めたいなと思ったけど、
そうやすやすといかないような気がします。
出会う機会は逃さないように気を付けないと♡


「ねずみのぼうけん」のお話は、
マイラねずみのが住んでいるお隣の家の気球が空を飛びたそうにしていたので、
マイラがロープをきってやり、気球に乗ってマイラは世界中を見て回った。
初めて知る海の広さ、初めて見る動物、自然の不思議や豊かさを知ることが出来たお話。


夢があってワクワクするお話と絵がとっても素敵なのでした。
ガンチェフさん絵本、もっと読みたいです☆















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-02-16 12:00 | 和テキスト絵本 | Comments(0)

リスベート・ツヴェルガー画「ラクダのこぶはなぜできた?」

c0084183_15495294.jpg
*ラクダのこぶはなぜできた? ラドヤード・キップリング/作 リスベート・ツヴェルガー/絵 宮内悠介/訳 
 ノルドズット・ジャパン 2003年




先日の記事でキップリング作品にはまだご縁がないと思っていたら、
本棚からひょっこり出てきました(笑)

リスベート・ツヴェルガー画の絵本で
キップリング作のがあったのです。

うっかり(笑)

リスベート・ツヴェルガーの絵ばかり気に取られていたせいね。
古本屋さんで出逢った絵本、仕舞いこんでちょっと忘れていました。




世界がまだできたてのほやほやの頃、
人はやることが沢山あって忙しい、動物たちも人の手伝いをしていました。
そのなかでラクダだけがのほほんと怠け者。
すると精霊ジンがあらわれて、、、


c0084183_15501380.jpg
c0084183_15502545.jpg



天地創造とラクダのこぶが出来た話をくっつけるなんて(笑)
キップリングの自身の子供たちに語り聞かせていたお話なのだそうです。
1902年に「なぜなぜ物語」収められ、世界中の子供たちに読まれたそうです。

素敵なお話にリスベート・ツヴェルガーの絵がとっても素敵。
ラクダの長いまつげとか精霊ジンの現れ方とか
大扇子で魔法をかける時の描写とか、
センスがいちいち光る。




この度は仕舞いっぱなしでごめんなさい。
そして、うっかりはもうひとつありました。
それは次回。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-02-11 12:00 | 和テキスト絵本 | Comments(0)

ハンス・フィッシャーの「こねこのぴっち」

c0084183_09452642.jpg





















*大型絵本 こねこのぴっち ハンス・フィッシャー/文・絵 石井桃子/訳 1987年 岩波書店 1988年2刷



ハンス・フィッシャーの「こねこのぴっち」は大好きな絵本。
この絵本は岩波の子どもの本シリーズ版を持っているのですが
サイズが小さめ、小さくても可愛い絵本なのですが
大型版もあるので狙ってはいたのです。

重版されている人気ある絵本なので、
いつの日か手にできればと思ってました。
この度、馴染の古絵本屋さんにて機会が巡ってきました☆

大判は絵の広がり奥行きまで楽しめる。
絵本の開きが洋書版のに合わせているのを手にして初めて知りました。
小判サイズは原本から反転したりトリミング変えたりしてたのですね。
本来のイラストの状態を知ることが出来て良かったです♡















*



[PR]
by bonplaisir | 2017-02-01 12:00 | 和テキスト絵本 | Comments(0)

マージョリー・フラックの「ウィリアムのこねこ」

c0084183_09250372.jpg























*ウィリアムのこねこ マージョリー・フラック/文・絵 間崎ルリ子/訳 2005年 新風舎


マージョリー・フラック(1897-1958)
アメリカの絵本作家。
代表作に犬のアンガス・シリーズと
「おかあさんだいすき」などがある。

マージョリー・フラックの絵本を初めて手にしました。
こねこの描写に一目惚れ。

心温まる、小さな男の子と仔猫の物語。
仔猫のおかげでみんなハッピー♡















*







[PR]
by bonplaisir | 2017-01-31 12:00 | 和テキスト絵本 | Comments(0)

バーバラー・クーニー画:どこへ いってた?

c0084183_14185052.jpg






























*どこへ いってた? マーガレット・ワイズ・ブラウン/作 バーバラ・クーニー/絵 内田莉莎子/訳 
 1996年 童話館出版 2005年10刷



古絵本屋さんで久しぶりにバーバラ・クーニーの絵本に出逢い求めた。
幼児向け対象の可愛らしい絵本です。

単純に問いかける文章は、読みきかせながら
子供と対話ができそう。
モノクロの絵に差し色の赤があるだけの
シンプルな色彩だけど、文章と合わせて
想像力がふくらみそうな。

いろんな動物が出てくる中で、
うまがクローバーの原っぱでうっとりしてた。
なんて情景を浮かべるとなんて素敵なの。














*

[PR]
by bonplaisir | 2017-01-30 12:00 | 和テキスト絵本 | Comments(0)

ビアトリクス・ポターの「グロースターの仕たて屋」

c0084183_13483235.jpg
*グロースター仕たて屋 ビアトリクス・ポター/作・絵 いしいももこ/訳 1974年初版 2002年 日新装版発行 2015年 9刷



入荷待ちの絵本か届いた。
「グロースターの仕たて屋」
ピーター・ラビットの絵本の第5集 15巻です。

実はピーター・ラビットの絵本を求めるのはこの絵本が初めてなのです。
あまりにも有名で、そしてとっても人気があって、
なんとなく自分の中でいつでも求められるから、って位置づけになっていました。

今回求める気ができたのは、やはりこの絵本の挿絵なのです。
たまたま見かけた一枚に釘付けになり、調べたらこの絵本に辿り着いたのです。

その挿絵は物語の最後の頁に添えられていたものでした。

c0084183_13574256.jpg



ポター自身も、この物語はシリーズの中で一番のお気に入りだそう♡

仕立て屋が縫いかけの上着を店において帰ったところ、
次の日の朝ににはそれが仕上がっていたという。
実話をもとに書かれたお話。

ほんとのところはお弟子さんたちの仕業だったのですが、
ポターは茶色のねずみたちがクリスマス・イブにしたことにしたのです。


ただね、この絵本のシリーズは、本のサイズが小さくてね。
細かい描写の絵には向かないってのが何点で、
大きいサイズのってないのかしら?(さがしてもようかしら)


c0084183_1465476.jpg


ロココ調の衣服が素晴らしいの♡















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-01-09 14:08 | 和テキスト絵本 | Comments(0)

出口かずみ:TOOMIN VALLEY

c0084183_200166.jpg
*TOOMIN VALLEY 出口かずみ/文・絵 2016年 えほんやるすばんばんするかいしゃ


高円寺のえほんやるすばんばんするかいしゃで開催中の、
出口かずみさんの個展「SOOMIN CURRY」の
クリスマス編に滑りこみで行きました。

2年前に行われた個展「TOOMIN VALLEY」から繋がりで、
この時に発表するハズだった絵本が一旦お蔵入りになりましたが、
新たに(ってもベースは同じ)バージョンアップして
素晴らしい絵本になって発表されました。

もう、おとぼけぶりがハンパない(笑)
またまた笑かしてくれる素敵絵本なのでした。

c0084183_200129.jpg


見返しがTOOMIN VALLEYの地図になってて素敵☆

おかしくて、なごめて、おとぼけぶりでワハハできて
このユルさは狙っちゃうとわざとらしくなっちゃいがちなのに
出口さんの場合はめちゃくちゃナチュラル。
いつまでもこのニヤニヤさせてくれるセンスお願いします。



今回は「ABCかるた」も作ってて、こちらの原画も全部展示されていました。
どれも甲乙つけがたく、楽しおかしー絶妙なおじいさん堪能できます(笑)

c0084183_2002929.jpg




クリスマス編は今日(14時から20時)まで。
お正月編が、年明け1月7日(土)~15日(日)(14時から20時)に開催されます。

c0084183_2004440.jpg


高円寺・えほんやるすばんばんするかいしゃ



お正月編も見逃さずに行きますー。














*
[PR]
by bonplaisir | 2016-12-30 12:00 | 和テキスト絵本 | Comments(0)

今年のクリスマス絵本に選んだのは「白雪姫」

c0084183_18142413.jpg
*白雪姫 グリム/原作 たかのもも/絵・文 フレーベル館 2015年



毎年、クリスマスにちなんだ絵本を一冊求めようと決めて、
今年はどんなのにしようかと探していたところ、
目に留まったのが たかのもも さんの「白雪姫」。

中をちら見する機会があって、もう一目惚れ。
今年はちなんでないけどコレしかないって具合に求めさせていただきました☆


たかのもも(鷹野 百)さんはイタリアのボローニャ国際絵本原画展で
4度も入選をしている若手作家さん。
2011年にスイスの出版社からドイツ語版、フランス語版、英語版が刊行され
昨年の秋にやっと日本語版が刊行されました。


c0084183_18145254.jpg


たかのももさんの斬新な解釈の表現方法は古典童話なのに
新鮮な想像力を生み出してくれています。

絵本なのに画集のような見応えある美しい絵を堪能しました。
既に刊行されている「ゆめたまご」も取り寄せてみたくなりました。
今後の作品もすっごく楽しみです♡















*
[PR]
by bonplaisir | 2016-12-24 10:00 | 和テキスト絵本 | Comments(0)

イジー・トゥルンカ画:花むすめのうた

c0084183_1103357.jpg

*花むすめのうた フランチシェク・フルビーン/作 イジー・トゥルンカ/絵 千野栄一/訳 1984年 ほるぷ出版



チェコの詩人フルービンの物語に
トゥルンカさんの素適な挿絵も沢山楽しめる絵本です。


むかしむかし、深い森の小さな小屋に
おじいさんとおばあさんが住んでいました。
ふたりは100歳超えるまで仲良く暮らしていました。

ある秋のこと、ふたりは静かに目覚めることのない眠りにつきました。

すると小屋はたちまち荒れ、
冬がきて雪がなにもかも隠してしまいました。

やがて春がきて、雪が解けても
おじいさんとおばあさんの庭はだれも手入れをしないから淋しいまま、
庭が涙を浮かべていると、花の中にちいさな女の子が、
花からうまれた花むすめがいました。

花むすめはおじいさんとおばあさんが残した小屋に住み
庭の手入れをし、楽しく暮らしていました。

ですが、数年たったある冬の夜、突然あらわれた冬婆によって
花むすめの暮らしは一変してしまいます。

傍若無人な冬婆にこき使われ、庭も小屋も荒らされて
花むすめは途方に暮れかなしみます。





冬婆の憎たらしいことったら!
花むすめが丹精込めて世話した庭の木や花、
綺麗に掃除し住み心地よくした小屋までも
全部壊してしまうのです。

ですが、花むすめにはたくさんの見方がいて
優しく心強く見守ってくれてます。

冬婆は優しい温かい心には弱いようで
やがてどこかへ行ってしまいます。

あー、よかった。
って最後はホッと出来るお話でした♡



そして、このお話は、
厳しくて辛い冬でも負けないぞっていう
物語なのだなと思いました☆















*
[PR]
by bonplaisir | 2016-10-24 12:00 | 和テキスト絵本 | Comments(0)


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

リスベート・ツヴェルガー画「..
at 2017-02-21 15:00
エドマンド・デュラック画:シ..
at 2017-02-20 15:00
イザベル・アルスノーの絵が素..
at 2017-02-18 12:00
サイレント・ミュージック「L..
at 2017-02-17 13:06
イワン・ガンチェフ:ねずみの..
at 2017-02-16 12:00
Ivan Gantschev..
at 2017-02-15 12:30
BOOKS MAKE A H..
at 2017-02-14 12:28
イワン・ビリービンのロシア民..
at 2017-02-13 12:00
リスベート・ツヴェルガー画「..
at 2017-02-11 12:00
チャールズ・ロビンソンの「イ..
at 2017-02-10 12:00
W.H.ロビンソン挿絵の「ル..
at 2017-02-09 12:00
ウィリアム・ヒース・ロビンソ..
at 2017-02-08 12:00
ウィリアム・ヒース・ロビンソ..
at 2017-02-07 12:00
キップリングの詩集に添えられ..
at 2017-02-06 12:00
スラミス・ヴュルフィングの「..
at 2017-02-04 14:00
Sulamith Wulfi..
at 2017-02-03 12:00
アメリカの絵本 Little..
at 2017-02-02 12:00
ハンス・フィッシャーの「こね..
at 2017-02-01 12:00
マージョリー・フラックの「ウ..
at 2017-01-31 12:00
バーバラー・クーニー画:どこ..
at 2017-01-30 12:00

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真集
画集
解説・図版本
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
映画(DVD&Blu-ray)
一枚の絵
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(42)
(38)
(28)
(26)
(25)
(23)
(23)
(22)
(22)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

desire_sanさま..
by bonplaisir at 14:37
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 21:00
desire sanさま..
by bonplaisir at 15:33
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 19:28
カモミールさま こんに..
by bonplaisir at 13:54

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..