<   2015年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

Squawk to the Moon,Little Goose

c0084183_2250058.jpg

*Squawk to the Moon,Little Goose Edna Mitchell Preston illustrated by Barbara Cooney 1974

バーバラ・クーニー挿絵の絵本。

連夜でスーパームーンのお月見を楽しんでたら、この絵本を思い出した。
いつも利用させてもらっている古絵本屋さんで出逢いました。

クーニーの描く動物はホント可愛い。
表紙のアヒルの後姿、もうタマランです。

お母さんが夜のお出掛け中、お留守番の兄弟アヒルたち。
ひとりだけ言いつけを守らず外出しちゃう仔が、
月夜の池で遊び始めたけど、近所のおじさんに
お家にお帰りと注意されているみたい。
しょんぼり池のほとりを歩いていると
木の陰にキツネが!大変!つかまっちゃった!
けど無事にお家に帰れたみたいだけど
お母さんに叱られて、おしりペンペンされちゃっている(笑)

挿絵から予測した物語だけど
ちゃんと知りたくて和訳絵本が出てるか調べたの。
そしたら岩波の子どもの本シリーズにあったので
直ぐに取り寄せたのよ。

そっちは後日で☆














*
[PR]
by bonplaisir | 2015-09-30 12:00 | 欧米テキスト絵本

ベルナデッテ・ワッツ「ヨリンデとヨリンゲル」

c0084183_801380.jpg


*ヨリンデとヨリンゲル グリム童話 ベルナデッテ・ワッツ/絵 おさなぎひとみ/訳 1982年 ほるぷ出版 1994年15刷

「赤ずきん」と一緒に求めた絵本。
お店で「赤ずきん」の絵本を手にしながら書棚を物色中に
表紙の色合いが気になりふと目に留まった絵本、
引き上げるとバーナデット・ワッツのものでした。

でも、あれ?
ベルナデッテ?バーナデット?どっちなのかしら。
読み名ってむずかしいですね。
Google翻訳の発音だと「バーナデッテ」とも聞こえてる気がする(笑)


「ヨリンデとヨリンゲル」
絵柄に不穏な気配を感じるので、美しく穏やかに思える場面でも
少し物悲しさも感じます。でもハッピーエンドですよ(笑)

この絵本もワッツの魅力に溢れていました。

「ヨリンデとヨリンゲル」のお話はこちら→星空文庫















*
[PR]
by bonplaisir | 2015-09-29 12:00 | 和テキスト絵本

Bernadette watts の「赤ずきん」

c0084183_66947.jpg

*Little Red Riding Hood Bernadette Watts 1968 英語テキスト スイス刊

英国の絵本作家バーナデット・ワッツ(1942-)の「赤ずきん」
彼女が初めて手掛けた絵本です。

グリムやアンデルセンを沢山描いているので
ずっと気になっていた存在でした、
岩波の子どもの本シリーズから「赤ずきん」も出ているので
いつでも、なんて思ってたのですが
洋書版に出逢い、この機に求めることに☆

表紙に使われているのは見開きの頁から、
花が咲き乱れる美しい景色の中、赤ずきんとおおかみが
並んで歩きおばあさんの家をめざしている場面です。

その他の場面も素晴らしいものばかり。
色彩豊かな自然の風景、蝶や小鳥もさりげなく描かれ、
赤ずきんの可愛らしい衣装やおばあさんの家の生活雑貨など
かわいいものが沢山詰まっているのです。

おおかみの最後も残酷な描写の中にも滑稽さが。
そういえば、ここのところペローの赤ずきんに触れすぎていて
グリム版のお話の最後を忘れてましたよ(笑)

ワッツ、やっぱり素敵☆もっと集めたいです。









*
[PR]
by bonplaisir | 2015-09-28 12:00 | 欧米テキスト絵本

ウィリアム・モリス

c0084183_14241224.jpg

*ウィリアム・モリス クラシカルで美しいパターンとデザイン 海野 弘/著 
2013年 パイインターナショナル


海野 弘氏の図版シリーズには薔薇モチーフが沢山。

格子垣(トレリス)1862年:完成版前と試作版まで紹介されてる。
ウィリアム・モリスの家、レッドハウスのまわりのバラ垣をヒントにされているそう。
これらの試行錯誤があって1864年に完成。

バラ 1877年:モリス第2期の作品、染織物にも熱中していた頃。
モチーフがぎっしりと詰まってるのがパターンに反映されている。

壁紙デザイン:セント・ジェームズの宮殿 1881年
数少ない公共施設の仕事のひとつ。
クラシカルで堂々としたデザイン、隠れているような薔薇図でも
素敵なアクセントになっていると思います。

テキスタイル:バラとあざみ 1881年
S字ラインにそって二種の花が交互に咲いているが
よくみるとザクロのようなものも、大きな花と小さな花と
複雑に配置され単調なパターンにならないようになっている。

テキスタイル:バラ 1883年
13世紀シチリアの綿織りから発想されたゴシック風のデザイン。
騙し絵のようになっていて鳥が目、上部に王冠のような葉が描かれている。

タペストリー:フローラ 1884-85年
花の女神フローラ、人物はバーン=ジョーンズで
動物はフィリップ・ウェップによるもの。
薔薇は縦帯の装飾枠で描かれている。

薔薇ばかり取り上げてしまいましたが
他の草花や小鳥などの素晴らしいデザインが
壁紙やテキスタイル、刺繍やタペストリー、
ギフトブックなど約250点も紹介されてる本です。










*
[PR]
by bonplaisir | 2015-09-26 12:00 | 解説・図版本

エドワード・バーン=ジョーンズ:薔薇物語より

c0084183_7462986.jpg

*Edward Burne-Jones:Romaunt of the Rose: The Heart of the Rose(1890年頃)

1230年頃にギヨーム・ド・ロリスが書いた本編と、
1270年頃にジャン・ド・マンが書いた続編からなる物語。

バーン=ジョーンズは20年の歳月をかけて
断続的にこのモチーフに取り組んできたそうです。
そのなかから、ウィリアム・モリスと組み制作した
タペストリー「薔薇のこころ」。
花のデザインはウィリアム・モリスによるものです。


「薔薇物語」
愛の庭園を訪れた詩人が、愛の神の放った矢に射られ、薔薇に恋をする。番人たちが邪魔をするが、困難を乗り越え、詩人が薔薇に口づけすると、薔薇は閉じ込められてしまい、詩人は嘆きますが、薔薇を取り戻す為の戦いが始まる。


美しい薔薇(女性)の愛をとらえるために
その手引きが寓意的に語られる物語。

愛の象徴として使われ、薔薇のメタファーとして
女性を表したり、女神や聖母にも例えられる。

ふと、眠れる森の美女や薔薇の名前、
星の王子さまなどが思い浮かんだ。
薔薇は様々な分野で想像力を膨らませてくれる。












*
[PR]
by bonplaisir | 2015-09-25 12:00 | 一枚の絵

植物図:雑誌の付録カレンダー

c0084183_942087.jpg

表紙:トウモクレン

雑誌「花時間」の付録、1997年のカレンダー。
17世紀から19世紀のボタニカルアートを
表紙、カレンダー、裏表紙と8枚収録されているもの。

植物図続きで本棚の整理をしていたら出てきました。
何気に捨てられずに未だに持ってたみたいです(笑)

改めて観ると、やっぱ趣のあるセンス良いセレクト、
解説を読んでみて「あらっ!」ってなりましたよ。

表紙と1、2月の図の原画はルドューテの作でした☆
他の解説も詳細よく書かれているのが嬉しかったです。


1、2月の図:モクレン
c0084183_9515412.jpg

言われてみれば、構図がルドューテっぽいですね。
出典は表紙と同じく、アンリ・ルイ・デュアメル・デュ・モンソー
「フランス樹木誌」1804-1825年 パリ刊
多色刷スティップル銅版画手仕上げ。
この技法は版画の図柄を点で彫っていくもので
19世紀初頭にフランスで開花、柔らかで繊細なタッチが特徴。


3、4月の図:マッティオリのルナキッスス
c0084183_9525096.jpg

ヨハン・テオドール・デ・ブリィ
「改定花譜」1641年 フランクフルト刊
手彩色銅版画、部分を分けて1枚の画面に納めるのは
ボタニカルアートが対象の特徴を客観的かつ
科学的に記録することを目的としたため。


5、6月の図:カーネーション類
c0084183_9531377.jpg

エマニュエル・スウェールツ
「紅毛花譜」1631年 アムステルダム刊
手彩色銅版画、皇帝ルドルフ2世の命により
オランダの草花栽培家スウェールツがつくった花譜。
図鑑と同時に市場のカタログでもあった。
江戸中期、平賀源内もこの同年の版を入手しているそう。


7、8月の図:コンヴォルヴォルス属
c0084183_9533644.jpg

ヨハン・ジーモン・ケルナー
「有用植物図譜」1786-1796年 シュトゥツトガルト刊
手彩色銅版画、この図版は植物学者である
ケルナー自身により作画、彫刻、彩色された図譜。
繊細で奥ゆかしく、淡い色調で絶妙なぼかし具合が特徴。


9、10月の図:ブクスス属
c0084183_954211.jpg

アブラハミ・ミュンチング
「精見植物図譜」1696年 ライデンおよびユトレヒト刊
手彩色銅版画、図版の下部に風景が描かれている、
時に上部に天使がいたりするこの形式は
バロックスタイルといい1700前後に描かれていたもの。


11、12月の図:コットンなど
c0084183_9542826.jpg

ヨハン・ヴィルヘルム・ヴァインマン
「薬用植物図譜」1745年 レーゲンスブルグ刊
多色刷メゾチント銅版画手仕上げ、この技法は影をつけたり
微妙なグラデーションを表現できる。
この図譜は1枚の図版に何種類もの植物が描かれているのも特徴。


裏表紙:スピラエア属
c0084183_9544431.jpg

ウィリアム・カーチス
「ロンドンの花」1777-1798年 ロンドン刊
手彩色銅版画、ジェームズ・サワビー画。
すべての植物が実物大で描かれた図譜、
カーチスは英国で「ボタニカル・マガジン」という
比類ない雑誌を出版した人物。


数枚からでもいろいろと勉強になります。
残して置いてよかった(笑)
[PR]
by bonplaisir | 2015-09-24 12:00 | その他の本関連

洋蘭ボタニカルアートのポストカードBOX

c0084183_10104544.jpg


20年くらい前だったか、地元にあった洋ラン植物園、
(今も植物園は残っていますが多目的観光スポットに変貌)
そこのショップで求めたボタニカルアートのポストカード。

c0084183_10335856.jpg


植物学者のロバート・ワーナー(1814-1896)と
ベンジャミン・サミュエル・ウィリアムズ(1822-1890)が編集した
「SELECT ORCHIDACEOUS PLANTS」(1862-1891)という著書、
30年もの歳月をかけて作られた貴重な蘭の古図譜は全3巻あり、
ビクトリア女王陛下に献上され、貴族たちにも親しまれたとか。
その中から40枚選び出し、ポストカード集にした
植物園オリジナルのグッズでした。

c0084183_10343075.jpg
c0084183_10343678.jpg
c0084183_10344219.jpg


様々な顔を持つ洋ランの世界も面白いですね。
スミレやユリ、ヒヤシンスやアヤメ、スイセンやチューリップみたいのもある!

父が山えびね(ラン科)にハマってた時期があり、
花を咲かせるのが大変で育てるの難しそうでした。
その苦労を見てたので、ワタシは眺める専門でいいわーと思ったり(笑)
もしくは植物画で楽しむのも一興かな☆
[PR]
by bonplaisir | 2015-09-23 12:00 | その他の本関連

ルドゥーテ:バラ図譜(普及版)

c0084183_20365324.jpg

*バラ図譜(普及版) ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ/著 河出書房新社 2012年

普及版が出版されて直ぐに飛びつき取り寄せましたw

ナポレオンの最初の妻ジョゼフィーヌの庇護のもと
マルメゾン城の庭園に咲く世界中のバラを描いた図譜、
手元にやっと置くことができました。

どれも素晴らしくて、繊細でエレガントに描かれている薔薇たちは
美しく見える角度や構図にもこだわり、
植物学的に見ても資料として役に立つ描き方。
だから時に花は正面からだけじゃなく描かれていたり。
眺め続けていると、段々と薔薇が浮き上がってくるような、
そこに薔薇が本当にあるかのような錯覚に陥ります。

最後に肉筆画が二枚、収録されています。
透明感ある色彩で儚げだけど存在感凄いです。

「美花選」も手にしたいけどー高価過ぎるー
こちらも普及版出してくれたらいいのになー(;^^)










*
[PR]
by bonplaisir | 2015-09-22 12:00 | 画集

ジョゼフィーヌの肖像画

c0084183_10214568.png

*Auguste Garneay – Portrait de l’impératrice Joséphine 1813

オーギュスト・ギャナレイ:Auguste Garneray(1785-1824) 
フランスの画家、オペラやバレエの衣装デザインも手掛けていました。

ナポレオンの最初の妻だったジョゼフィーヌ・ド・ボアルネの居館、
マルメゾン城といえば、薔薇をこよなく愛したジョゼフィーヌと
その薔薇を描いた画家ルドゥーテを真っ先に思い浮かべますが、
ギャナレイもマルメゾン城の景観や敷地内の風景、
温室や城内の居間など沢山描いているのでした。
















*
[PR]
by bonplaisir | 2015-09-21 12:00 | 一枚の絵

あったわー!1939年版ラッカム挿絵の「真夏の夜の夢」

c0084183_20273914.jpg

*新訳 夏の夜の夢 ウィリアム・シェイクスピア/作 ヒース・ロビンソン、アーサー・ラッカム/画 
 井村君江/訳  2012年 レベル


「見つめて、シェイクスピア!」展で提供協力していた
うつのみや妖精ミュージアムの名誉館長、井村君江氏が
妖精の視点からとらえなおした新訳本です。

前にAmazonで見つけた時、W・H・ロビンソン挿絵だけかと思ったら
アーサー・ラッカムの名前まで入ってるので、
挿絵はミックスなのかしらと敬遠してしまったのです。

商品説明に挿絵の収録内容の詳細は書かれていないし、
レビューひとつも付いてないんですもん。
だから出版社の頁に飛んだのですが、そこにも詳細なかったのです。
「ヒース・ロビンソンやラッカムの絵が・・・」だけじゃわからんて!(笑)

そしたら先日、この本を紹介してくれてるblogを見つけたのでした。
挿絵の収録内容も詳しく書いてあり、とっても有難かったです。
それによると1939年版の挿絵6点が全部載ってると!
この情報が決定打、直ぐに取り寄せました(笑)

ていうか、届いた本の帯に!
「※アーサー・ラッカムの1908年版・1939年版の全カラー挿絵も掲載!」
もう!通販サイトでこの帯内容も紹介してくれてたらよかったのに。

でも思っていたより早く出逢えて良かったです。
しかも和書でなんて嬉しすぎるわ☆

1908年版と比べながら観るのも楽しいです。
資料などで6葉のうち5葉確認できていたので
残りの1葉やっと見れた、コンプリートできましたー☆











*
[PR]
by bonplaisir | 2015-09-19 12:00 | 文学/戯曲


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

最初の人魚姫の挿絵:ヴィルヘ..
at 2017-10-18 12:00
人魚姫と矢車草:補足
at 2017-10-17 14:30
人魚姫と矢車草
at 2017-10-16 17:30
silent music「星..
at 2017-10-11 10:01
ホイッスラーからお気に入りの作品
at 2017-10-10 12:00
Disney「白雪姫」のコン..
at 2017-10-09 12:00
今宵満月
at 2017-10-06 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-10-05 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-10-04 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-10-03 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-10-02 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-09-30 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-09-29 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-09-28 12:00
William Breaks..
at 2017-09-27 12:00
フランク・C・パプ画の人魚
at 2017-09-26 12:00
Monro S. Orr画..
at 2017-09-25 12:00
人魚姫:Vintage bo..
at 2017-09-23 12:47
コティングリーの妖精
at 2017-09-20 10:17
映画:フェアリーテイル
at 2017-09-19 19:54

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真&写真集
画集
解説・図版本
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(115)
(87)
(46)
(38)
(28)
(27)
(23)
(23)
(22)
(19)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

> snowdrop-u..
by bonplaisir at 15:22
こんばんは。 ブレイク..
by snowdrop-uta at 20:53
> ohmu-kitij..
by bonplaisir at 10:58
こんにちは! ネコちゃ..
by ohmu-kitijoji at 15:58
> ohmu-kitij..
by bonplaisir at 11:03

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

記事ランキング