<   2015年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

松谷みよ子あかちゃんの本:いない いない ばぁ

c0084183_1127696.jpg

*いない いない ばぁ 松谷みよ子/文 瀬川 康男/絵 1967年 童心社 2000年改版104刷

シリーズの中で一番のロングセラー。

動物たちが 「 ないないないばあ 」 するだけなんですけどね(笑)
この単純なのにすこぶる反応するらしいんですわ☆



甥っ子のいたずら描きの跡も味わい深くて和みます(笑)

c0084183_11323768.jpg


彼には要らない絵本になってしまったけど
ワタシの本棚のお仲間にさせてもらいましたわ。










*
[PR]
by bonplaisir | 2015-11-30 12:00 | 和テキスト絵本

松谷みよ子あかちゃんの本:のせて のせて

c0084183_1122782.jpg

* のせて のせて 松谷みよ子/文 東光寺 啓/絵 1969年 童心社 2000年126刷 

甥っ子があかちゃんの時に持ってた絵本を譲り受けました。
松谷みよ子あかちゃんの本シリーズはロングセラーで
甥っ子ももれなく持っていた次第。

奥付をよく見たら再販年が甥っ子の生まれた年でした☆

単純な物語に単純な挿絵なんですけど
味わいあるので何時みても楽しめます。

カッコイイ車に乗ってる少年にいろんな動物がのせてのせてと
どんどん乗合っていく話。

クラシックカーがホントにカッコイイ!

奥付の奥行きあって想像力が膨らむ挿絵がまた素敵☆

でもって可愛いくまちゃんがのせて!と現れる時の絵なんですけど、、、

何気に爪が鋭くてコワイです(笑)

この妙なアンバランスも大好きです♡














*
[PR]
by bonplaisir | 2015-11-28 12:00 | 和テキスト絵本

こどものとも傑作選:しんせつなともだち

c0084183_10582538.jpg

*しんせつなともだち 方軼羣/作 君島久子/訳 村山知義/絵 1987年 福音館書店 2007年49刷

子供の頃によく開いていた絵本が懐かしくて
つい買い直ししてしまった絵本。

良い行いが巡り巡って自分に返って来るお話。
実話に基づいているようです。

ほのぼのと可愛らしいエピソードに
冬場の動物たちの思いやりと助け合いにホッコリできる絵本です。

大人目線で読んで見ると、
良い行いも悪い行いも言動も含めて
やらかした事は自分に返って来るのよね。
という風にも感じてしまいました☆

やっぱ、こどものともシリーズってよいわー。
買い直したい絵本がまだまだあるのだけど、
その前に実家で探してみよう。
まだ残っているかもしれない絵本を、、、。
[PR]
by bonplaisir | 2015-11-27 12:00 | 和テキスト絵本

クリムト:Garden Path with Chickens

c0084183_22545499.jpg


グスタフ・クリムト(1862 - 1918)の晩年の作品。

Garden Path with Chickens(1916)

園路の鶏の絵です。

最近、鶏のヴィジュアルが気になってます。

特に雄鶏。

あ!話が逸れそうです!(鶏話はまたにしよう)


クリムトといえば黄金色を多用したものが代表的ですが

この手法から離れて色彩豊かで穏やかさを感じる

晩年の作品の中で一番のお気に入りです。
[PR]
by bonplaisir | 2015-11-26 12:00 | 一枚の絵

つきよのばんのさよなら

c0084183_9502585.jpg

*つきよのばんのさよなら 中川正文/作 太田大八/絵 1975年 福音館書店 1998年特製版

前日のくまさんの絵本と一緒に出逢ったもの。
こちらも熊のふゆごもり前のお話なのですが
現代の自然界の切なさが織り込まれています。

月夜が眩しい晩に、父親が湖へ漁に出かけ、太郎少年はひとりで留守番していた。

するとクマの親子が訪ねてきた、見覚えあるクマだった。
去年の夏、庭先にやってきた親クマようだ。
クマは村人に追われていたので、太郎が機転を利かせて助けたのだった。

翌朝、父親が仕事から帰る早々、湖での奇妙な話をしてくれた。
クマの親子が命がけで湖を向こう岸目指して泳いでいたという。
たぶん食べ物を求めて新天地に向ったんだろうと、、、。

昨夜のクマ親子はさよならを言いに来てくれたのだと思った。
だけど父親には昨晩の出来事は話さずに
自分の胸の中にしまっておこうと決めた太郎少年でした。



太田大八さんの渋みあるけど色彩豊かで
技巧ある筆使いの挿絵が素晴らしいです!

太郎少年の優しさ、クマ親子の健気さ、心に沁みる絵本です。
でも同時に胸の奥がチクリと傷みも感じます。

命がけで湖を渡った親子熊の新天地が
実り多き場所でありますようにと祈りたくなる絵本です。














*
[PR]
by bonplaisir | 2015-11-25 12:47 | 和テキスト絵本

たのしい ふゆごもり

c0084183_930278.jpg

*たのしい ふゆごもり 片山玲子/作 片山健/絵 1991年 福音館書店 2004年15刷


時たま、近所のBOOKOFFめぐりで絵本を探したりもします。
この絵本もそれで出逢いました。

カラフルで温かい色使いに惹かれました。

秋も深まり、ふゆごもりの支度が始まります。
親子熊が冬眠に備えて、沢山の木の実を取ったり
沢山のハチミツを取ったり、沢山の魚を取ったり
沢山の綿を摘み取ったり。

そしてご馳走を作って、沢山食べたり
摘み取った綿で新しい枕を作ったり
子熊の小さくなったコートをほぐして
いろんなぬいぐるみを作ったり

するといつの間にか外は雪。

温かい部屋の温かいベッド
沢山のぬいぐるみに囲まれて
子熊はお母さんの隣で眠りにつくのでした。
















*
[PR]
by bonplaisir | 2015-11-24 12:00 | 和テキスト絵本

秋の名残

c0084183_11395533.jpg


秋の終りを感じるこの頃、、、
[PR]
by bonplaisir | 2015-11-23 12:00 | 呟き

高橋真琴の原画展:佐倉で描かれた少女たち

c0084183_10383147.jpg


佐倉市立美術館(千葉県)で開催中の「 高橋真琴の原画展 」へ。

1963年に佐倉市に移り住みアトリエを構えた高橋真琴氏、
2008年以降、佐倉市フラワーフェスタのポスターを手掛けるように。

2013年に画業60周年を迎え、全国各地で大きな原画展が開催され、
ついに地元の佐倉市でも原画展が開かれることになりました。

フラワーフェスタになってから毎年描かれていますが
イラストの花々の中に必ず桜(佐倉)が描かれているのですよね☆

高橋真琴といえばお姫様、そして少女と花、かわいい動物たち、
物語の挿絵に様々なグッズの数々、それらを初期の作品から近年まで
およそ300点の原画と印刷物とグッズも沢山展示されていました。

会場内でライブペイントの模様を上映していて、
下絵から着色の工程が見られました、コレは凄くよかったです☆

そして少女たちを引き立てる花々の描き方を見ているうちに
ロココの植物画と重ね見てしまったのです☆

自宅に戻り画集を開いて改めて実感。
色とりどりの花々、可愛らしい巻毛にレースとフリルに溢れる世界♡
やっぱタマランわー♡

できたらまた行って観ようと思ってますー。
(だってー気になるグッズも沢山あったんだものー・笑)













*
[PR]
by bonplaisir | 2015-11-21 12:00 | 展覧会&美術館

18世紀のブーケの絵

c0084183_10344056.jpg


時計草に惹かれてしまった素敵なブーケの絵。

18世紀のものとだけ、画家の詳細がよくわかりません。

左下にあるサインには「 A.G.Wildrik 」とあるのは
画家のサインなのか植物学者のサインなのか、、、


それにしても沢山の種類の花々、
時計草の他に、薔薇、チューリップ、カーネーション、
スミレ、ニゲラ、、、このぐらいしかわかりませんが
10種類ぐらいは描かれているようです。

追々詳細を探ることにして取りあえず保管♡
[PR]
by bonplaisir | 2015-11-20 12:00 | 一枚の絵

Cornelis van Spaendonck:オランダの植物画家

c0084183_8593967.jpg


Tumblrのタイムラインに上がってきた画像(↑)。
ロココ調の華やかだけでなく細密に描かれる植物に魅了されます。

この画像はデジタル撮影された絵画の拡大部分、
元の絵のほんの少しの部分でこの容量。

c0084183_983439.jpg

*Vase of Flowers on a Stone Table with a Nest and a Greenfinch(1789)

この絵を描いたのは Cornelis van Spaendonck(1756–1840)
オランダのティルブルフに生まれ、兄はルイ16世の王室付の細密画家を務め、
後に王立植物園の植物画の教授となったヘラルド・ファン・スペンドンク。

絵の勉強の為にパリに移り、兄と共に植物画家として極めていく。
1785年から1808年までセーブル陶器の監督やデザイナーとしても活躍した。



兄、ヘラルド・ファン・スペンドンクの作品より

c0084183_9252243.jpg

*Still Life of Flowers in a Basket with Two Butterflies, a Dragonfly,
  a Fly and a Beetle by an Alabaster Urn on a Marble Pedestal(1787)


バロック、ロココの時代の植物絵画の魅力に目覚めたかもなこの頃☆















*
[PR]
by bonplaisir | 2015-11-19 12:00 | 一枚の絵


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

最初の人魚姫の挿絵:ヴィルヘ..
at 2017-10-18 12:00
人魚姫と矢車草:補足
at 2017-10-17 14:30
人魚姫と矢車草
at 2017-10-16 17:30
silent music「星..
at 2017-10-11 10:01
ホイッスラーからお気に入りの作品
at 2017-10-10 12:00
Disney「白雪姫」のコン..
at 2017-10-09 12:00
今宵満月
at 2017-10-06 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-10-05 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-10-04 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-10-03 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-10-02 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-09-30 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-09-29 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-09-28 12:00
William Breaks..
at 2017-09-27 12:00
フランク・C・パプ画の人魚
at 2017-09-26 12:00
Monro S. Orr画..
at 2017-09-25 12:00
人魚姫:Vintage bo..
at 2017-09-23 12:47
コティングリーの妖精
at 2017-09-20 10:17
映画:フェアリーテイル
at 2017-09-19 19:54

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真&写真集
画集
解説・図版本
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(115)
(87)
(46)
(38)
(28)
(27)
(23)
(23)
(22)
(19)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

> snowdrop-u..
by bonplaisir at 15:22
こんばんは。 ブレイク..
by snowdrop-uta at 20:53
> ohmu-kitij..
by bonplaisir at 10:58
こんにちは! ネコちゃ..
by ohmu-kitijoji at 15:58
> ohmu-kitij..
by bonplaisir at 11:03

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

記事ランキング