<   2017年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

H・レフラー&J・ウルバン画の「赤い靴」

c0084183_10493265.jpg




1911年のH・レフラー&J・ウルバン画のアンデルセン・カレンダーにも
「赤い靴」のイラストがありました。

終盤の場面でしょうか、天使の翼が美しいです。





今年は夏以降にいろいろとあり
それまでコンスタントに更新してたリズムが崩れ
思うようにまとめられなかったのですが
でもまあそれも義務的になるよりは
素敵なイラストとの出逢いを
ときめくまま自然体でまとめるのもよいかもと(笑)

足の腱鞘炎は大分落ち着いてきたけれど
神経障害性疼痛に気をつけないとなカンジ?
まだまだ油断できませんね。

足の不具合のせいか、夏の猫転嫁攻撃トラブルで
少し距離感が出来たかもな猫らの距離が縮んだようで
諦めてた猫団子寝がまた見られるように(笑)

怪我の功名ってやつですか?
悪いこともあれば良いこともあるですね(笑)

まぁそんなこんなで今年は本日で締めくくりたいと思います。
拙いblogですがお読みくださり誠にありがとうございます。
年明けは5日から更新する予定でいます。
また来年もよろしくお願い致します。


それでは皆さま、どうぞよいお年をお迎えになりますようお祈り申し上げます。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-12-28 12:00 | 一枚の絵

Book:アーサー・ラッカム画「Peter Pan in Kensington Gardens」

c0084183_10523719.jpg
*Peter Pan in Kensington Gardens. James Matthew Barrie.Arthur Rackham.
published by Charles Scribner's Sons, New York, 1906



今日は「ピーター・パンの日」なんですって。
1904年の12月27日に「ピーター・パンあるいは大人になりたがらない少年」の
舞台初演されたことが由来だそうです。

それならば、やっぱり縁のある本を
で選んだのがアーサー・ラッカム挿絵の
「ケンジントン公園のピーター・パン」
誰もが知るピーター・パンとウェンディのお話とは違うピーター・パン物語。
1906年にロンドンとニューヨークで出版されました。

アーサー・ラッカムのアンティーク本を手元に置くなら
「ケンジントン公園のピーター・パン」と思っていたので
去年末、たまたま安価なご縁があったので思い切って求めてしまいました。

c0084183_10535539.jpg



この本をという決め手はやっぱりこのイラスト。

c0084183_10541440.jpg


どこをトリミングしても美しい挿絵♡
夕暮れの風景に見惚れてしまう。

c0084183_1054447.jpg

c0084183_10552347.jpg
c0084183_1055962.jpg
c0084183_10545956.jpg



新書館版には全部の挿絵が載っていないので
この本で全部を堪能できました。
お気に入りの挿絵以外にも素晴らしいものばかりです。

少し状態はよくない本ですが、挿絵の状態は良い方です。
「ケンジントン公園のピーター・パン」大好きな本です。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-12-27 12:00 | antique&Vintage

book&postcard:イーダ・ボハッタ

c0084183_1094946.jpg

*左:「ほしのこどもたち」イーダ・ボハッタ/作・絵 松居スーザン・永嶋恵子/訳 童心社 2006年
*右:「かわいいひかりのこたち」イーダ・ボハッタ/作・絵 松居スーザン・永嶋恵子/訳 童心社 2005年




よくコメント頂いている方からのご紹介で知ったボハッタの世界。
イラストを追いかけているうちに、やっぱり絵本が欲しくなっちゃって、
探して見ましたら4冊の和訳絵本が童心社から出ていました。

が!すでに絶版、しかも古書価格が定価の5倍以上するものばかりで、
これは入所困難になりそう!と (´・ω・`)ショボ~ン な気持ちに、、、

でも諦めずに待っていたら定価の3倍以下のものを見つけて、
なんて良心的な!♡と躊躇せずに取り寄せて2冊手元に置けるように☆

その2冊は「ほしのこどもたち」と「かわいいひかりのこたち」です。


「ほしのこどもたち」は
子守唄のような優しいお話で。
「かわいいひかりのこたち」は
季節ごとに咲く花たちにふりそそぐひかりのこたちとのふれあいのお話。

どちらも、ほっこりする優しくて可愛いお話。
ボハッタの優しい眼差しがうかがえる♡


残りの2冊も諦めずに出逢いを待ちたいです☆



そして、ボハッタの記事を読んで下さったFacebookの友人が
20年以上前に海外で求めていたのを思い出してくださり、
よかったらと送ってくださり、昨日のクリスマスに届いたのです!♡

c0084183_1010665.jpg


ポストカードとミニカード。
優しいお色の柔らかな糸のリボンが結ばれていました☆

ミニカードは雪や花の精のこどもたちのようですね。
ハグしてたりとか仕草や動作もきゅんきゅんしちゃう可愛らしさ。

本当に大切にされていたのでしょうね。
20年以上前のものとは思えない保存状態です♡

ポストカードに使われているイラストは「ほしのこどもたち」ので

「すいせいくん」のお話。

わかってないね すいせいくん
そんなにはやく とんだら
なんにもみえやしないじゃないか
わくせいたちが まわっていくのを
ゆっくり ながめるほうが
ずっと たのしいにきまってる
ほしは じっとしているほうがいいよ



こんな感じで詩的なところも魅力的な絵本です。


イーダ・ボハッタは絵本作家になる前は、
ポストカードのイラストレーターでしたので
こんなに嬉しい贈り物はありません♡
大変貴重なものお優しいお心遣いとともに
ずっとずっと大切にします!♡















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-12-26 12:00 | 和テキスト絵本

Book:スベン・オットー画の「もみの木」

c0084183_7235572.jpg




スベン・オットー(Svend Otto Sørensen:1916-1996) 
デンマークの絵本画家。
1978年に国際アンデルセン賞受賞した画家です。
クラシックな水彩画が趣あります。
古典童話の絵本を多く手掛けました。



小さいもみの木が早く大きくなりたくて
自分にはもっと素晴らしいことが起こると期待して
今ある幸せを噛みしめることが出来ずにいます。
そして大切なことに気がついた時には既に遅く
後悔と無念のうちに終わってしまう。

アン・ハッピーエンドでは「人魚姫」や「なまりの兵隊」などありますが
なにかしら救いがあり悲しみの中にも安らぎを感じられるのですが
この「もみの木」は胸が苦しくなる想いのままなのです。

スベン・オットーの優しく美しい水彩画は
その切なさを少しでも和らげてくれます。

c0084183_7242324.jpg




青空文庫で楠山正雄訳で「もみの木」が読めます。
デンマーク語で「Grantræet」
アンデルセン童話でペシミスム(悲観主義)を表現した最初の童話だといわれています。
切なくて悲しくて辛い物語りですが奥深さがあり好きな作品です。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-12-25 12:00 | 和テキスト絵本

「赤い靴」の挿絵いろいろと

c0084183_15315093.jpg


アン・アンダーソン(Anne Anderson:1874-1930)は
「人魚姫」も素晴らしかったけど「赤い靴」も素敵♡
なんてドラマチックなのかしら。


c0084183_1532845.jpg


そして、オナー・C・アップルトン(Honor Charlotte Appleton:1879-1951)も。
これらは「人魚姫」と同じ本に収録されているものです。



c0084183_1614293.jpg


あとキャサリン・キャメロン(Katharine Cameron:1874-1965)もありました。
1909年にLondon: TC & EC Jackから
「Chisholm, Louey. The Enchanted Land: Tales Told Again」という
おとぎ話集を出していて、その中にアンデルセン童話から
「雪の女王」「赤い靴」が収められているようです。


c0084183_16332084.jpg


左:ジェニー・ハーバー(Jennie Harbour:1893-1959)
右:オスカー・クレバー(Oskar Klever:1887-1975)

詳細がまだよくわからないのですけど、
ジェニー・ハーバーはイギリスのイラストレーターで
グリムやペロー童話のイラストはよく見かけるのです。
オスカー・クレバーは「人魚姫」のイラストで目を付けていて
他にもアンデルセンのイラストがあるようなので探索中なのです。



今回「赤い靴」の挿絵を探して見つけた本があります。
Pook Pressから出ている「The Red Shoes - The Golden Age of Illustration Series」
さまざまな挿絵黄金時代の画家らが描いたイラストで構成されているのです。
「人魚姫」のバージョンは持っているのですが「赤い靴」もありました。
リストの中にデュラック、ラッカム、クラークとあるのですが
手元にあるデュラックとクラークのアンデルセン童話集には
「赤い靴」は入っていないので、どこからのもの?
すごーく気になっています。
やっぱ手に入れるべき?(笑)
















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-12-23 12:00 | 一枚の絵

Dugald Stewart Walker画の「赤い靴」

c0084183_16382235.jpg




Dugald Stewart Walkerのアンデルセン童話集(1914)にも
「赤い靴」の挿絵があります。

カラー1点、モノクロ3点(タイトルも含む)。

c0084183_16383321.png
c0084183_16385352.jpg



Fairy tales from Hans Christian Andersen
Illustration:Dugald Stewart Walker
Publisher Garden City, N. Y., Doubleday, Page & Company(1914)

インターネットアーカイブで全部の挿絵が堪能できます♡






















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-12-22 12:00 | 一枚の絵

ウィリアム・ヒース・ロビンソン画の「赤い靴」

c0084183_17303665.jpg



1897年に出版されたロビンソン兄弟によるアンデルセン童話集で、
「赤い靴」をーの挿絵を担当したのはウィリアムの兄チャールズでした。

c0084183_17511443.jpg


そして1913年にウィリアム・ヒース・ロビンソンは単独でも出版しました。
17篇のお話の中に「赤い靴」の挿絵もありました。
カラーが1点(上の画像)、モノクロが4点です。

c0084183_17305581.jpg


Hans Andersen's fairy tales
Illustrator: W. Heath Robinson
Publisher: Constable and Company, London.1913


ウィリアム・ヒース・ロビンソン画のアンデルセン童話集、
ペーパーバックですが、全部の挿絵を楽しめるのが
Pook Pressから2016年の秋に出版されています。

c0084183_1731840.jpg


Pook Pressは挿絵黄金時代の挿絵本を
求め易い価格で出版してくれてるのが嬉しい。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-12-21 12:00 | 一枚の絵

カイ・ニールセン画の「赤い靴」

c0084183_15450100.jpg




大好きなカイ・ニールセン画の「赤い靴」より。

1923年に出版されたアンデルセン童話集には、
16篇の物語に12点のカラー挿絵とモノクロ挿絵が16点収められました。

"Fairy Tales by Hans Andersen"(1923)
illustrated by Kay Nielsen
produced by Hodder and Stoughton Ltd (London)

c0084183_15233995.jpg



カイ・ニールセンの古書は稀少で高価、人気もあるので
なかなか手元に置くのはワタシには夢の様なこと。
でも以前、アンティーク古書を扱っているところで
この貴重な本を拝見させてもらいました。

それまでネット画像や印刷物の複写でしか見たことのなかったので
オリジナルの繊細な色使いが出てない部分まで確認できました♡


今年の夏にニールセンのアンデルセン童話集が出版されました。
1924年に出版されたアメリカ版初版を元に
テキストはJoan D. Vingeによって再編集された本です。
カラーとモノクロ挿絵がそのまま載っていますが
カラーコビーのような紙と印刷で残念なトホホ版でした。

c0084183_15523463.jpg


新刊情報で予約注文、楽しみにしてたので張り切ってハードカバーにしたのですが
この印刷ならペーパーバックの廉価版でよかったなぁ~(笑)


つか、本物見ちゃったのがいけなかったかなぁ~(笑)














*
[PR]
by bonplaisir | 2017-12-20 12:00 | 一枚の絵

ヘレン・ストラトン画の「赤い靴」

c0084183_14335266.jpg



ヘレン・ストラトン(Helen Stratton:1867-1961)
人魚姫画で取り上げたストラトンの「赤い靴」です。
「人魚姫」の挿絵と同じアンデルセン童話集に載っているものです。

The fairy tales of Hans Christian Andersen
Publication date:1899
Publisher Philadelphia : Lippincott より



余談ですが、先々週末の「赤い靴」絵本の記事を上げた後に
足の腱鞘炎にかかり、腰から足の指先まで、
しびれとともに激痛で、先週まるまる寝込んでおりました。

鎮痛剤を日に5回飲んでもなかなか治まらずでしたが、
昨日からやっと起き上がれるようになり、やっとの更新です。

まるで「赤い靴」(履いてないけど)の呪い?
と勝手な思い込みですけど(笑)


そんなんで「赤い靴」の挿絵が気になり
いろいろと探しちゃいました。



ストラトンの詳細不明ですが1940年代の彩色挿絵も。

c0084183_14341284.jpg
















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-12-19 15:00 | 一枚の絵

Book:いわさきちひろ「あかいくつ」&「The RedShoes」

c0084183_15182412.jpg
*あかいくつ アンデルセン/作 神沢利子/文 いわさきちひろ/絵 偕成社 1968年 1981年改訂1刷 
*The RedShoes Hans Christian Andersen/Chihiro Iwasaki/Anthea Bell, PICTURE BOOK STUDIO 1988




洋書になっても素敵なちひろさんの絵本。
洋書を取り寄せた時に和書も一緒に取り寄せました。
ちなみに洋書版の方はテキストのレイアウトがお洒落でした♡


ひさしぶりに「あかいくつ」を読んで
お話のラストをすっかり忘れていたようで
赤い靴の虜になり、恩人を見捨ててまで踊りに行ったばかりに
靴を脱ぐことも、踊りを止めることもできずに
終いには赤い靴ごと両足首を切断してもらう。

こんなに惨い展開もあったのですね。
両足首を失くしても踊り続けることの方が恐ろしかったカーレン。
そして回心したカーレンは神様から許され天に召された。


少女のときめき、乙女心は時に残酷さや悲劇を産むものなのですね。
アンデルセンのお話はそれでも救いをもたらしてくれるけど
都合よく終わらず、なにかしらの試練を与えてから。
それを乗り越えてから得るものは、大きな喜びとともに迎えてる。

この感じ、人魚姫に重なるものがあるような。




















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-12-09 12:00 | 和テキスト絵本


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

水島爾保布画の「人魚の嘆き」..
at 2018-01-16 12:00
ジェニー・ハーバー画の「人魚..
at 2018-01-15 12:00
Book:安野光雅「きつねの..
at 2018-01-13 12:00
オスカー・クレバー画の「人魚姫」
at 2018-01-11 12:00
ジョイス・マーサー画の「人魚姫」
at 2018-01-10 12:00
ジョイス・マーサーのアリス
at 2018-01-09 12:00
Book:The Littl..
at 2018-01-06 13:00
book:ミルコ・ハナーク ..
at 2018-01-05 10:00
H・レフラー&J・ウルバン画..
at 2017-12-28 12:00
Book:アーサー・ラッカム..
at 2017-12-27 12:00
book&postcard:..
at 2017-12-26 12:00
Book:スベン・オットー画..
at 2017-12-25 12:00
「赤い靴」の挿絵いろいろと
at 2017-12-23 12:00
Dugald Stewart..
at 2017-12-22 12:00
ウィリアム・ヒース・ロビンソ..
at 2017-12-21 12:00
カイ・ニールセン画の「赤い靴」
at 2017-12-20 12:00
ヘレン・ストラトン画の「赤い靴」
at 2017-12-19 15:00
Book:いわさきちひろ「あ..
at 2017-12-09 12:00
エリナー・アボットの人魚画
at 2017-12-08 12:00
エリナー・アボットの人魚画
at 2017-12-07 13:00

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真&写真集
画集/図版集
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
妖精画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(136)
(113)
(47)
(38)
(30)
(27)
(24)
(23)
(22)
(19)
(18)
(17)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

> ohmu-kitij..
by bonplaisir at 20:44
人魚姫の運命に、 胸を..
by ohmu-kitijoji at 16:09
> ohmu-kitij..
by bonplaisir at 11:06
新年おめでとうございます..
by ohmu-kitijoji at 16:44
> snowdrop-u..
by bonplaisir at 12:51
明けましておめでとうござ..
by snowdrop-uta at 09:19
> 鍵付きさまへ 大丈..
by bonplaisir at 14:34
> snowdrop-u..
by bonplaisir at 14:29

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

記事ランキング