「ほっ」と。キャンペーン

出口かずみ:TOOMIN VALLEY

c0084183_200166.jpg
*TOOMIN VALLEY 出口かずみ/文・絵 2016年 えほんやるすばんばんするかいしゃ


高円寺のえほんやるすばんばんするかいしゃで開催中の、
出口かずみさんの個展「SOOMIN CURRY」の
クリスマス編に滑りこみで行きました。

2年前に行われた個展「TOOMIN VALLEY」から繋がりで、
この時に発表するハズだった絵本が一旦お蔵入りになりましたが、
新たに(ってもベースは同じ)バージョンアップして
素晴らしい絵本になって発表されました。

もう、おとぼけぶりがハンパない(笑)
またまた笑かしてくれる素敵絵本なのでした。

c0084183_200129.jpg


見返しがTOOMIN VALLEYの地図になってて素敵☆

おかしくて、なごめて、おとぼけぶりでワハハできて
このユルさは狙っちゃうとわざとらしくなっちゃいがちなのに
出口さんの場合はめちゃくちゃナチュラル。
いつまでもこのニヤニヤさせてくれるセンスお願いします。



今回は「ABCかるた」も作ってて、こちらの原画も全部展示されていました。
どれも甲乙つけがたく、楽しおかしー絶妙なおじいさん堪能できます(笑)

c0084183_2002929.jpg




クリスマス編は今日(14時から20時)まで。
お正月編が、年明け1月7日(土)~15日(日)(14時から20時)に開催されます。

c0084183_2004440.jpg


高円寺・えほんやるすばんばんするかいしゃ



お正月編も見逃さずに行きますー。














*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-30 12:00 | 和テキスト絵本 | Comments(0)

H・レフラー&J・ウルバンのイラスト②

c0084183_10173236.jpg
*Hänsel and Gretl(Hansel und Gretel)1905, Brothers Grimm:illustrated by Heinrich Lefler & Joseph Urban


H・レフラー&J・ウルバンの「童話カレンダー」から「ヘンゼルとグレーテル」。
装飾枠のモチーフが可愛いのとか面白いのとか♡















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-29 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

H・レフラー&J・ウルバンのイラスト

c0084183_10393313.jpg
*Schneewittchen(Snow White) , Brothers Grimm:illustrated by Heinrich Lefler & Joseph Urban



オーストリアの画家、ハインリッヒ・レフラー(1863-1919)と
ヨーゼフ・ウルバン(1871-1933による、
童話のカレンダー(1905)から「白雪姫」のイラスト。

数年前から気になっているイラストレーターです。
来年は彼らの絵も追って行こうかなと思ってます☆
まずはこのカレンダーの12枚の絵を全部見てみたいなぁ。

彼らの絵からユーゲント・シュテール(ドイツ語圏のアール・ヌーボー)に
興味が湧いてきましたよ、好奇心でウズウズしています。
日本の浮世絵とかフランスの後期印象派とかアーツ・アンド・クラフツとかの
影響も受けているそうで楽しみになってきましたよ☆















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-28 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

猫語の教科書

c0084183_1432693.jpg
*猫語の教科書 ポール・ギャリコ/著 灰島かり/訳 1998年 ちくま文庫 2013年26刷




人生初めての猫たちとの暮らしが始まった時、
この本を読んだら不安感とかなくなり気持ちがとても楽になりました。

人に猫を合わせようと躾けないで、
猫らの行動や気分に人が合わせていく。
人が猫の下僕になって、よく観察もして、あの仔たちが
安心してストレスなく生活できるように心掛けいます♡

ポール・ギャリコの猫愛あふれた本のおかげ。
初めてでも大丈夫って☆















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-27 12:00 | 文学/戯曲 | Comments(0)

猫記念日

c0084183_1346650.jpg




2013年のクリスマスの翌日に我が家にやってきたこの仔たち。
夏の終わりに四兄弟で生まれて、年末押し迫った頃、
なかなか里親が見つからなかったので思い切って二匹受け入れました。

やっと三年、まだ三年?
あっという間に大きくなったような、
でもまだ三歳(成猫だけど)なような(笑)

とにかく元気に長生きしてくれればよいな♡



ミケ(♀)

c0084183_1357021.jpg




クロ(♂)

c0084183_13571230.jpg




今後とも末永くヨロシクお願いします☆















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-26 12:00 | 呟き | Comments(0)

今年のクリスマス絵本に選んだのは「白雪姫」

c0084183_18142413.jpg
*白雪姫 グリム/原作 たかのもも/絵・文 フレーベル館 2015年



毎年、クリスマスにちなんだ絵本を一冊求めようと決めて、
今年はどんなのにしようかと探していたところ、
目に留まったのが たかのもも さんの「白雪姫」。

中をちら見する機会があって、もう一目惚れ。
今年はちなんでないけどコレしかないって具合に求めさせていただきました☆


たかのもも(鷹野 百)さんはイタリアのボローニャ国際絵本原画展で
4度も入選をしている若手作家さん。
2011年にスイスの出版社からドイツ語版、フランス語版、英語版が刊行され
昨年の秋にやっと日本語版が刊行されました。


c0084183_18145254.jpg


たかのももさんの斬新な解釈の表現方法は古典童話なのに
新鮮な想像力を生み出してくれています。

絵本なのに画集のような見応えある美しい絵を堪能しました。
既に刊行されている「ゆめたまご」も取り寄せてみたくなりました。
今後の作品もすっごく楽しみです♡















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-24 10:00 | 和テキスト絵本 | Comments(0)

ピーター・パンの紙芝居

c0084183_9275850.jpg
*原色版教育紙芝居 ディズニー名作劇場 ピーター・パン 資料提供/ウォルト・ディズニー・プロダクション 1966年 株式会社ユニカ





思い出のクリスマス・プレゼント。
幼稚園の頃か、小学校の低学年だったか、ちょっと記憶があやふやですが
初めてディズニーに触れたのが、この紙芝居。

c0084183_928930.jpg


数年前に実家の納戸整理していた時に発見、まだ残っていたのに感動しました。
ケースには大分痛みはあるものの、40年以上経っているのに割と綺麗な保存状態。
もう懐かし過ぎて処分せずに実家から持ち出してきました。

ずっとこの紙芝居で慣れ親しんできた「ピーター・パン」
初めてアニメーションで見たのはずっと後になってから。
その時のドキドキワクワクの感覚は今でも覚えています。


そうそう、もしかすると人魚好きになったきっかけは実はコレから?かも。
人魚の入り江の頁を見た時。

c0084183_9281930.jpg


この頁が大好きだったのでした。
空想の世界に浸って魅入っていたのを思い出しました。



















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-23 12:00 | その他の本関連 | Comments(0)

カール・ラーション画「クリスマスの日の朝」

c0084183_15361150.jpg
*Carl Larsson (1853 – 1919):Christmas Day Morning,1894




子供たちそれぞれのクリスマス気分が伝わる。
カール・ラーションの温かい眼差し。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-22 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

カール・ラーションの息子

c0084183_15381511.jpg
*Carl Larsson(1853-1919):ULF,1894



カール・ラーションの第二子で長男のウルフ・ラーション(1887-1905)















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-21 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

カール・ラーション画のクリスマス・イブ

c0084183_20404922.jpg
*Carl Larsson(1853-1919):Christmas Eve,1904-1905 watercolor



カール・ラーション(1853-1919)の水彩画集シリーズ
「Spadarvet」(1906)より、クリスマス・イブの食卓の風景。
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-20 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

カール・ラーション画 「ツリーの飾りつけ」

c0084183_2103436.jpg
*Carl Larsson(1853-1919):Decorating the Tree,1917




カール・ラーション(1853-1919)スウェーデンの画家。
油彩、水彩ともに多数の作品を残しています。

自身の家族を題材にした水彩画集シリーズは大変素晴らしく、
ラーション家の日常生活から溢れ出る幸福感を描き出しています。

カール・ラーションは大衆のために描いていた画家であって、
裕福な商人のために描いていたサロンの画家ではなかったのです。













*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-19 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

ハワード・パイル画集

c0084183_11525612.jpg
*アメリカン・ノスタルジアⅣ ハワード・パイル 村木 明/著 1976年 パルコ出版



日本で刊行された初めてのハワード・パイルに関する本格的な画集です。
パイルのイラストレーターとライターとしての2つのキャリアで残された作品は大変多く、
全容を捉えるのは容易ではありませんが、代表的なものを中心に
パイルの活動の全体に触れるよう心掛けた作品150点収められた画集です。

アメリカの厳しい開拓時代における迫真の歴史画や、
愛とユーモアの童話の世界、ロマンチシズム溢れる海賊の絵から
中世の騎士物語まで、イラストだけでなくデザインからカリグラフィと
幅広く手掛けていました。

今のアメリカの人気画家たち、パリッシュはじめロックウェルにA.ワイエスなど、
さらにウォルト・ディズニーでさえ根元にパイルあってこそ。
アメリカのイラストレーションのパイオニア、パイルの偉大さが伝わる画集です。

こちら刊行されて以降つづく画集が出てないのが残念。
画集に収めきれてない素晴らしい作品がまだ沢山あるはずなのになぁ~

パイル素敵!
もっともっとパイルのことが知りたくなりました。



















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-17 13:00 | 解説・図版本 | Comments(0)

N.C.ワイエス画のサンタクロース

c0084183_13282097.jpg
*N.C. Wyeth(1882-1945):Twas the Night Before Christmas,SATURDAY EVENING POST December 1,1925



ニューウェル・コンヴァース・ワイエス(1882-1945)
ハワード・パイルの教え子としてパリッシュと並び活躍したイラストレーター。
さらにアメリカの国民的画家アンドリュー・ワイエスの父でもあります。

作風もパイルの影響を濃く受け継ぎ、リアルで迫真的な
歴史画を好んで描いていました。
代表作に「宝島」や「少年キング・アーサー」などがあります。

父ワイエスは、息子アンドリューの指導者でもありました。
パイルの教えであった想像力を強調した訓練させたそうです。
まず見た物ものそのまま描き、その後でその記憶を辿って
同じものを正確に再現する、想像力とはなにもないところから
何かを引き出すのではなく、あるものを通じて引き出されるもの、
という考えがあったようです。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-16 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

空舞う天使:吉村眸

c0084183_1382999.jpg




東中野の住宅街にひっそりとあるギャラリー
silent musicさんで開催されていた「祈りの光 † 聖なる歌」展

人形彫刻作家の吉村眸さんの作品にはいつも釘づけになります。
今回その中から特にこの「空舞う天使」に魅了され、
この度お迎えすることができました。

翼を持つものに惹かれ、収集し始めたコレクションに仲間入り。
末永く愛でていきたいと思います☆

素敵な作品ありがとうございました。
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-15 12:00 | 呟き | Comments(0)

マックスフィールド・パリッシュ画の「長靴をはいた猫」

c0084183_1957788.jpg
*Maxfield Parrish (1870-1966) :Puss in Boots,1913,oil on panel



ハワード・パイルの教え子のひとり。
マックスフィールド・パリッシュ(1870-1966)
アメリカ合衆国の画家でイラストレーター。
父親も銅版画家兼風景画家のスティーブン・パリッシュ。

パリッシュといえば独特のコバルトブルー使いで
「パリッシュ・ブルー」と名付けられるぐらい。

1920年代のアメリカを代表する画家。
後のロックウェルやウォーホールにも影響を与えている。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-14 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

リスベート・ツヴェルガー画「..
at 2017-02-21 15:00
エドマンド・デュラック画:シ..
at 2017-02-20 15:00
イザベル・アルスノーの絵が素..
at 2017-02-18 12:00
サイレント・ミュージック「L..
at 2017-02-17 13:06
イワン・ガンチェフ:ねずみの..
at 2017-02-16 12:00
Ivan Gantschev..
at 2017-02-15 12:30
BOOKS MAKE A H..
at 2017-02-14 12:28
イワン・ビリービンのロシア民..
at 2017-02-13 12:00
リスベート・ツヴェルガー画「..
at 2017-02-11 12:00
チャールズ・ロビンソンの「イ..
at 2017-02-10 12:00
W.H.ロビンソン挿絵の「ル..
at 2017-02-09 12:00
ウィリアム・ヒース・ロビンソ..
at 2017-02-08 12:00
ウィリアム・ヒース・ロビンソ..
at 2017-02-07 12:00
キップリングの詩集に添えられ..
at 2017-02-06 12:00
スラミス・ヴュルフィングの「..
at 2017-02-04 14:00
Sulamith Wulfi..
at 2017-02-03 12:00
アメリカの絵本 Little..
at 2017-02-02 12:00
ハンス・フィッシャーの「こね..
at 2017-02-01 12:00
マージョリー・フラックの「ウ..
at 2017-01-31 12:00
バーバラー・クーニー画:どこ..
at 2017-01-30 12:00

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真集
画集
解説・図版本
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
映画(DVD&Blu-ray)
一枚の絵
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(42)
(38)
(28)
(26)
(25)
(23)
(23)
(22)
(22)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

desire_sanさま..
by bonplaisir at 14:37
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 21:00
desire sanさま..
by bonplaisir at 15:33
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 19:28
カモミールさま こんに..
by bonplaisir at 13:54

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..