コティングリーの妖精

c0084183_9534285.jpg




コティングリー妖精事件とよばれた、
イギリスのブラッドフォード近くの村、
コティングリーに住む少女たち、従姉妹のフランシス・グリフィスと
エルシー・ライトが撮ったという妖精の写真が、
真偽をめぐって論争や騒動が起きました。

1916年から1920年の間に全部で5枚撮影されたものの中で
上のお写真が一番好きなもの。

ことの真相は彼女たちが高齢者になってから
捏造したものだと告白したことで明らかになったのだけど、
それでもこの幻想的な妖精写真は魅了されます。



c0084183_1015360.jpg
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-09-20 10:17 | 写真&写真集

映画:フェアリーテイル

8月の前半、猫騒ぎになる前、
この頃はイダ・レントール・アウスウェイトや
アメリア・ジェーン・マレーの妖精画にどっぷり浸っていたので、
その余韻で棚から引っ張り出して観た映画。

c0084183_19301652.jpg


フェアリーテイル
FAIRY TALE: A TRUE STORY
1997年
98分
イギリス
監督:チャールズ・スターリッジ




1917年、第一次大戦後のイギリスで、
有名なコナン・ドイルが取り上げた「コティングリー妖精事件」の実話を元にした映画。
美しい田園風景に衣装や美術、本当に妖精が住んでいそうな場所で、
妖精の写真を撮ったという少女達の健気さは愛しくなるくらい。
可愛いだけじゃなくて、リリカルで心地よい作品です。

優しさと癒し、温かい眼差しで包まれて、
以前に観た時よりも更に素敵に思えた映画でした。


コナン・ドイル役にピーター・オトゥールだし
魔術師フーディーニ役にハーヴェイ・カイテル、
クレジットなしだけどメル・ギブソンまでカメオ出演していたり、
あとビル・ナイまで出演している何気におじ様俳優が豪華(笑)

DVDが廃版なのが勿体ないわ。
また再販してくれたらよいのにと思う映画。
できればBlu-rayだと嬉しいな♡
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-09-19 19:54 | 映画(DVD&Blu-ray)

光の精/silent music「星の巡礼」展のお知らせ

c0084183_12284528.jpg




東中野のsilent musicさんから素敵なお便りが届きました。
10月の展覧会 「星の巡礼」のご案内でした。

DMにはロマンチックな演出がされていて
宛名面光を透かすと星々が透けて見えるんです☆

c0084183_12475855.jpg




星を想うことは

命を想うこと

星の巡礼

美しき永遠



この度の展覧会のテーマで思い浮かべたのが
メーテルリンクの「青い鳥」から、
ブライアン・ワイルドスミス画の<光の精>のイラスト。

「青い鳥」の作品主題は「死と生命の意味」というのもあって、
勝手にイメージを重ねてしまいました☆


10月7日(土)~15日(日)
13:00-19:00
silent music

参加アーティスト様方
 *伊豫田晃一
 *志田良枝
 *鈴木美絵
 *永井健一
 *ポオ エ ヤヨ




猫らも大分落ち着いてきたので
10月の展覧会は観に行けそうです☆
楽しみです~















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-09-16 13:00 | 妖精画

翅の妖精画のさきがけは?②

c0084183_2020024.jpg




妖精の背に昆虫の翅が付いた視覚化の始まり
ひょんなことで見つけてしまった(笑)

アカウントを持っているTumblrの中で見かけて
そこからいろいろと辿っていったら
2009年の4月に上げられた文献に行きつきました。
ここの28頁の8行目辺りから、1798年出版のトマス・ストザードが挿絵をつけた
アレキサンダー・ホープの「髪の毛盗み(1714)」の中に、昆虫の翅を背につけた
妖精が描かれており、これが背に昆虫の翅をつけた妖精の視覚化の始まりなんだとか。


ホープの「髪の毛盗み」の文章の中にも

Some to the sun their insect-wings unfold,
Waft on the breeze, or sink in clouds of gold.
Transparent forms, too fine for mortal sight,
Their fluid bodies half dissolv'd in light,



というのがあって、これを視覚化したのではないかしら?ということらしい。

そういえば、「髪の毛盗み」には空気の精エアリエルも登場するのだった。
エアリエルといえばシェイクスピア。
前回の記事で、シェイクスピアあたりで辿ってみたのも
あながち外れてはいなかったのかも(笑)


c0084183_20202689.jpg

c0084183_20204564.jpg



どんな挿絵が描かれていたのか他にも翅をつけた妖精画があるのかもと
探した見たところ、この2点ぐらいしか拾えなかった。

一生懸命探していた時にはカスリもしなかったのに
何気ない時に出逢えちゃうとは(笑)
けど起源に触れられて嬉しいです♡

すっきりした~♪















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-09-13 12:00 | 妖精画

アリス・B・ウッドワード

c0084183_15454042.jpg



英国のイラストレーター、アリス・B・ウッドワード
(Alice Bolingbroke Woodward:1862-1951)の
素敵な人魚画を辿ってみたら「ピーター・パン」のための挿絵でした。

人魚の入り江の場面かな♡

1907年にロンドンのG. Bellより出版され
限定250冊と少な目でしたが、その後幾度と再販された
人気の本だったようです。

ウェンディと子供たちが、
小さな人魚を捕まえようとしているイラストもありました。

c0084183_15534946.jpg



「ピーター・パン」には28点のカラーイラストが添えられたようです。
コチラのサイトで全部観られるようです


アリス・B・ウッドワードは「不思議の国のアリス」も手掛けている♡
こちらもそのうち追いかけたいですね。




















*猫事情:雄猫が留守番で猫だけになるのが少し嫌みたいで、
でも近所の買い物で2時間ぐらいの留守番は大丈夫になってきた。
できればもう少し伸ばしていく事をしてみたい。
3時間から4時間ぐらいの留守番ができれば、
ちょっと遠出もできるようになるかも?
以前のように半日は留守番できるようになれば
美術館とかも行けるようになるからね。
留守番リハビリも始めます(笑)





*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-09-09 16:09 | 人魚画

やはり赤毛の人魚に惹かれてしまう。

c0084183_1811894.jpg



A.E. ジャクソン(Alfred Edward Frederick Jackson:1873-1952)
英国のイラストレーター。

当時の人気作、チャールズ・キングスレー著の「水の子供たち」(1863)を
1920年に A.E. ジャクソンも挿絵を描きました。

その中から、赤毛の人魚が登場する挿絵。
魚と子供との対比から、妖精のように可愛らしいサイズの人魚さん。
人魚といえば赤毛が好きなワタシにとってはタマランなイラストです♡


「水の子供」は19世紀半ばから20世紀初頭まで
人気の児童書でしたので、沢山のイラストレーターが手掛けています。
そして人魚も登場するので追いかけたい作品でもあるのですよね。

あとA.E. ジャクソンといえば「不思議の国のアリス」の挿絵も代表作のひとつ。
こちらも追いかけたいイラストなのですわ。









*猫事情その後
 ケージ越し対面は順調です。
 そろそろ雌猫だけでリビング探検させてみようかと。
 猫さんてチェック厳しいからねw
 あせらずに進めています~。
 



















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-09-05 18:21 | 人魚画

マーガレット・タラント画:Gates of Fairyland

猫事情:その後の近況

雌猫の隔離部屋を移したのはよいのだけど
簡易的なものをただ移しただけなので居心地悪そう。
なので居心地良くなるよう部屋の模様替えも、
今後もこの場所が拠点となるようにね。
三段のケージの中も楽しく過ごせるように
雌猫を観察しながら何が必要そうか、
いろいろと工夫しないとね。

あと雄猫に自信を持たせるために
いっぱい遊んでます。

二日前から雌猫をケージに入れて
部屋の入口に雄猫を呼んで、ご対面リハビリ。
雌猫は最初、構えたポーズでいましたが
今日あたりは片足香箱座り(ややリラックス)から
三つ指座り(やや警戒)。

これは雄猫が見つめ合って数分後、怯え始めた頃合いから。
まだまだビビリモードのようです(汗笑)

でも観察していると少しずつそれぞれの変化も伺えて
先行き不安な要素が少しずつ軽減されているのがわかると
ワタシも少しほっとします。

こんなペースでゆっくり・ゆっくり(笑)




で、つい先日までの気分のイラストが
英国のイラストレーター
マーガレット・タラント画の「Gates of Fairyland」(1922)

c0084183_15311212.jpg






































「妖精国の門」だなんてタイトルだもの現実逃避したくなっちゃうじゃない(笑)

だけどもお伽話の本を開く気分ってこんな感じですよね。
素敵なイラストを見ると癒されます♡




















*

[PR]
# by bonplaisir | 2017-09-01 12:00 | 妖精画

猫事情:その後の近況

猫の転嫁攻撃が勃発してから丁度二週間経ちました。

勃発時は猛暑少し落ち着いてたのですが

攻撃した雌猫の隔離部屋にはエアコンがないので

ここのところの残暑厳しくてちょっと大変。

なので隔離部屋の引っ越しを本日しました。

丁度、人の動線的にも不具合でしたの。

無事に終えて、雌猫は早くも少し落ち着きあるような?

前の隔離部屋だと廊下隔てていたので不安気味だったし

引っ越し部屋は居間の隣部屋なので、こちらの気配もよくわかるし

呼ばれてもすぐに顔出しも対応もできるし

人もお世話が楽になりました。


ただし、やられた雄猫の臆病ぶりが半端ないことがわかり

思っていたより更に長期戦になりそうです(汗笑)

まずはまた新しい環境にそれぞれ慣れてもらってから

次の作戦練らないとね。

猫下僕はまだまだ続きます;v;


でもワタシも寛いだり気分転換は必要みたいで

猫らの気分に影響するようです。

ワタシの気持ちに余裕が出てくると

猫らも不思議と反応して落ち着き始めたり、

今回改めていろいろと気づかされることも多いです。


なので、ときどきでも好きな挿絵とか更新してみようかなと☆

そんな風に思えるようにもなってきました。

それに書くことで自分も少し落ち着けるので

猫事情の近況も交えてですけど、またよろしくお願い致します。



















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-08-25 18:04 | 呟き

諸事情により暫く更新お休みします;;

残暑お見舞い申し上げます。
blog更新のお休みのお知らせです。


我が家の姉弟猫に、ついに転嫁攻撃のトラブルが舞い込んでしまいました。

先々週の金曜日、少し気温も落ち着いてたので
網戸にして窓開放して過ごしていました。

夕刻前、窓辺でウチの雌猫がまどろんでいたら
突然、興奮したおぞましい鳴き声が、

するとマンションの二階のベランダなのに
他部屋の飼い猫の姿が!
相手は雄猫のようで雌狙いで来てしまったようです。

雌猫の悲鳴の直後、側に居た兄弟猫(雄)に転嫁攻撃が。

ベランダの侵入者は隣のパーテーションの下の
空きスペースから侵入したようで
応急的に侵入場所を塞ぎ、
興奮状態の二匹を別部屋に隔離しました。


これから落ち着くのを気長に待ち、仲直りの過程をしていかないと、、、

とても仲良しだった仔たちなのに、
今の情況になってしまったのが暫くショックで、、、
でもワタシが動揺してたら先に進まずなので。

この頃やっと気持ちが落ち着き始めたところです。
ここに住み始めて3年近くなりますが
いままでなかったことに油断してました。
自己防衛の処置を怠ってしまった。
また仲良くなれるともいわれていますが
それがいつなのかは猫しだい。
暫く彼らの平穏のために全力を注ぎたいです。


毎日(日曜休)更新していたblogは先週末までは予約投稿で
更新されていましたが、今週からはしばらくお休みをいただく形に。


今は部屋を隔ているので、個々には今までのような様子になりつつあります。
攻撃を仕掛けた雌猫はだいぶ落ち着いてきましたが、
雄猫の方がまだ怖がっている様子も見受けます。

今はお互いの匂いを認識させながら、時々チラ見せしてリハビリ中。
焦らず取り組んでいかなきゃです。


この転嫁攻撃は「猫あるある」なので
気を付けていたつもりでしたが甘かったです(猛反省)
アニマルプラネットの「猫ヘルパー」番組で知って、
対処はなんとなくわかっていたのですが、
実際にふりかかると予想以上にパニック(苦笑)

経験ある友人に助けてもらったりして、少しずつ状況を整理し、
よく観察して、よい解決方法へ向かうよう策を考えています。


初日はワタシが精神的にも参ってしまって、食事も喉を通らずでしたが、
それぞれの環境を整えて、少しずつ慣らし、昨晩やっと熟睡できるようになりました。
ワタシが倒れられないのでしっかりしないとですもんね(笑)


できればまた仲良く一緒に寝ている姿をまた見たいです。
そんな画像を眺めるとちょっとウルウル(笑)
また猫らとの平和暮らし目指して頑張ります!
なので落ち着くまでは暫くお休みさせていただきます。

また再開しましたらよろしくお願いいたします。

追伸:パソコンは調べ物のために開きますので
コメント頂いたものにはタイムラグはあると思いますがお返事はできると思います。
それでは重ね重ねよろしくお願い致します。
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-08-21 10:00 | 呟き

アメリア・ジェーン・マレーの妖精画⑤

c0084183_15284786.jpg



嵐で難破しそうな船、助けようとしてるのか、
もしくは難破させようとしてるのか(には見えないけれどもw)
妖精でも善い行いをするものと、
悪戯ばかりするものがいますので
どちらなのでしょうね?(たぶん前者と思いたいw)


アメリア・ジェーン・マレーの妖精画がツボすぎて熱が治まらない(笑)
彼女の画集が1985年に出て、今は絶版のようですが
古書でまだ出回っているもよう。

今のうちに手に入れたいと思います。
もっと知りたい彼女のイラスト♡ なのです(笑)


c0084183_1528739.jpg


c0084183_1527538.jpg



カテゴリに「妖精画」を入れた方がそろそろよいかもな?














*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-08-19 12:00 | 妖精画

翅の妖精画のさきがけは?

c0084183_139992.jpg
*Robert Thornton (1765-1832):Aesculapius, Flora, Ceres Cupid Honouring the Bust of Linnaeus, plate.1800,From: Temple of Flora London, 1799-1807




アメリア・ジェーン・マレー(1800-1896)の妖精画をみていて、
ふと思ったことが、、、

ヴィクトリア朝の頃、妖精画は発展し
沢山の画家たちが描いて見慣れてしまった妖精の翅。
今じゃ当たり前のような形態の始まりはいつ?

アメリアが絵を描き貯めていたのはヴィクトリア朝(1837-1901)の前、
1823-1829年の6年間だけなのですね。

そもそも妖精の視覚化で昆虫のような翅をつけた妖精が登場したのはいつ頃なのか?
そんな思いが頭の中でぐるぐると、で、妖精といえばシェイクスピアを思い浮かべ、
シェイクスピアの妖精といえば「真夏の夜の夢」と「テンペスト」、
この二作品は画家たちにも刺激を与え、様々な画家らの作品の主題にもなっている。

そんなところから翅の妖精を辿ってみたいと。

まず、ウィリアム・ブレイクが描いた「真夏の夜の夢」から。

c0084183_139537.jpg
*William Blake(1757-1827):Oberon, Titania and Puck with Fairies Dancing,1786

この絵に描かれている中央の妖精に頭に昆虫(パピヨン?)の翅が。

あと、フュースリーのタイターニアとボトムの絵の左下に描かれている妖精たちの中に
頭に昆虫の翅をつけたものが(もしくは乗っている?)☟

c0084183_1394478.jpg
*Johann Heinrich Füssli(1741-1825):Die Elfenkönigin Titania streichelt den eselsköpfigen Zettel,1790

c0084183_13192399.jpg



後に同じ主題で描かれた絵にも、不気味だけど昆虫のような人も描かれている。
(フュースリーの兄弟に昆虫学者がいるのね、ひらめきになっていたかも?)

c0084183_13214728.jpg
*Johann Heinrich Füssli(1741-1825):Titania,Oberon e as fadas 1793




他にも18世紀末から19世紀初頭で、背中に翅をつけてる妖精画~、
って思っていたところに見つけたのがロバート・ジョン・ソーントンの
フローラの神殿」からの一番上に貼りつけたのがソレ。



まだまだ探し足りてないけど、
アメリアの想像力の膨らみにより描いていたとしたら?
彼女も翅妖精画のさきがけのひとりになるのでは?♡


とりあえず、本当のところはまだわからないことだらけ。
妖精画の起源の詳細を知れる素敵な書籍や文献に出逢えたらと思います。
まだまだ好奇心は留まりませんね(笑)



















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-08-18 12:00 | 妖精画

アメリア・ジェーン・マレーの妖精画④

c0084183_21345316.jpg




夜空の中をコウモリの背に乗る妖精。
この感じに既視感。

以前、練馬区立美術館で観た「見つめて、シェイクスピア!」展での図録
コウモリの背に乗る少年の絵があったように思えて開きました。
するとテンペストの項目に、ジョセフ・セヴァンが描いた
「エアリエル」(習作:1826)が、コウモリの背に乗るエアリエルでした。

こちらは1826年の完成作品。

c0084183_2151567.jpg

そういえば、ジョセフ・セヴァン(Joseph Severn:1793-1879)って
キーツの友人で彼の肖像画で知られていましたね。
しかもキーツが療養のためのイタリア旅行にも同行したほど親しいんだった。



だけども、コウモリの背に乗るエアリエルの絵はちょっと遡って、
1819年に英国の画家ヘンリー・シングルトン(Henry Singleton:1766-1839)も。

c0084183_22354491.jpg



でも更に遡ると、英国の画家ヨハン・ハインリヒ・フュースリーが描いた
1800〜1810年頃の作品「Ariel」がありました☆

c0084183_2223213.jpg



コウモリの背に乗るエアリエルの絵がこんなにあるのにもびっくり。
一番最初に描いたのがフュースリーかどうかはわからないけれど、
シェイクスピアが画家たちを刺激しているのは確かなような気がします。

これらからアメリアが影響うけたらしいものに確信はないけれど
妖精画を辿る旅は楽しくなってきました(笑)














*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-08-17 12:00 | 妖精画

アメリア・ジェーン・マレーの妖精画③

c0084183_2028588.jpg



アメリア・ジェーン・マレーが好んでいたというトマス・ビュイック
「A History of British Birds」(英国の鳥の歴史)をアーカイヴで探してみたら、
初版ではないけれど、後に再版されたものを見つけました。


「英国の鳥の歴史」は1797年に第一巻 "Land Birds"(土地の鳥)
1804年に第二巻 "Water Birds"(水鳥)、1821年に補足版が出版されました。

アーカイブの本は1885-87年に出版された
「Memorial edition of Thomas Bewick's works」の第二巻より。

この第二巻の「水鳥」を調べてみたら、上のイラストに描かれている「鳥」発見。
カモメとペンギンですね、割と図譜に忠実に描いていたタイプなのかも♡

c0084183_20573615.jpg


木版画のイラストなので、彩色は実際に見たことがあるのかもしれないですね。



水彩画や写生画を学んだジョン・ウォーリック・スミスも。
その中から素敵だなと思った作品。

c0084183_2181135.jpg


奥行きのある風景画ですね、水辺、廃建築、それを覆い隠すような山、
コントラストのよい空と雲、雰囲気がとっても好みです。
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-08-16 12:00 | 妖精画

アメリア・ジェーン・マレーの妖精画②

アメリア・ジェーン・マレーの妖精画が他にもいろいろ見たくなって。

優しい色合いの水彩画、ディテールは綿密に丁寧で、
かつ遊び心もあり、時にグロテスクになりそうなモチーフでも
不思議と優雅で愛らしいのです♡

ますます虜になっています。

c0084183_2336215.jpg
c0084183_23365891.jpg
c0084183_23371478.jpg
c0084183_23373589.jpg
c0084183_23375192.jpg
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-08-15 12:00 | 妖精画

アメリア・ジェーン・マレーの妖精画

c0084183_2211509.jpg




イダ・レントール・アウスウェイトのタコブネに乗る妖精画を探していたら
出逢ってしまった、アメリア・ジェーン・マレーのタコブネに乗る妖精画。
繊細なタコブネに優雅に乗る女性の妖精、
よく見るとタコの描写も丁寧で海洋図譜のよう。


アメリア・ジェーン・マレー(Amelia Jane Murray:1800-1896)
アイリッシュ海の中央に位置する島、マン島に生まれる。
マン島の総督を務めたスコットランドの貴族の
第4代アルソ侯爵はアメリアの叔父だった。

彼女が妖精画を描いていたのは1823年から1829年に結婚するまでで、
それは画家としてでなく当時の上流階級の女性の教養のひとつとして、
英国の水彩画家ジョン・ウォーリック・スミス(John Warwick Smith:1749-1831)から
風景画や写生画を学び、好んで英国の木版画家で自然史著者のトマス・ビュイック
(Thomas Bewick:1753~1828)の「A History of British Birds(英国の鳥の歴史)」や、
「植物図譜」などを手本に、精密な花や昆虫などと一緒に
リージェンシースタイルの美しい妖精の絵を描いていたそうです。

そしてアメリアの妖精画やスケッチは1985年に初めて出版されました。




















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-08-14 12:00 | 妖精画


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

Book:いわさきちひろ「あ..
at 2017-12-09 12:00
エリナー・アボットの人魚画
at 2017-12-08 12:00
エリナー・アボットの人魚画
at 2017-12-07 13:00
William Samuel..
at 2017-12-06 12:00
アーサー・ラッカム画の人魚絵④
at 2017-12-05 12:00
Book:アメリア・ジェーン..
at 2017-12-02 12:00
ヘレン・ジェイコブスの翅の妖精画
at 2017-12-01 12:00
ヘレン・ジェイコブスの人魚画
at 2017-11-30 12:00
ヘレン・ジェイコブスの雑誌表..
at 2017-11-29 12:00
ヘレン・ジェイコブス画の人魚姫②
at 2017-11-28 12:00
ヘレン・ジェイコブス画の人魚姫
at 2017-11-27 12:00
Book:いわさきちひろのT..
at 2017-11-25 12:00
オーストリアのイラストレータ..
at 2017-11-24 12:00
silent music「聖..
at 2017-11-21 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫⑥
at 2017-11-18 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫⑤
at 2017-11-17 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫④
at 2017-11-16 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫③
at 2017-11-15 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫②
at 2017-11-14 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫
at 2017-11-13 12:00

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真&写真集
画集/図版集
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
妖精画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(132)
(102)
(46)
(38)
(29)
(27)
(24)
(23)
(22)
(19)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

> snowdrop-u..
by bonplaisir at 16:18
こんにちは。 『星の王..
by snowdrop-uta at 16:17
> snowdrop-u..
by bonplaisir at 14:05
こんばんは。 今夜はパ..
by snowdrop-uta at 22:15
> snowdrop-u..
by bonplaisir at 12:03

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

記事ランキング