アーサー・ラッカム挿絵の「テンペスト」

c0084183_122801.jpg
*新訳 テンペスト ウィリアム・シェイクスピア/著 アーサー・ラッカム/画 井村君江/訳 LEVEL 2016年



デュラック挿絵の「テンペスト」(1908)から18年後の
1926年に、ロンドンの William Heinemann Ltd から
ラッカム挿絵の「テンペスト」が出版されました。

2016年にLEVELから出版されたこの本は、1974年に出版された
「リバーサイド・シェイクスピア」を底本とし、
うつのみや妖精ミュージアムの所蔵の原書から挿絵を、
同館の名誉館長で妖精学の第一人者の井村君江氏が訳されています。

この新訳の注目点は、帯にも書いてあるように
「エアリエルは妖精ではなかった!」です。
エリザベス王朝の時代の価値観から、
この本では(妖精)と(精霊>との違いを
強く強調して解いています。

戯曲の台本のように構成されているので
舞台劇を観ているように読めます。
そして、丁寧な解説でより楽しませてくれます。

そしてラッカムの素適な挿絵が20点収められています。

以前の記事で、ラッカムの「テンペスト」で描かれた人魚たちですが、
残念ながらこの本には収録されていませんでした。
(なので初版には21点収められていたということですね。)

この人魚の挿絵もエアリエルの歌に因んだものです。
ラッカムはこの場面に人魚の絵も含め、4点の挿絵を描いてありました。
デュラックは人魚絵含め2点でした。


デュラックとラッカムの挿絵で「テンペスト」を見比べたり、
和訳を読み比べたり、楽し過ぎます♡




















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-27 12:00 | 児童文学

エドマンド・デュラック挿絵の「テンペスト」

c0084183_11383370.jpg
*テンペスト シェイクスピア/作 エドマンド・デュラック/絵 伊東杏里/訳 荒俣宏/解説 新装版1994年 新書館



エドマンド・デュラックが挿絵をつけたシェイクスピア「テンペスト」が、
1908年にロンドンのHodder&Stoughtonから出版されました。

その和訳書が、1980年に新書館からデュラックの挿絵を全部収めて出版されました。
そしてデュラック挿絵の「テンペスト」が国内初の絵本なのでした。
エドマンド・デュラックの挿絵で堪能できる有難い本、こちらはその新装版です。


シェイクスピアの喜劇で、妖精女王と騎士らが中心に描かれる、
楽しくてロマンチックな結婚と魔術と妖精のファンタジーものも、
時代の流れ、社会の動揺などで<妖精の時代>も末期にはいり、
その中で書かれた「テンペスト」も魔法の終りを告げるような物語です。
そしてシェイクスピアの最後の戯曲ともいわれています。



そうそう、デュラックの「テンペスト」が出版されたこの年は
アーサー・ラッカムもシェイクスピアの「真夏の夜の夢」の挿絵を描き
William Heinemannから出版されています。

どちらも40点もの挿絵が収められ、
シェイクスピアの贅沢な本が出版された素敵な年なんですね。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-26 12:00 | 文学/戯曲

エドマンド・デュラックの人魚絵②

c0084183_18533583.jpg




1908年出版、デュラック画のシェイクスピア「テンペスト」から、
第1幕の2場で、エアリエルの歌から人魚が描かれています。


Full fathom five thy father lies;
Of his bones are coral made;
Those are pearls that were his eyes;
Nothing of him that doth fade,
But doth suffer a sea-change
Into something rich and strange.
Sea-nymphs hourly ring his knell:
Ding-dong.
Hark! now I hear them — Ding-dong, bell.


父は五尋の 水底に
その骨は今 珊瑚珠に
その両の眼は 真珠玉
その身は朽ちず わだつみの
奇しき力に かえられて
今は貴き 宝物
水の妖精 打ち鳴らせ
弔いの鐘を ディンドンベル
お聞きよ お聞き
あの鐘の音を ディンドンベル

*新書館 テンペスト 伊東杏里/訳より引用



この歌の冒頭部分、水の妖精を人魚姿で描いたのですね。

Full fathom five thy father lies;
Of his bones are coral made;
Those are pearls that were his eyes;

父は五尋の 水底に
その骨は今 珊瑚珠に
その両の眼は 真珠玉



ナポリ王の息子フェルディナンド王子がエアリエルの歌を聴いて、
嵐の海で難破し溺死したと思われる父王アロンゾーを思い出します。


以前記事で、ラッカムのテンペストからの人魚絵は
この歌の後半部分を描いたのでした。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-24 12:00 | 人魚画

エドマンド・デュラックのアルファベットブック

c0084183_10501589.jpg
*Lyrics Pathetic & Humorous from A to Z (Dover Children's Classics)
 Edmund Dulac Dover Publications.2009



「 Lyrics Pathetic and Humorous from A to Z 」は1908年に
Frederick Warne&Co.によってロンドンとニューヨークで出版されました。
アルファベット順に24枚のイラストがついていますが、
X.Y.Zだけひとつのイラストにまとめられている。

2009年にDoverがペーパーバックの復刻版を出してくれました。
A4に近いサイズなのでイラストが存分に楽しめます。

それぞれのアルファベット一文字目で始まる複数の単語を取り入れて
言葉遊びのような楽しさは、そのイラストもコミカルなものも多いです。

コミカルな様子の描写にはノーマン・ロックウェルのイラストにも
影響を与えたのかな?と思えるようなものも。

全イラストを観られるサイトがありました



Doverから出版される前、1994年に出版された絵本もあります。

タイトルが「F」で始まる
「F Was a Fanciful Frog」
子供が手に取り易そうなタイトルにしたのかしら?♡

c0084183_11161833.jpg
*F Was a Fanciful Frog: Edmund Dulac's Limericks Abbeville Pr 1994.

ハードカバーでA5版くらいの可愛らしいサイズの絵本です。

c0084183_11233536.jpg


どっちの本も捨てがたいのです(笑)















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-23 12:00 | 欧米テキスト絵本

エドマンド・デュラックの人魚絵①

c0084183_9471667.jpg




1908年に出版されたアルファベットブック
「Lyrics Pathetic and Humorous from A to Z」のなかで
「U」のイラスト。

ウンディーネがイワシとかくれんぼしいる絵です。

U was a youthful Undine
In the kingdom of ultramarine.
Often week after week
She would play hide and seek.
In the weeks with an ugly sardine.



「U」はやっぱウンディーネからですよね。
でもウルトラマリンやアグリーとかできるだけ
「U」で始まる単語をいれるようにしているみたい♡
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-22 12:00 | 人魚画

ウォルター・クレイン画の「妖精の女王」

c0084183_11263475.jpg
*Illustrations and Ornamentation from The Faerie Queene (Dover Fine Art, History of Art)
 Dover Publications 1999年




1999年にDoverからウォルター・クレイン画の「妖精の女王」にそえられた
イラストとオーナメントだけをまとめた図版集がでました。
この本には、全6巻と断篇から、扉絵7点、挿絵が88点、
章頭装飾、章末装飾、装飾文字、装飾帯など255点と網羅されています。

眺める度にため息もの、細部まで凝りに凝った装飾、ひとつとして重なるモチーフがなく、
挿絵を飾る装飾枠にも物語性ある表現でまとめあげて素晴らしいのひとこと。
描きこみ内容の濃さから、そのクォリティを保つモチベーションも凄いです。

前日の記事の人魚の装飾枠も素敵なんですよね♡

c0084183_12182017.jpg






エドマンド・スペンサー(Edmund Spenser)の代表作
「妖精の女王」(The Faerie Queene)は
16世紀のイングランド女王エリザベス1世を象徴とする
“妖精の国″の女王グロリアーナに仕える騎士の冒険を、
アーサー王物語を題材に書かれた、寓意に満ちた長編叙事詩。
本来全12巻で構成され、各巻で12の徳を書く予定でしたが、
「神聖」「節制」「貞節」「友情」「正義」「礼節」と6つの主題を取り上げて、
全6巻と断篇で構成されました。

1894-1896年にトーマス・J・ワイズが編集し
ウォルター・クレインが挿絵を手掛けました。

3年がかりのプロジェクトで1000部刊行され、
19世紀のアーツ・アンド・クラフツ運動が生んだ最も美しい本のひとつとされています。


そうえば、この本も先日の行ったウォルター・クレインの展覧会で堪能できました☆





















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-21 12:31 | 解説・図版本

ウォルター・クレイン画:「妖精の女王」からの人魚たち

c0084183_6322247.jpg




16世紀のイングランドの詩人・エドマンド・スペンサー(1552頃-1599)の代表作、
長編叙事詩「妖精の女王」(The Faerie Queene:1590-1609)全6巻と断篇とで
構成されたものにクレインが1894-1896年にかけてモノクロの挿絵を描きました。

その中から第2巻に収められている挿絵。
このイラストには装飾枠もあり、添えられている言葉があります。

Guyon, by Palmers governaunce,
passing through perils great,
Doth overthrow the Bowre of blisse,
and Acrasie defeat.
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-20 12:00 | 人魚画

ランスロット・スピード画の人魚

c0084183_11331681.jpg




ランスロット・スピード(Lancelot Speed:1860-1931)
英国のイラストレーター。
アンドルー・ラングの世界の童話集から、
あかいろの童話集(1890)に収められている
オーノワ夫人の「サンザシ姫」(The Princess Mayblossom)への挿絵。

「サンザシ姫」のあらすじ

ある国の王と王妃の子が次々に死に、幼いサンザシ姫がひとり残った。
だが妖精カラボスに呪いをかけられ、
「姫が二十歳になるまで不幸のどん底を味わう」と。
この呪いを避ける為に、姫は塔に閉じ込めて外部と避けて過ごすことになりました。
そして厳重な見張りの中でも、姫は美しく育ち、王と王妃は喜びました。
歳月はたち、姫もあと四日で二十歳を迎え、結婚相手を決める年頃になりました。
そして立派な国の王子が結婚を申し込むために使節のコケオドシを送らせました。
さぞ立派な行列だろうと噂にになり、外の世界を見た事がない姫はひと目見たく、
乳母たちを困られながらもその一行を見る機会を得ました。

すると白い馬に乗ったコケオドシを一目見て姫は心奪われてしまいました。
サンザシ姫から愛の告白を受けたコケオドシは嬉しさのあまり、
自国の王と王子を裏切り、姫と駆け落ちします。

しかし、逃げている途中、空腹になるとコケオドシは
優しさも思いやりもない人になりました。
姫はコケオドシのために食べ物を探します。
けど独り占めにし姫はずっと空腹で喉も渇いていました。

ひどいコケオドシ、終いには一人で逃げようと姫を海へ突き落そうとします。
ところが姫はさっとよけて、つんのめったコケオドシが海に落ちてしまいました。

すると美しい妖精があらわれ、無事に城へ帰ることができました。
そして立派な国の美しい王子と結ばれ、不幸な出来事は忘れ去られましたとさ。



ざっとですけど、こんな感じ。
「サンザシ姫」って「眠れる森の美女」や「ラプンツェル」のような話ですね。

上の挿絵はコケオドシが海の落ちたあとどうなったかわからないの場面です。
ランスロット・スピードはその場面を想像したものを描いたようですね。

人魚たちが海底に落ちて来た人間を物珍しそうに眺めているようにも見えます。





「サンザシ姫」といえばデュラックの「妖精の花冠-フランスの昔話集」にも。


















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-19 13:00 | 人魚画

アルビン・ブルノフスキーの絵本「金のりんご」

c0084183_11182760.jpg
*金のりんご A・ブルノフスキー/文・絵 内田莉莎子/訳 1982年 福音館 2009年3刷



国内出版で初で唯一のブルノフスキーの和訳絵本です。

城と花嫁を奪われた王子が取り戻すお話。
その為にいろんな試練を乗り越えるのですが
次から次へと忙しく、場面もシュールで
不思議な世界へ誘ってくれます。

美しさ絵の中にも邪悪さ描いていおり、
サタンも出てくるのですけど、その様子は
ウィリアム・ブレイクのレッドドラゴンのよう。
トラウマになりそうな強烈な印象もちそうな絵本です。


ブルノフスキーさんはチェコのブラティスラヴァ出身でした。
ブラティスラヴァといえばブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)。
なんか関係あるのかなと調べてみると、創設に関わったメンバーでした。

ご自身もBIBで何度か受賞歴があり、
前記事のオーノワ夫人の妖精物語集は1981年に金のりんご賞を受賞していました。
1967年には「アンデルセン童話集」がゴールデンプラーク賞に、
1977年に「Koza rohatá a jež」が金のりんご賞と三度受賞していました。

他にも沢山の国際的な受賞歴があるようです。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-17 12:00 | 和テキスト絵本

アルビン・ブルノフスキー画:オーノワ夫人の妖精物語集

c0084183_1185151.jpg




チェコの画家、アルビン・ブルノフスキー(1935-1997)が挿絵を描いた、
フランスの作家・オーノワ夫人の妖精物語集。
1980年にチェコで出版された本のドイツ語版が1982年に出版されました。
あとロシア語版とポーランド語版もあるみたい。

オーノワ夫人の物語から7篇収められています。
ドイツ語→フランス語→英語タイトルで。

・Der prinz kobold:Le Prince Lutin(The Imp Prince)
・Prinzssin rosette:La Princesse Rosette(Princess Rosette) 
・Der goldene zweig:L'Orangier et l'Abeille(The Bee and the Orange Tree)
・Das gute mäuschen:La bonne petite souris(The Little Good Mouse)
・Finette:Finette Cendron(Cunning Cinders)
・Babiole:Babiole 
・Der gelbe zwwrg:Le Nain jaune(The Yellow Dwarf) 

それぞれの物語にブルノフスキーの美しいカラーの挿絵やカットイラストが沢山。
ですがオーノワ夫人の作品の中でも馴染のないものが多くて、内容がよくわからない(笑)
wik参考にあらすじだけでもと拾ってみました。


アンドルー・ラングの世界童話集に収められているものもあるようで、
探せば物語を知ることもできそう。


ブルノフスキーといえば、アンデルセン童話集との出逢いも待っている。
早くブルノフスキーの人魚姫にもご対面したいわ。

なーんて想っていると終わりの方の物語の中に人魚の挿絵が☆

c0084183_1292014.jpg



もしかして近づいているのかも?(笑)















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-16 12:30 | 欧米テキスト絵本

ジョン・ラインハルト・ウェグリン画の人魚②

c0084183_1462669.jpg




ジョン・ラインハルト・ウェグリン(1849 -1927)が
1906年に描いた水彩画「Mermaid」 。

まるで初めて地上に来た人魚姫のような。
花輪のように見える飾りは貝や珊瑚、真珠で出来ているように見えます。

空と海と人魚の尾のブルーが美しいです☆


あと1911年に描かれた連作のようにも見える作品。

c0084183_1418146.jpg


海岸の岩の上に座る人魚。
可愛らしい仕草ですが、「ゼノアの人魚」のような
惑わす魅力も感じたり☆















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-15 12:00 | 人魚画

気になったアンティークの「人魚姫」本

c0084183_1382130.jpg



Tumblrのタイムラインに上がってきた
皮表紙に金箔押しされた人魚姫のアンティーク本。

とくに人魚が描かれている訳でもないのに惹かれてしまった。
挿絵画の名前がないのでテキストだけの本なのかしらと調べてみたら、
ジョン・ラインハルト・ウェグリンが挿絵を描いている本なのでした。

1893年、ロンドンのR. Clay and Sonsから出版された
「The little mermaid and other Tales」
挿絵といってもモノクロ画のみですが
「人魚姫」9点、その他の物語に50点以上。
かなりのボリュームですね。

c0084183_13184657.jpg


古書アーカイヴのサイトで全頁見られるのを見つけました。
本の持主による手彩色されてしまってる画像ですが
それでも貴重なので嬉しいです。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-14 13:30 | 人魚姫

スラミス・ヴュルフィング画の「人魚姫」絵本

c0084183_1125362.jpg
*The Little Mermaid,Hans Christian Andersen,Sulamith Wulfing,Bluestar Communication Corp,1997



想いは引き寄せるのかも?:Part2

クリスチャン・バーミンガム画の人魚姫絵本につづき、
またまたご縁ができて手元にきた絵本。

スラミス・ヴュルフィング画の「人魚姫」絵本です。
1996年に復刻されたものの重版ものです。

人気ある絶版もの人魚姫絵本との出逢いは本当に薄くて、
価格もプレミアムなものですから、ほぼ諦めてしまうこともあるのですが、
やはり想いは通じるのかもしれませんね♡

幸せが二度もつづくとは感謝多々なのであります。


巻末に自画像とお写真が載っていました。

c0084183_11441218.jpg


雰囲気のある美しい人ですね。


絵本のイラストはどれも素敵で美しく、見惚れてしまうものばかり。
裏表紙には見た事がまだなかったイラストが、、、

人魚姫が魔法の薬を大事に抱きかかえている場面です。

c0084183_11475732.jpg


中に収められていないイラストでした♡















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-13 12:00 | 人魚姫

クリスチャン・バーミンガム画の「人魚姫」絵本

c0084183_1144168.jpg
*La Sirenita Hans Christian Andersen, Christian Birmingham, Ediciones Vicens Vives, S.a.2010



想いは引き寄せるのかも?:Part1

クリスチャン・バーミンガム画の「人魚姫」絵本が手元に。
スペイン語版で2010年に出版されたものです。

約30×25cmと少し大型の絵本なので
絵を存分に楽しめます。

ブルーが本当に美しくて、海の中にいるような
そんな錯覚で堪能できます。
空から見下ろした視点の構図はダイナミック。
ボリューム満点の挿絵の量にいつまででも眺めていられます。

なんて幸せなのかしら♡















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-12 12:00 | 人魚姫

ハリー・クラーク:アイルランドの挿絵とステンドグラスの世界

c0084183_15553851.jpg




2014年の秋にパイインターナショナルから出版された
海野 弘氏監修の西洋アンティーク図版本シリーズ。

たぶん国内で初のハリー・クラークの図版集。

アンデルセン童話集、カラー10点/モノクロ13点
ポーの神秘と幻想の物語、カラー6点/モノクロ12点/カバーデザイン
ときは春、カラー2点/モノクロ3点/カバーデザイン/カット3点
シャルル・ペロー童話集、カラー7点/モノクロ8点/カバーデザイン/カット9点
ファウスト、カラー6点/モノクロ5点/見返し/カット7点
スウィンバーン詩集、モノクロ4点/見返し
髪の毛盗み、モノクロ5点
あるグレート・ハウスの歴史、2色刷7点
生命の水、2色刷4点

挿絵の図版の他にも、テキスタイルデザイン、ハンカチのデザイン、
カードのデザイン、雑誌の表紙や挿絵、カレンダー、企業や団体のためのデザイン
(奨学金証書、レターヘッド、入学許可書、株券)

ステンドグラスの作品からは教会のためのステンドグラスから代表的な作品を11点、
「聖アグネス祭の前夜」と「ジュネーヴの窓」「女王たち」の各パネルを解説付きで。
その他小さなステンドグラス作品から3点。

これらの図版とハリー・クラークをめぐる人たちの紹介や、
同時代の挿絵画家らにも触れている。


この本に載せられた挿絵図版がほぼ個人蔵によるもので、
イギリス在住のコレクター、マーティン・ムーア・スティーンソン氏のおかげ。
こんなに惜しみなく放出してくれて大感謝なのです。

たまたま、編集者が現地での撮影の様子を記事にした
現地コーディネーターさんのblogに辿り着いて、
コレクターさんは気取りない素敵な方のようで
益々この本が魅力的になりました☆


表紙はハリー・クラーク画をコラージュして、
彩色と藍色の箔押しがまるでステンドグラスのようになってます。
気合の図版本って感じです♡
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-06-10 12:00 | 解説・図版本


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

アメリア・ジェーン・マレーの..
at 2017-08-17 12:00
アメリア・ジェーン・マレーの..
at 2017-08-16 12:00
アメリア・ジェーン・マレーの..
at 2017-08-15 12:00
アメリア・ジェーン・マレーの..
at 2017-08-14 12:00
イダ・レントール・アウスウェ..
at 2017-08-12 12:00
イダ・レントール・アウスウェ..
at 2017-08-11 12:00
イダ・レントール・アウスウェ..
at 2017-08-10 12:00
イダ・レントール・アウスウェ..
at 2017-08-09 12:00
イダ・レントール・アウスウェ..
at 2017-08-08 12:00
イダ・レントール・アウスウェ..
at 2017-08-07 12:00
シャーリー・テンプルの196..
at 2017-08-05 12:00
Vintage bookの人..
at 2017-08-04 12:00
Antique Childr..
at 2017-08-03 12:00
絨毯広告のVintage M..
at 2017-08-02 12:00
作者不詳のVintage M..
at 2017-08-01 12:00
ドロシー・P・ラスロップ画の..
at 2017-07-31 12:00
ドロシー・P・ラスロップ画の..
at 2017-07-29 12:00
ドロシー・P・ラスロップ画:..
at 2017-07-28 12:00
ドロシー・P・ラスロップ画:..
at 2017-07-27 12:00
ドロシー・P・ラスロップ画:..
at 2017-07-26 12:00

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真集
画集
解説・図版本
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(104)
(78)
(46)
(38)
(28)
(27)
(23)
(23)
(22)
(19)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

わー♫ 今度はコウモリ..
by ohmu-kitijoji at 12:54
わあー♫ 素敵です! ..
by ohmu-kitijoji at 22:44
> ohmu-kitij..
by bonplaisir at 12:55
こんにちは♡ 素敵..
by ohmu-kitijoji at 19:45
> snowdrop-u..
by bonplaisir at 15:10

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

記事ランキング