silent music「わたしのなかの少女が永遠を奏でる」展へ

c0084183_2040502.jpg



ただいま開催中の「わたしのなかの少女が永遠を奏でる」展
東中野のsilent musicさんへ行ってまいりました。

高台にあるお庭はまるで空中庭園のよう。
様々な果実の木が沢山植わってて、まさに楽園。
そんな素敵なお庭の桜がまだ楽しめてほっこりです♡


今回のテーマにわくわくしながら扉を開くと
ドキドキがとまらない素敵な作品がお出迎えしてくれました☆

c0084183_20502265.jpg

c0084183_20532142.jpg

c0084183_20533730.jpg
c0084183_2053463.jpg



ゆるやかな時間が流れる午後のひとときを
素敵な作品たちと楽しいおしゃべりも交えて
更に素敵な予感の場に出くわすこともできて
いつもながらこの場所は心のオアシスであります。

silent music:今週の日曜日(23日)まで。
13:00-19:00まで。



次回の催し物も必見。
日香里 *小作品展 「 い の り て 」 4月29日〜5月7日
銀筆で描かれる日香里さんの世界がとっても素敵です。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-19 12:00 | 展覧会&美術館

Maxwell Armfield画のThe flower bookから

c0084183_10534238.jpg




マックスウェル・アームフィールドは1909年に結婚。
妻は劇作家のコンスタンス・スメドリー。

1910年に彼女の著書The flower bookに美しい植物の挿絵を添えました。
中にはジャポニズムの影響もみえる絵もあったり。

グレイッシュな彩色が素敵なのです♡















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-18 12:00 | 一枚の絵

Maxwell Armfield画:フェアリーランドへの道

c0084183_1015214.jpg




マックスウェル・アームフィールドのアンデルセン童話集から
口絵のイラストが楽しい。

水面下の世界まで描いているのがツボ♡
この一枚の絵を見ているだけでワクワクする。

そんな絵が描けるのって素晴らしい☆















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-17 12:00 | 一枚の絵

ミカロユス・チュルリョーニスの十二宮から

c0084183_15391856.jpg




Tumblrのタイムラインに流れてきた美しい絵。
詳細がなかったので調べてみました。

リトアニアの画家で作曲家
ミカロユス・チュルリョーニス(Mikalojus Čiurlionis:1875-1911)の
十二宮(1907)のシリーズから乙女宮の作品でした。

幻想的で不思議な魅力が溢れて素敵。

十二宮(1907)

c0084183_154924100.jpg




作曲家でもあったから音楽からのイメージ作品も多いようです。

前奏曲とフーガ<天使>(1908-1909)

c0084183_15513452.jpg



世紀末のロシア画壇では注目されリトアニアを代表する画家だったんですね。
カンディンスキーもチュルリョーニスの影響を受けたとか。


チュルリョーニスの画集があれば手にしてみたいです。
眺める程に惹きつけられるものがあります☆















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-15 12:00 | 一枚の絵

羽住都画集:纏う透き色の

c0084183_10295583.jpg
*羽住都画集 纏う透き色の 2015年 東京創元社



水彩画の素適な絵師、羽住都さん。
雑誌のイラスト投稿をきっかけに
1996年に小説の挿絵でデビュー。

以来、出版物やゲーム関連の絵を手掛けている。


表紙絵のような気が遠くなるパターンを水彩で描いてる。
繊細で緻密で食い入るように見てしまう。
けど楽しそうに描いているなぁとも思う。


羽住さんの絵からは、自然が発する匂いや
そよ風とか、そんな錯覚も感じられて心地よいのです。

羽住さんのblogで工程などもUPされています。
メイキングって楽しいし素敵♡
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-14 12:00 | 画集

カール・ラーション/スウェーデンの暮らしと愛の情景

c0084183_1112912.jpg
*カール・ラーション/スウェーデンの暮らしと愛の情景 荒屋鋪 透/著 2016年 東京美術


去年の11月にラーション本の新刊がでました。
トービセレクションから160頁もあるボリュームある本です。

ラーションが出した4冊の書籍を中心に、
その生涯と作品を細かく解説してくれている。

わたしの所持しているOURシリーズもオリジナルタイトルは
Ett Hem(英/OUR HOME・和/私の家)と
Spadarfvet,mitt lilla landtbruk
(英/OUR FARM・和/スパーダヴェルト・わたしの小さな農場)でした。

の他にLarssons(和/ラーション家の人々)とAt solsidan(和/日向に)と
挿絵や壁画などの仕事作品も紹介してくれています。

あと、ラーションのジャポニズムの画家としての側面も。
ラーション自らの言葉で
「日本は芸術家としての私の故郷である」
と残しているほど、日本絵画や浮世絵などの構図から影響を受けている。

代表作の「小さなスサンヌ」は日本画的な縦長の構図で妻と娘、
足元には日本人形が描かれています。

c0084183_11392073.jpg
*Lilla Suzanne,1885


和書でラーションを色濃く堪能できる本がやっと出たという感じ♡















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-13 12:00 | 解説・図版本

カール・ラーソン(ニューベーシックアートシリーズ)

c0084183_22341310.jpg
*ラーソン NBS-J レナーテ・プフォーゲル/著 2003年 タッシェン・ジャパン


画集を手にして、更にラーションの他の絵も見たくなり、
できれば和書でラーションに触れられたらと求めたのがこの本。

冒頭にラーションの生涯についての記述があり、
その後に作品が、ただし作品の解説まで和訳はされていませんでした。
でもOUR FAMILYの絵やその他初めて見る作品もあって、
手軽にラーションを楽しめるペーパーバック版といった感じ。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-12 12:00 | 解説・図版本

カール・ラーション:OUR FARM

c0084183_22132146.jpg
*OUR FARM,Carl Larsson/文・絵,Olive Jones/英訳 1980


カール・ラーションのOUR HOMEを手にして、
そういえばもう一冊あのお店にラーションがあったはずと、
後日お店に赴き、まだあったので求めました。

OUR HOMEがラーション一家が住む家の様子を描いた画集で、
OUR FARMはラーション家の豊かな農場を描いた画集なのでした。

サイズが23.5cm×31.0cmと割と大判な画集です。
ラーションの温かい眼差しで描かれた家族と家と農場の絵は
キラキラと輝いて、眺めているとこちらまで気持ち温かくなります。

ラーションほんと素敵です♡

このシリーズにはもうひとつOur Familyがあるのですが、
できれば同じ年に出版されたシリーズで入手できたらと、
ですがこれがまた手に入りずらい。
この2冊もたまたまラッキーな感じだったんですけどね(笑)















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-11 12:00 | 画集

カール・ラーション:OUR HOME

c0084183_21525726.jpg
*OUR HOME,Carl Larsson/文・絵,Olive Jones/英訳 1980



去年のクリスマスシーズンにカール・ラーションの
クリスマス画で楽しんだのですけど、
ラーションの絵を追いかけ始めたのは4年前くらい。
ご贔屓している古絵本屋さんでこの画集に出逢って、
その時は店内でパラパラと捲ってただけなのですが、
次に赴いた時にまだあったので再びパラパラと眺めていて、
ある頁でドキリ。

c0084183_2245067.jpg


右端の花柄タイルのストーブ見て、なんだろう?この既視感は、、、
で思い出したのが、内田善美さんの画集「聖パンプキンの呪文」収録の
「パールセピアの季節」の中のイラストでした。

c0084183_227681.jpg


店内で独り密かにドキドキにまにましてました(笑)
これはもうラーション追いかけないとってなりましたもん。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-10 12:00 | 画集

Maxwell Armfield画の人魚姫

c0084183_15163972.jpg




マックスウェル・アームフィールド(1881-1972)
イギリスの画家、1910年に出版されたアンデルセン童話集の中の
人魚姫の挿絵、人魚姫の挿絵はカラーが二枚ありました。

c0084183_1538378.jpg

‘Faery tales from Hans Christian Andersen’ translated by Mrs. E. Lucas,
illustrated by Maxwell Armfield. Published 1910 by J.M. Dent & Co.


初版の装丁が可愛い♡















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-08 12:00 | 人魚姫

チャールズ・ロビンソン画の人魚姫

c0084183_19124556.jpg




H・レフラー&J・ウルバンの美しい挿絵の装飾枠で思い出した
チャールズ・ロビンソンの人魚姫。

ロビンソン兄弟で作ったアンデルセン童話集の口絵。
扉絵と見開きで、カラー挿絵はこの1枚だけのようです。

c0084183_19185711.jpg


‘Fairy tales from Hans Christian Andersen’ (1899年版の装丁),
translated by Mrs. E. Lucas and illustrated by Thomas,Charles. and William Robinson.

c0084183_19205946.jpg


表紙と口絵はチャールズだけど、中の100点以上のペン画の挿絵は
トーマス、チャールズ、ウィリアムで手分けして描いています。
3人の絵を見比べて楽しむ事もできるのが嬉しい。














*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-07 12:00 | 人魚姫

H・レフラー&J・ウルバン画の人魚姫

c0084183_151525.jpg




H・レフラー&J・ウルバンの1905年のアンデルセン・カレンダーの中に入っていた
人魚姫のイラスト。


こちらもいろいろ探していたら別の絵の人魚姫も

c0084183_15114395.jpg


1911年のアンデルセン・カレンダーのでした。
全部紹介してくれているblogを見つけました。

よりロマンチック℃が上がっているように思えます♡















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-06 12:00 | 人魚姫

Rie Cramer画の人魚姫

c0084183_13294194.jpg



なかなか手に入れられない人魚姫絵本といえば、
オランダのイラストレーター、リー・クレマー(1887-1977)の人魚姫も。

c0084183_13321982.jpg


詳細が不明で、クレマーのバイオグラフィーにも載ってないのですが、
1957年にグラスゴーのBlack&Son Limitedというところから
絵本が出版されていたようです。
が、古書としてもなかなか出没しない希少な絵本。

その後、1995年に英国のGeddes and Grossetという出版社から
リー・クレマーのシリーズ復刻版が出たようですが、この本も絶版のようです。

もう幻化してるリー・クレマーの人魚姫。

絵本の中の挿絵の一部が時々ネットで拾えるくらいで
全容がつかめません。

カラフルな色彩で可愛らしい絵本のようなのですが、、、



この絵本の挿絵以外にも描かれた人魚姫のイラストがあります。

c0084183_1421537.jpg


同じ場面を描いたこの絵は1955年のようで、
絵本の挿絵の二年前。

ちょっと渋げなこちらも素敵♡


いろいろ探し回ってリー・クレマー画像コレクションを
Flickrで見つけたけど人魚姫絵本はなかったわ。
けど以前の記事でペーパーバック版のアンデルセン童話集から
省かれていた、人魚姫のカラー挿絵を見つけられました。


c0084183_14341212.jpg



















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-05 12:00 | 人魚姫

Andreas Duncan Carse画の人魚姫

c0084183_9594421.jpg
*Andreas Duncan Carse (1876-1938) ,Hans Andersen’s Fairy Tales (1912),The Little Mermaid



久しぶりに人魚姫のイラストを探していて見つけた
アンドレア・ダンカン・カース画の人魚姫。

1912年にロンドンのA&C Black、Ltdから出版された
アンデルセン童話集からの挿絵。
この人魚姫のイラストは前年の1911年に出版された
エドマンド・デュラック挿絵のアンデルセン童話集の
人魚姫の挿絵を彷彿させます。
挿絵黄金時代の画家だけど、注目度が低いのは
当時の人気画家たちの影響が濃く表れているせいかしら?

一瞬デュラックかと思ったくらい。

でも埋もれさせて置くには勿体ないくらい
素敵な人魚絵だと思います♡

アンドレア・ダンカン・カース (1876-1938)の挿絵
今後も探してみようと思います。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-04 12:00 | 人魚姫

Christian Birmingham画の人魚姫

c0084183_16105589.jpg




クリスチャン・バーミンガム、イギリスの現代のイラストレーター。
彼の作品「The Little Mermaid」は2009年に出版されました。

絶版でも人気があるので、手に入れるのが難しく、なかなか手に出来ませんでしたが、
もしかするとペーパーバックのスペイン語版が手に入るかも?
幸運を祈るばかりです(笑)


上の絵は見開きの頁の拡大図なのですが、
海の底で、まだ地上も知らず、姉たちと
楽しそうに魚たちと戯れている人魚姫。
色とりどりの小さな魚が花びらのようで美しい。


c0084183_16214847.jpg



クリスチャン・バーミンガムが手掛けた絵本で
気になっているのはまだまだあって、
「眠れる森の美女」
「雪の女王」
「真夏の夜の夢」

よいご縁があるようにと願っています♡















*












*
[PR]
# by bonplaisir | 2017-04-03 16:31 | 人魚姫


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

アーサー・ラッカム挿絵の「テ..
at 2017-06-27 12:00
エドマンド・デュラック挿絵の..
at 2017-06-26 12:00
エドマンド・デュラックの人魚絵②
at 2017-06-24 12:00
エドマンド・デュラックのアル..
at 2017-06-23 12:00
エドマンド・デュラックの人魚絵①
at 2017-06-22 12:00
ウォルター・クレイン画の「妖..
at 2017-06-21 12:31
ウォルター・クレイン画:「妖..
at 2017-06-20 12:00
ランスロット・スピード画の人魚
at 2017-06-19 13:00
アルビン・ブルノフスキーの絵..
at 2017-06-17 12:00
アルビン・ブルノフスキー画:..
at 2017-06-16 12:30
ジョン・ラインハルト・ウェ..
at 2017-06-15 12:00
気になったアンティークの「人..
at 2017-06-14 13:30
スラミス・ヴュルフィング画の..
at 2017-06-13 12:00
クリスチャン・バーミンガム画..
at 2017-06-12 12:00
ハリー・クラーク:アイルラン..
at 2017-06-10 12:00
ハリー・クラーク画の「髪の毛..
at 2017-06-09 12:00
ハリー・クラーク:キーツのバ..
at 2017-06-08 12:00
ハリー・クラーク:ステンドグ..
at 2017-06-07 12:00
ハリー・クラーク画:聖アグネ..
at 2017-06-06 12:00
ハリー・クラーク画のシンデレ..
at 2017-06-05 16:00

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真集
画集
解説・図版本
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(82)
(72)
(46)
(32)
(28)
(28)
(25)
(23)
(22)
(21)
(21)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(14)
(14)
(12)
(12)

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

> 齋藤裕子さま おは..
by bonplaisir at 08:40
はるさま オースティン..
by bonplaisir at 13:42
はじめまして。最近オース..
by はる at 17:19
desire_sanさま..
by bonplaisir at 14:37
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 21:00

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

記事ランキング