「ほっ」と。キャンペーン

マックスフィールド・パリッシュ画の「長靴をはいた猫」

c0084183_1957788.jpg
*Maxfield Parrish (1870-1966) :Puss in Boots,1913,oil on panel



ハワード・パイルの教え子のひとり。
マックスフィールド・パリッシュ(1870-1966)
アメリカ合衆国の画家でイラストレーター。
父親も銅版画家兼風景画家のスティーブン・パリッシュ。

パリッシュといえば独特のコバルトブルー使いで
「パリッシュ・ブルー」と名付けられるぐらい。

1920年代のアメリカを代表する画家。
後のロックウェルやウォーホールにも影響を与えている。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-14 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

ジェシー・ウィルコック・スミス画のアリス絵

c0084183_19214429.jpg
*Jessie Willcox Smith(1863-1935):Alice in Wonderland,1923



ハワード・パイルの教え子のひとり。
ジェシー・ウィルコック・スミス(1863-1935)
アメリカ合衆国のイラストレーター。

雑誌や書籍のイラストレーションで活躍した。
代表作に「こどもの詩」(1905)「若草物語」(1915)
「水の子どもたち」(1916)「ハイジ」(1922)などなど。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-13 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

キャサリン・パイル画:三匹の熊

c0084183_114462.jpg
*Katharine Pyle (1863 - 1938): the Three Bears(Mother's Nursery Tales,1918)



キャサリン・パイル(1863-1938)
ハワード・パイルの妹、児童書作家でイラストレーター。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-12 11:50 | 一枚の絵 | Comments(0)

ハワード・パイル:The Wonder Clock

c0084183_10474593.jpg
*The Wonder Clock: Or, Four & Twenty Marvellous Tales, Being One for Each Hour of the Day
(Dover Children's Classics) written&illustrated by Howard Pyle, with verses by Katherine Pyle, Dover,1965




1888年に出版されたハワード・パイルの「不思議な時計」
1965年にDover社からクラシック童話シリーズで復刻され、その重版本です。

民話伝承を基にパイルが創作した物語。
副題にあるように一日一時間をひとつとし24篇の物語が綴られています。
散文と詩のコンビネーションからなり、空想力を思いきり駆使して描き下ろされた作品。
ユーモアと夢をたっぷり織り込まれた物語に美しい挿絵が沢山描かれています。

と、このような概要しかわからなくて物語の内容まではわからないのでした。
(英文で読めるようになれればよいのですけど・苦笑)

パイルの代表作の数冊は翻訳版が出版されているのですが、
この本は未だに未翻訳なのです。
ホント、できたら翻訳版で読めたらいいなーと願望ってます(笑)


美しい線画の挿絵がいっぱい、その中から少し☆

c0084183_12375966.jpg

c0084183_12381917.jpg



この「不思議な時計」との出逢いは35年も前。
内田善美さんの作品「かすみ草にゆれる汽車」のひとコマの台詞でした。

c0084183_12225886.jpg


当時は読み流したままだったのですが、挿絵の世界に触れるようになって
実在する本だとわかり、すると気になってしまったのですね、どんな本かと、、、。
数年前に取り寄せて、頁をめくると一枚の絵に釘づけ。

c0084183_12384473.jpg


この絵は内田さんのイラストのモチーフなのでは?と。

単行本「星くず色の船」の描き下ろし扉絵、反転した構図で素敵な仕上がりに。

c0084183_12392312.jpg
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-10 12:00 | 童話集/寓話集 | Comments(0)

ハワード・パイル:人魚

c0084183_22173990.jpg
*Howard Pyle(1853-1911),The mermaid(1910)



ハワード・パイルが亡くなる前年に描かれた人魚の油彩。
でも実のところ、未完のままでヨーロッパへ赴き、
旅先でそのまま亡くなってしまったのでした。

パイルのスタジオのイーゼルに乗せられたままの未完の絵に
教え子だった Frank Schoonover が魚と蟹を描き加えて完成としましたが、
この仕事に対するパイルの意図は不明で、今見るこの絵は不完全のままなのでした。

このようなエピソードも神秘的感を増しているのかな。
人魚の身に付けている装飾が珊瑚や真珠のようで素敵です。




パイルの描く人魚でもうひとつ好きな絵があります。

c0084183_22415028.jpg
*Howard Pyle,North Folk Legends of the Sea (1902)

赤髪の人魚。
海の中へ引きずり込まれそうな妖艶さ。

1902年、月刊誌ハーパーズに発表された作品です。
















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-09 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

ハワード・パイル:Travels of the Soulより④

c0084183_9494711.jpg
*Travels of the Soul,Howard Pyle,Century Magazine ~ December/1902



ハワード・パイルが1902年のCentury Magazineの
クリスマス号に寄せた物語とイラスト。
その四枚目。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-08 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

ハワード・パイル:Travels of the Soulより③

c0084183_9454596.jpg
*Travels of the Soul,Howard Pyle,Century Magazine ~ December/1902



ハワード・パイルが1902年のCentury Magazineの
クリスマス号に寄せた物語とイラスト。
その三枚目。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-07 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

ハワード・パイル:Travels of the Soulより②

c0084183_942585.jpg
*Travels of the Soul,Howard Pyle,Century Magazine ~ December/1902



ハワード・パイルが1902年のCentury Magazineの
クリスマス号に寄せた物語とイラスト。
その二枚目。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-06 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

ノエル季節の展覧会へ。

c0084183_1013363.jpg

c0084183_10341986.jpg



東中野の住宅街にひっそりとあるギャラリー・サイレントミュージックさん。
ただ今開催中の「祈りの光 † 聖なる歌」展へ行って参りました。

今年も作家様たちの素適な作品に囲まれながら
楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

偶然再会できた素敵な人や初めましての新たな素敵な人、
この場所に集まるのは本当に素敵な人たちばかりでなのです。


この度の展覧会でもお迎えできる作品に出逢えて嬉しかった☆
少しずつ集めている「翼」コレクションにまたひとつ仲間ができました。
展覧会後に届けられるのを楽しみにしております。


c0084183_10482726.jpg



楽しいひと時もあっという間で、すっかり時刻は薄暮な頃に。
扉から漏れる灯りに照らされた落ち葉の絨毯、余韻もひとしお☆



silent music
2016/12月3日(土)〜 11日(日): 13:00~19:00















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-06 10:58 | 展覧会&美術館 | Comments(0)

ハワード・パイル:Travels of the Soulより①

c0084183_9532927.jpg
*Travels of the Soul,Howard Pyle,Century Magazine ~ December/1902



ハワード・パイルが1902年のCentury Magazineの
クリスマス号に寄せた物語とイラスト。

どんな物語だったんだろう。
美しいイラストが4枚寄せられていました。
その一枚目。














*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-05 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

本日より開催:「祈りの光 † 聖なる歌」展 at silent music

c0084183_1175167.jpg




本日より、東中野にある隠れ家のようなサロンギャラリー
silent musicさんで行われる
祈りの光 † 聖なる歌」展

素敵な作家さんの作品が沢山集まっているようです。
ワクワクしてます楽しみでしょうがない☆
12月11日(日)まで

12/03-12/11 13:00~19:00
場所:silent music

*参加アーティスト様方*

Atelier Re-tour *江口あさ子 *北原裕子 *くるはらきみ *こみねゆら *たじまひろえ
タニガワマリコ *東條琴枝 *NOE *林美奈子 *日香里 *深瀬優子 * 吉村眸















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-03 11:30 | 展覧会&美術館 | Comments(0)

アボット・ハンダーソン・セイヤーの天使絵

c0084183_9533834.jpg
*Abbott Handerson Thayer Stevenson Memorial (1903).



Abbott Handerson Thayer(1849-1921)
アボット・ハンダーソン・セイヤー、アメリカの画家。
19世紀末から20世紀初頭のアメリカを代表する画家の一人です。
代表的な作品の中に美しい天使絵も数多く描かれています。
が、セイヤーの天使絵って「天使」というより「翼ある者」という感じがします。
美しい人、美しい心や志、尊きものを持つ人には翼がある、みたいな☆


c0084183_954541.jpg

*左:Winged figure,1889
*右:Angel, 1887















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-02 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

池田浩彰画:ちっちゃな淑女たち

c0084183_11245167.jpg



数年前に池田浩彰氏の挿絵「人魚姫」を探してた時に出逢いました。
三島由紀夫が惚れ込み、自ら監修し奥様の平岡瑤子が訳した
セギュール夫人の「ちっちゃな淑女たち カミーユとマドレーヌの愛の物語」


c0084183_11252269.jpg
*ちっちゃな淑女たち カミーユとマドレーヌの愛の物語 セギュール夫人/著 三島由紀夫/監修
 平岡瑤子・松原文子/訳 池田浩彰/絵 1970年 小学館



セギュール夫人(1799-1874):19世紀のフランスの児童文学者。
ロシア貴族の生まれで、フランス貴族と結婚しました。

この物語につけられた池田浩彰さんの挿絵がとても素晴らしいです♡

c0084183_11253342.jpg
c0084183_11255089.jpg
c0084183_1126765.jpg



この物語は創作ではなく、夫人の孫娘のカミーユとマドレーヌの
実際のエピソードが綴られているのでした。

19世紀末のフランスの豊かな田園地方で暮らす、
上流家庭のお嬢様がたの日常生活を、生き生きと可愛らしく描いています。




そして、「ちっちゃな淑女たち」の挿絵を眺めているうちに、
内田善美さんの「若草物語」のイラストって、
ここに辿り着くような気がしてならないのだわ。















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-12-01 12:00 | 児童文学 | Comments(0)

池田浩彰画の「若草物語」

c0084183_1073842.jpg
*国際児童版 世界の名作2 若草物語 オルコット/作  中山知子/訳 池田浩彰/絵 1982年 講談社



昨日のオルコット生誕日の流れで「若草物語」の挿絵本。
昭和時代の代表的な挿絵画家、池田浩彰氏も手掛けてました。

110頁ぐらいの本に全ページにカラー挿絵が添えられています。

c0084183_10145944.jpg

c0084183_10151198.jpg
c0084183_10152336.jpg
c0084183_1015322.jpg


児童向けの本ですが絵柄は大人っぽいかも。
あとがきにある写真を見て、池田氏は四姉妹の住む家を
オルコットの生家をモチーフにしたみたい☆

c0084183_1021651.jpg















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-11-30 12:00 | 文学/戯曲 | Comments(0)

オルコットの生誕日なので内田善美の「若草物語」

「若草物語」の魅力を教えてくれたのは
内田善美さんの名作ギャラリーに出逢ったからでした。

画集「白雪姫幻想」(サンリオ出版)に収録されているのを見て、
この時代の調度品やファッションにも憧れたのでした。

初出はサンリオ出版から発行されていた少女漫画雑誌「リリカ」での連載でした。
この雑誌が当時画期的で、左綴じ、横書き、全頁オールカラー で創刊されたのです。
海外で英語版を出版する計画をしていた為、このような形態になったのですが、
作品のクォリティを保つには月刊誌では厳しかったため、次第にカラー頁の減少、
1976年9月創刊から1979年3月にて廃刊、世に29冊しか出せませんでした。

しかし、執筆陣は豪華でしたので未だに雑誌は古書として流通しています。
掲載された作品は、各作家の単行本や画集などに収録されてるものは少なく、
殆どのものが未収録な作品が多いからでしょうね。

内田善美さんの「若草物語」は画集に収められたものを長年眺めてきましたが、
やはり連載当時の誌面でも眺めてみたくなり、月日をかけて掲載号を集めました。

リリカ №09 1977年07月号(虹の号) 第1回

c0084183_1115087.jpg


リリカ №10 1977年08月号(ひまわりの号) 第2回

c0084183_11153060.jpg


リリカ №11 1977年09月号(まきばの号) 第3回

c0084183_11155467.jpg


リリカ №12 1977年10月号(コスモスの号) 第4回

c0084183_11161772.jpg


リリカ №13 1977年11月号(もみじの号) 第5回

c0084183_11164178.jpg



画集とは頁の位置が違うのもあり、絵の流れも考えられているのだなと思うところもあり。
調節しきれなかったのは、もしかすると悔やまれてたかも?なんて想像しつつ、美しい画にうっとり。


掲載号を揃えて気がつきました。

c0084183_11195133.jpg


画集に加筆頁(画像右)があったのでした♡


















*
[PR]
# by bonplaisir | 2016-11-29 12:00 | 漫画関連 | Comments(0)


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

ヨゼフ・ウィルコン画「あたら..
at 2017-02-22 12:00
リスベート・ツヴェルガー画「..
at 2017-02-21 15:00
エドマンド・デュラック画:シ..
at 2017-02-20 15:00
イザベル・アルスノーの絵が素..
at 2017-02-18 12:00
サイレント・ミュージック「L..
at 2017-02-17 13:06
イワン・ガンチェフ:ねずみの..
at 2017-02-16 12:00
Ivan Gantschev..
at 2017-02-15 12:30
BOOKS MAKE A H..
at 2017-02-14 12:28
イワン・ビリービンのロシア民..
at 2017-02-13 12:00
リスベート・ツヴェルガー画「..
at 2017-02-11 12:00
チャールズ・ロビンソンの「イ..
at 2017-02-10 12:00
W.H.ロビンソン挿絵の「ル..
at 2017-02-09 12:00
ウィリアム・ヒース・ロビンソ..
at 2017-02-08 12:00
ウィリアム・ヒース・ロビンソ..
at 2017-02-07 12:00
キップリングの詩集に添えられ..
at 2017-02-06 12:00
スラミス・ヴュルフィングの「..
at 2017-02-04 14:00
Sulamith Wulfi..
at 2017-02-03 12:00
アメリカの絵本 Little..
at 2017-02-02 12:00
ハンス・フィッシャーの「こね..
at 2017-02-01 12:00
マージョリー・フラックの「ウ..
at 2017-01-31 12:00

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真集
画集
解説・図版本
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
映画(DVD&Blu-ray)
一枚の絵
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(42)
(38)
(28)
(26)
(25)
(23)
(23)
(22)
(22)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

desire_sanさま..
by bonplaisir at 14:37
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 21:00
desire sanさま..
by bonplaisir at 15:33
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 19:28
カモミールさま こんに..
by bonplaisir at 13:54

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..