タグ:オーノワ夫人 ( 6 ) タグの人気記事

ランスロット・スピード画の人魚

c0084183_11331681.jpg




ランスロット・スピード(Lancelot Speed:1860-1931)
英国のイラストレーター。
アンドルー・ラングの世界の童話集から、
あかいろの童話集(1890)に収められている
オーノワ夫人の「サンザシ姫」(The Princess Mayblossom)への挿絵。

「サンザシ姫」のあらすじ

ある国の王と王妃の子が次々に死に、幼いサンザシ姫がひとり残った。
だが妖精カラボスに呪いをかけられ、
「姫が二十歳になるまで不幸のどん底を味わう」と。
この呪いを避ける為に、姫は塔に閉じ込めて外部と避けて過ごすことになりました。
そして厳重な見張りの中でも、姫は美しく育ち、王と王妃は喜びました。
歳月はたち、姫もあと四日で二十歳を迎え、結婚相手を決める年頃になりました。
そして立派な国の王子が結婚を申し込むために使節のコケオドシを送らせました。
さぞ立派な行列だろうと噂にになり、外の世界を見た事がない姫はひと目見たく、
乳母たちを困られながらもその一行を見る機会を得ました。

すると白い馬に乗ったコケオドシを一目見て姫は心奪われてしまいました。
サンザシ姫から愛の告白を受けたコケオドシは嬉しさのあまり、
自国の王と王子を裏切り、姫と駆け落ちします。

しかし、逃げている途中、空腹になるとコケオドシは
優しさも思いやりもない人になりました。
姫はコケオドシのために食べ物を探します。
けど独り占めにし姫はずっと空腹で喉も渇いていました。

ひどいコケオドシ、終いには一人で逃げようと姫を海へ突き落そうとします。
ところが姫はさっとよけて、つんのめったコケオドシが海に落ちてしまいました。

すると美しい妖精があらわれ、無事に城へ帰ることができました。
そして立派な国の美しい王子と結ばれ、不幸な出来事は忘れ去られましたとさ。



ざっとですけど、こんな感じ。
「サンザシ姫」って「眠れる森の美女」や「ラプンツェル」のような話ですね。

上の挿絵はコケオドシが海の落ちたあとどうなったかわからないの場面です。
ランスロット・スピードはその場面を想像したものを描いたようですね。

人魚たちが海底に落ちて来た人間を物珍しそうに眺めているようにも見えます。





「サンザシ姫」といえばデュラックの「妖精の花冠-フランスの昔話集」にも。


















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-06-19 13:00 | 人魚画

アルビン・ブルノフスキー画:オーノワ夫人の妖精物語集

c0084183_1185151.jpg




チェコの画家、アルビン・ブルノフスキー(1935-1997)が挿絵を描いた、
フランスの作家・オーノワ夫人の妖精物語集。
1980年にチェコで出版された本のドイツ語版が1982年に出版されました。
あとロシア語版とポーランド語版もあるみたい。

オーノワ夫人の物語から7篇収められています。
ドイツ語→フランス語→英語タイトルで。

・Der prinz kobold:Le Prince Lutin(The Imp Prince)
・Prinzssin rosette:La Princesse Rosette(Princess Rosette) 
・Der goldene zweig:L'Orangier et l'Abeille(The Bee and the Orange Tree)
・Das gute mäuschen:La bonne petite souris(The Little Good Mouse)
・Finette:Finette Cendron(Cunning Cinders)
・Babiole:Babiole 
・Der gelbe zwwrg:Le Nain jaune(The Yellow Dwarf) 

それぞれの物語にブルノフスキーの美しいカラーの挿絵やカットイラストが沢山。
ですがオーノワ夫人の作品の中でも馴染のないものが多くて、内容がよくわからない(笑)
wik参考にあらすじだけでもと拾ってみました。


アンドルー・ラングの世界童話集に収められているものもあるようで、
探せば物語を知ることもできそう。


ブルノフスキーといえば、アンデルセン童話集との出逢いも待っている。
早くブルノフスキーの人魚姫にもご対面したいわ。

なーんて想っていると終わりの方の物語の中に人魚の挿絵が☆

c0084183_1292014.jpg



もしかして近づいているのかも?(笑)















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-06-16 12:30 | 欧米テキスト絵本

ガナディ・スピリン画の「白猫」

c0084183_8595264.jpg



オーノワ夫人の「白猫」をガナディ・スピリンも描いていたのですね。
Tumblrの過去ログで保管してあったのを見つけました。

重厚感ありエレガントで美しいです。
洋書でしか今のところ手に入らないようです。

c0084183_1048324.jpg


ガナディ・スピリンはアンデルセンやグリムの童話も結構手掛けていて、
和書絵本にしてほしいものがいっぱいあります。
その中でも長年切望しているのは「人魚姫」
それはもう素晴らしく美しい挿絵なのです。
それらはまた後日☆
[PR]
by bonplaisir | 2016-02-23 12:00 | 一枚の絵

カイ・ニールセン画「フェリシア-または撫子の鉢」

c0084183_1191139.jpg



引き続きオーノワ夫人関連です(笑)
カイ・ニールセンが挿絵をつけたものにもありました。
「フェリシア-または撫子の鉢」もそうだったんですね。
オーノワ夫人の「Fortunata」(幸運な娘)の英訳版でした。

このイラスト好きなんですよね☆
[PR]
by bonplaisir | 2016-02-20 12:00 | 一枚の絵

エロール・ル・カイン画の「白猫」

c0084183_1632551.jpg

*白猫 エロール・ル・カイン/再話・絵 中川千尋/訳 2003年 ほるぷ出版 2004年2刷


前記事の「青い小鳥」のオーノワ夫人のお伽噺から
「白猫」のお話をエロール・ル・カインが自ら再話し絵をつけた本。

17世紀末のフランス宮廷で優雅なひまつぶしとして
妖精物語や御伽話が華やかに磨かれていました。

このお話もそうで、王が3人の王子に試練を与え、
末の王子が不思議な猫城へ迷い込みます。
そして呪いをかけられていた白猫の姫は
人の愛の力で魔法が解け美しい娘に戻ります。

このお話もバレエ「眠れる森の美女」の
第3幕で登場する演目になっています。


エロール・ル・カインが1973年に手掛けた作品です。
可愛らしい色調でユーモラス溢れる仕上になっています。















*
[PR]
by bonplaisir | 2016-02-19 17:01 | 和テキスト絵本

ミルコ・ハナーク画「Modrý pták」

c0084183_10345030.jpg

*Modrý pták  Jan Vladislav/文 Mirko Hanak/絵 1971年 ARTIA テキスト:チェコ語

17世紀のフランスの口承話をまとめた妖精物語といえば
ペロー童話が有名ですが、ペローの数年前に
オーノワ夫人が口承話をまとめた本を出版していて、
その中の「青い鳥」をチェコ風にアレンジされた物語に、
ミルコ・ハナークが挿絵をつけたものがこの本です。

オーノワ夫人の「青い鳥」といえば、チャイコフスキーのバレエ音楽
「眠れる森の美女」の第3幕に出てくる「青い鳥」のモチーフでもあります。

1978年に佑学社から世界の名作童話シリーズ
「青い小鳥」で翻訳本が出版されました。

昔、美しい王がおりました、ある国の美しい姫に一目惚れし
二人は愛し合います。それを面白く思わない継母王妃は
自分の実娘と美しい王と結婚させようと企みますが
それを拒む王に魔法をかけて青い小鳥に変えてしまいます。
美しい姫は高い塔に閉じ込められ、二人は引き裂かれてしまいます、、、。


愛し合う二人が幾多の困難を乗り越えてめでたく結ばれるまでのお話。

ミルコ・ハナークの挿絵が贅沢に添えられて宝石のように美しいです。
この絵本はチェコスロバキア最優秀絵本賞を受賞しているくらい
ミルコ・ハナークの作品の中でもとっても素晴らしいものです。











*
[PR]
by bonplaisir | 2016-02-18 12:00 | 欧米テキスト絵本


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

エドマンド・デュラック画:人..
at 2017-06-24 12:00
エドマンド・デュラックのアル..
at 2017-06-23 12:00
エドマンド・デュラックの人魚絵①
at 2017-06-22 12:00
ウォルター・クレイン画の「妖..
at 2017-06-21 12:31
ウォルター・クレイン画:「妖..
at 2017-06-20 12:00
ランスロット・スピード画の人魚
at 2017-06-19 13:00
アルビン・ブルノフスキーの絵..
at 2017-06-17 12:00
アルビン・ブルノフスキー画:..
at 2017-06-16 12:30
ジョン・ラインハルト・ウェ..
at 2017-06-15 12:00
気になったアンティークの「人..
at 2017-06-14 13:30
スラミス・ヴュルフィング画の..
at 2017-06-13 12:00
クリスチャン・バーミンガム画..
at 2017-06-12 12:00
ハリー・クラーク:アイルラン..
at 2017-06-10 12:00
ハリー・クラーク画の「髪の毛..
at 2017-06-09 12:00
ハリー・クラーク:キーツのバ..
at 2017-06-08 12:00
ハリー・クラーク:ステンドグ..
at 2017-06-07 12:00
ハリー・クラーク画:聖アグネ..
at 2017-06-06 12:00
ハリー・クラーク画のシンデレ..
at 2017-06-05 16:00
ハリー・クラーク画の人魚②
at 2017-06-03 12:00
ハリー・クラーク画の人魚姫②
at 2017-06-02 12:00

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真集
画集
解説・図版本
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(82)
(72)
(46)
(31)
(28)
(27)
(25)
(23)
(22)
(21)
(21)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

> 齋藤裕子さま おは..
by bonplaisir at 08:40
はるさま オースティン..
by bonplaisir at 13:42
はじめまして。最近オース..
by はる at 17:19
desire_sanさま..
by bonplaisir at 14:37
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 21:00

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

記事ランキング