タグ:シェイクスピア ( 14 ) タグの人気記事

アーサー・ラッカム挿絵の「テンペスト」

c0084183_122801.jpg
*新訳 テンペスト ウィリアム・シェイクスピア/著 アーサー・ラッカム/画 井村君江/訳 LEVEL 2016年



デュラック挿絵の「テンペスト」(1908)から18年後の
1926年に、ロンドンの William Heinemann Ltd から
ラッカム挿絵の「テンペスト」が出版されました。

2016年にLEVELから出版されたこの本は、1974年に出版された
「リバーサイド・シェイクスピア」を底本とし、
うつのみや妖精ミュージアムの所蔵の原書から挿絵を、
同館の名誉館長で妖精学の第一人者の井村君江氏が訳されています。

この新訳の注目点は、帯にも書いてあるように
「エアリエルは妖精ではなかった!」です。
エリザベス王朝の時代の価値観から、
この本では(妖精)と(精霊>との違いを
強く強調して解いています。

戯曲の台本のように構成されているので
舞台劇を観ているように読めます。
そして、丁寧な解説でより楽しませてくれます。

そしてラッカムの素適な挿絵が20点収められています。

以前の記事で、ラッカムの「テンペスト」で描かれた人魚たちですが、
残念ながらこの本には収録されていませんでした。
(なので初版には21点収められていたということですね。)

この人魚の挿絵もエアリエルの歌に因んだものです。
ラッカムはこの場面に人魚の絵も含め、4点の挿絵を描いてありました。
デュラックは人魚絵含め2点でした。


デュラックとラッカムの挿絵で「テンペスト」を見比べたり、
和訳を読み比べたり、楽し過ぎます♡




















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-06-27 12:00 | 児童文学

エドマンド・デュラック挿絵の「テンペスト」

c0084183_11383370.jpg
*テンペスト シェイクスピア/作 エドマンド・デュラック/絵 伊東杏里/訳 荒俣宏/解説 新装版1994年 新書館



エドマンド・デュラックが挿絵をつけたシェイクスピア「テンペスト」が、
1908年にロンドンのHodder&Stoughtonから出版されました。

その和訳書が、1980年に新書館からデュラックの挿絵を全部収めて出版されました。
そしてデュラック挿絵の「テンペスト」が国内初の絵本なのでした。
エドマンド・デュラックの挿絵で堪能できる有難い本、こちらはその新装版です。


シェイクスピアの喜劇で、妖精女王と騎士らが中心に描かれる、
楽しくてロマンチックな結婚と魔術と妖精のファンタジーものも、
時代の流れ、社会の動揺などで<妖精の時代>も末期にはいり、
その中で書かれた「テンペスト」も魔法の終りを告げるような物語です。
そしてシェイクスピアの最後の戯曲ともいわれています。



そうそう、デュラックの「テンペスト」が出版されたこの年は
アーサー・ラッカムもシェイクスピアの「真夏の夜の夢」の挿絵を描き
William Heinemannから出版されています。

どちらも40点もの挿絵が収められ、
シェイクスピアの贅沢な本が出版された素敵な年なんですね。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-06-26 12:00 | 文学/戯曲

エドマンド・デュラックの人魚絵②

c0084183_18533583.jpg




1908年出版、デュラック画のシェイクスピア「テンペスト」から、
第1幕の2場で、エアリエルの歌から人魚が描かれています。


Full fathom five thy father lies;
Of his bones are coral made;
Those are pearls that were his eyes;
Nothing of him that doth fade,
But doth suffer a sea-change
Into something rich and strange.
Sea-nymphs hourly ring his knell:
Ding-dong.
Hark! now I hear them — Ding-dong, bell.


父は五尋の 水底に
その骨は今 珊瑚珠に
その両の眼は 真珠玉
その身は朽ちず わだつみの
奇しき力に かえられて
今は貴き 宝物
水の妖精 打ち鳴らせ
弔いの鐘を ディンドンベル
お聞きよ お聞き
あの鐘の音を ディンドンベル

*新書館 テンペスト 伊東杏里/訳より引用



この歌の冒頭部分、水の妖精を人魚姿で描いたのですね。

Full fathom five thy father lies;
Of his bones are coral made;
Those are pearls that were his eyes;

父は五尋の 水底に
その骨は今 珊瑚珠に
その両の眼は 真珠玉



ナポリ王の息子フェルディナンド王子がエアリエルの歌を聴いて、
嵐の海で難破し溺死したと思われる父王アロンゾーを思い出します。


以前記事で、ラッカムのテンペストからの人魚絵は
この歌の後半部分を描いたのでした。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-06-24 12:00 | 人魚画

アーサー・ラッカム画の人魚絵③

c0084183_17155722.jpg
*Arthur Rackham:"The Tempest" (1926) 
 ACT I: Scene II,Sea-nymphs hourly ring his knell:Ding-dong.Hark! now I hear them - Ding-dong, bell




1926年にWilliam Heinemann Ltdから出版された、
シェイクスピアの「テンペスト」から。

それまでのラッカムのタッチと違うような、
この本に描かれた挿絵を見ると統一感に少し欠けるような、、、
ヨーロッパではアール・ヌーボーからアール・デコへの転換期だったので
時代に沿う描き方を模索していたのかしら?















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-04-28 12:00 | 人魚画

アーサー・ラッカム画の人魚絵

c0084183_13242247.jpg



To hear the sea-maid's music というタイトルがついたイラスト。
1908年出版の「真夏の夜の夢」に収められたもの。

荒れ狂う波間、怪魚の背に乗り、髪を梳かしながら歌う人魚。
この怪魚は実はイルカで、妖精王が岬に腰をおろし、
人魚の歌声を聴いたのを妖精パックに覚えているかと振り返っている場面。

この時の様子を忠実に挿絵に描いていたのでした。

いつだったか
私たちが岬に腰かけて
いるかの背にまたがった人魚が
うっとりするような声で
歌っているのを聴いたときのことを。
その歌に
さすがの荒海も、静まり返り
その歌を
聴こうと天井の星がむやみに流れたのを。
そのときのこと、私はこの眼で見たのだ。
冷たい月とこの地球とのあいだを
キューピットが、弓矢に身をかためて
飛びめぐったのを。
西方の玉座に坐っておられた
純潔の美しい女王めがけて
その矢を射たのを。
















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-04-23 12:00 | 人魚画

Margaret Rice Oxleyの水彩画

c0084183_21124896.jpg




人魚姫の挿絵を探している時に見つけた一枚。
Margaret Rice Oxley-経歴がよくわからないのですが
20世紀初頭に活動していたイラストレーターのようです。

彼女が描いた「When You Do Dance I Wish You A Wave O’ the Sea」という絵。
シェイクスピアの戯曲「冬物語」からの一節を引用した題がついているのです。


この物語に出てくる羊飼いの娘が求婚者の王子の歌の合わせて
踊る場面らしいのですが、人魚や海王、船などが描かれているのですが、
見方によっては人魚が足を手に入れ踊る場面にも見えたりで気になってしまいました。

この絵をきっかけにシェイクスピアの「冬物語」読んでみたくなりました☆
しかも蜷川幸雄さんも舞台化してたり、英国ロイヤル・バレエの演目にもなったそうです。

















*
[PR]
by bonplaisir | 2016-10-27 12:00 | 一枚の絵

ウィリアム・ヒース・ロビンソンの人魚

c0084183_11164054.jpg

*William Heath Robinson:A Midsummer Night's Dream(1914)


「真夏の夜の夢」から天使と一緒の人魚なら
ノエルの季節にも合うかもと☆

と、無理矢理感(笑)
星の代わりに雪をちらつかせたくなるのだわ。
[PR]
by bonplaisir | 2015-12-12 12:05 | 人魚画

アーサー・ラッカム:1930年版の「真夏の夜の夢」

c0084183_13121471.jpg

*Midsummer Night's Dream William Shakespeare/著 Arthur Rackham/絵 
 1977年 Littlehampton Book Services Ltd



探し求めていたアーサー・ラッカム挿絵の1930年版の「真夏の夜の夢」を元に
1977年に出版された洋書が手に入りました☆

でもNYの店舗から手元に届くまでいろいろありましたよー。
発送先が配達トラブルに見舞われ、迅速対応で再送してくれたものの、
画像のようにカバー状態が劣悪なものが届いて吃驚。

注文したのは「非常に良い」評価の状態の本だったので
このままではその評価価格で請求されてしまうので値引き交渉。
とりあえず誠意に応じてくれたのでよしとしましたが、
絶版本で手に入りにくい本だけど機会があれば状態良いものを見つけたいなー。

c0084183_1341995.jpg


この本は英国の大手出版社Littlehampton Book Services Ltdより
出版されたバージョンで、完璧な発色ではありませんが、
挿絵の内容は全部揃っているようです。

c0084183_13435980.jpg
c0084183_1344777.jpg
c0084183_13441553.jpg
c0084183_13442311.jpg
c0084183_13443145.jpg
c0084183_13443864.jpg
c0084183_13444711.jpg
c0084183_13445436.jpg
c0084183_1345289.jpg
c0084183_13451123.jpg
c0084183_134519100.jpg
c0084183_13452842.jpg
c0084183_13453693.jpg
c0084183_1345448.jpg


洋書画集のデータにあったのは彩色挿絵12葉だったのだけど
扉の見開きイラストとフェアリーソングの見開きを入れると
データより多い彩色挿絵、見開きの葉カウントされてない?
それとも別の描かれたものを同時収録したものなのかしら?
それに無彩色カットも数点含まれているんですよねー。

うーん、謎だわーラッカムの1930年版って
なかなか正体掴めないのだわw
[PR]
by bonplaisir | 2015-11-03 15:00 | 文学/戯曲

あったわー!1939年版ラッカム挿絵の「真夏の夜の夢」

c0084183_20273914.jpg

*新訳 夏の夜の夢 ウィリアム・シェイクスピア/作 ヒース・ロビンソン、アーサー・ラッカム/画 
 井村君江/訳  2012年 レベル


「見つめて、シェイクスピア!」展で提供協力していた
うつのみや妖精ミュージアムの名誉館長、井村君江氏が
妖精の視点からとらえなおした新訳本です。

前にAmazonで見つけた時、W・H・ロビンソン挿絵だけかと思ったら
アーサー・ラッカムの名前まで入ってるので、
挿絵はミックスなのかしらと敬遠してしまったのです。

商品説明に挿絵の収録内容の詳細は書かれていないし、
レビューひとつも付いてないんですもん。
だから出版社の頁に飛んだのですが、そこにも詳細なかったのです。
「ヒース・ロビンソンやラッカムの絵が・・・」だけじゃわからんて!(笑)

そしたら先日、この本を紹介してくれてるblogを見つけたのでした。
挿絵の収録内容も詳しく書いてあり、とっても有難かったです。
それによると1939年版の挿絵6点が全部載ってると!
この情報が決定打、直ぐに取り寄せました(笑)

ていうか、届いた本の帯に!
「※アーサー・ラッカムの1908年版・1939年版の全カラー挿絵も掲載!」
もう!通販サイトでこの帯内容も紹介してくれてたらよかったのに。

でも思っていたより早く出逢えて良かったです。
しかも和書でなんて嬉しすぎるわ☆

1908年版と比べながら観るのも楽しいです。
資料などで6葉のうち5葉確認できていたので
残りの1葉やっと見れた、コンプリートできましたー☆











*
[PR]
by bonplaisir | 2015-09-19 12:00 | 文学/戯曲

展覧会:見つめて、シェイクスピア!

c0084183_7261532.jpg

*見つめて、シェイクスピア!美しき装丁本と絵で見る愛の世界 9/28-11/30 練馬区立美術館

アーサー・ラッカムの挿絵で思い出した、
去年の秋に練馬区立美術館で開催された展覧会
「見つめて、シェイクスピア!美しき装丁本と絵で見る愛の世界」展で
挿絵黄金時代の挿絵も展示されていたことを。

購入しておいてよかった図録をめくると、、、

お!
おおッ!

1939年版のラッカム挿絵の「真夏の夜の夢」もありました!
1908年版とW.H.ロビンソンらと一緒に展示されてたんだ。
記憶に残ってないのは去年はまだラッカム熱上げてなかったからかしら?
なんて残念な自分(汗笑)

確か、この辺りの展示は原書の脇に
写真製版された挿絵が並んでいたので
原書の挿絵頁が直に見られなかったことを
残念に思ったんだった。

にしても、やっぱり貴重な挿絵を流し見してしまった自分を反省。

6葉の彩色挿絵の中から4葉も紹介されていました。
先日の記事で1葉見られたのとかぶってないので、
あと1葉です、なんか近づいてきた感じ☆

ラッカムの挿絵はあと「テンペスト」と
「シェイクスピア物語」が展示されていました。

この展覧会の内容濃くて、ほんと見所満載でした。
ドラクロワによる「ハムレット」の挿絵や、オーステインの「ハムレット」
ブレイクやダリの「マクベス」、シャガールの「テンペスト」は圧巻の50点。
テオドール・シャセリオー「オセロー」、ヘンリー・フューズリ「真夏の夜の夢」
ユリウス・ヘプナー「真夏の夜の夢」、あとシェイクスピアの様々な肖像画も。

二部構成になっていた展覧会では、「シェイクスピアのイメージによる装丁本」と題し、
「第2回デザイナー・ブックバインダーズ国際製本コンペティション」の
入賞作品約80点展示されていました。
様々な解釈による装丁デザイン面白かったです。











*
[PR]
by bonplaisir | 2015-09-16 12:00 | 展覧会図録


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

エドマンド・デュラックの人魚絵③
at 2017-06-28 12:00
アーサー・ラッカム挿絵の「テ..
at 2017-06-27 12:00
エドマンド・デュラック挿絵の..
at 2017-06-26 12:00
エドマンド・デュラックの人魚絵②
at 2017-06-24 12:00
エドマンド・デュラックのアル..
at 2017-06-23 12:00
エドマンド・デュラックの人魚絵①
at 2017-06-22 12:00
ウォルター・クレイン画の「妖..
at 2017-06-21 12:31
ウォルター・クレイン画:「妖..
at 2017-06-20 12:00
ランスロット・スピード画の人魚
at 2017-06-19 13:00
アルビン・ブルノフスキーの絵..
at 2017-06-17 12:00
アルビン・ブルノフスキー画:..
at 2017-06-16 12:30
ジョン・ラインハルト・ウェ..
at 2017-06-15 12:00
気になったアンティークの「人..
at 2017-06-14 13:30
スラミス・ヴュルフィング画の..
at 2017-06-13 12:00
クリスチャン・バーミンガム画..
at 2017-06-12 12:00
ハリー・クラーク:アイルラン..
at 2017-06-10 12:00
ハリー・クラーク画の「髪の毛..
at 2017-06-09 12:00
ハリー・クラーク:キーツのバ..
at 2017-06-08 12:00
ハリー・クラーク:ステンドグ..
at 2017-06-07 12:00
ハリー・クラーク画:聖アグネ..
at 2017-06-06 12:00

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真集
画集
解説・図版本
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(83)
(72)
(46)
(33)
(28)
(28)
(25)
(23)
(22)
(21)
(21)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(14)
(14)
(12)
(12)

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

> 齋藤裕子さま おは..
by bonplaisir at 08:40
はるさま オースティン..
by bonplaisir at 13:42
はじめまして。最近オース..
by はる at 17:19
desire_sanさま..
by bonplaisir at 14:37
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 21:00

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

記事ランキング