タグ:チェコ関連 ( 43 ) タグの人気記事

ミュシャ:眠れる大地の春の目覚め

c0084183_8533968.jpg
*Alphonse Mucha(1860-1939):spring awakening the sleeping earth,1933



ミュシャの晩年の作品「眠れる大地の春の目覚め」
1919年に同一構図の単色刷のリトグラフを元に
1933年に描かれた油彩画。

後にナチス・ドイツが1939年にチェコスロバキアに侵攻し、
ミュシャは「国民の愛国心を刺激する絵を描く」との理由で
ドイツ軍に逮捕され、厳しい尋問を受けます。

その後、ミュシャは解放されましたが、
逮捕前から患っていた肺炎が悪化し死去。

ミュシャは1968年の「プラハの春」を知らずに亡くなっているけれど、
この時をも予感するような作品にも思えます。



この絵を初めて画集で見た時にはっとした。
まるで天使が舞い降りてきてささやいているような美しさ。

2005年のミュシャ展で実物を観られたとき、
ナチスに略奪もしくは焼却されずに残っててホントよかったと思いました。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-03-24 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

アルフォンス・ミュシャ/The IVAN LENDL COLLECTION 

c0084183_2003433.jpg
*アルフォンス・ミュシャ The IVAN LENDL COLLECTION ジャック・レナート/解説 石田恭介/訳 
 1986年 講談社 1986年2刷



いまではミュシャの蒐集家としても有名な
元テニス・プレイヤーのイワン・レンドル氏。

そのレンドル氏のコレクションをまとめた画集です。
119点あるミュシャのポスターのうち、現在116点を所有しているそう。

この画集にはまだ蒐集始めた中からの92点が収められています。
その中に、最初に手にした油彩画1点と素描1点も含まれています。

c0084183_2013554.jpg



レンドル氏は本当にミュシャの絵がお好きなようです。
コレクターにありがちな、手に入れた作品を仕舞ったたまにせずに、
全て自宅の壁に飾られ、いつでも眺めていられるようにしているそうです。

なのでレンドル氏のコレクション展はなかなか実現するはなかったのですが、
全作品の額入りレプリカを自宅に用意することを条件に
5年間の貸し出しを許可したそうです。

それにより2013年4月10日-7月末日、プラハで初の展覧会が行われたようです。
プラハの後、各国を巡り日本も公開予定地に入っているようですが、
まだみたい?貸し出し猶予は2018年ってことですよね。

まだ望みはあるのかも?って期待してます。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-03-23 12:00 | 画集 | Comments(0)

ミュシャ:PANTHEON OF CZECH MUSIC

c0084183_11393467.jpg
*Alphonse Mucha(1860-1939):PANTHEON OF CZECH MUSIC,1929




ミュシャが「スラブ叙事詩」に取り掛かるきっかけにもなった
チェコの音楽家スメタナやドボルザークが絵描かれている
「チェコの音楽界の英雄たち」
1929年に描かれた前年に「スラブ叙事詩」全点を展示する
展覧会がプラハで開かれた。


この画像はポスターのものですが、オリジナルは油彩。
有名なテニスプレイヤーのイワン・レンドル氏が
1981年のオークションで初めて求めたミュシャの絵でした。

この絵との出逢いからミュシャ蒐集が始まり
どんどん魅了されていったようです。

レンドル氏もチェコ人であり、
母国を思い起こさせるミュシャの絵に癒されているようです。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-03-22 12:09 | 一枚の絵 | Comments(0)

ミュシャ展:国立新美術館

c0084183_1183949.jpg
*国立新美術館10周年・チェコ文化年事業 ミュシャ展 2017年 求龍堂



ミュシャ展、先日行って参りました。
「スラブ叙事詩」、作品の大きさに圧巻です。
しかも全20点を一度に観られるなんて凄すぎる。

大きすぎて図録でも確認しずらい細かなディテール部分や
筆のタッチは間近で見ないとわからないくらいの描きこみよう。


「スラブ叙事詩」制作のきっかけとなった
スメタナの「わが祖国」をyoutubeで拾い聴きながら、
展覧会の余韻に浸りつつ図録を開いています。


まるで舞台劇を観ているよな感覚にもなる連作だった。
時に映画の映像的な表現?って思うものがあり、そしたら
図録のミュシャ年表でリュミエール兄弟の映像実験に参加していたもよう。
その経験も作品の表現に取り入れられているのかしら?と、、、

図録読みながら復習してるとまた観たくなってしまう作品群ですよ☆


c0084183_11192423.jpg



もうね、絵の方から光が出ている、神々しいのよ。
やっぱり実物が観られるのはとっても幸せ。

あと2回足を運びます♡
もうチケットも用意してあるし(笑)















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-03-18 12:00 | 展覧会図録 | Comments(0)

アルフォンス・ミュシャの世界/2つのおとぎの国への旅

c0084183_1316462.jpg
*アルフォンス・ミュシャの世界/2つのおとぎの国への旅 海野弘/解説・監修 2016年 Pie 2017年2刷



いよいよ明日から始まる「ミュシャ展
チェコ国外世界初公開の「スラブ叙事詩」全20点が展示されますね。

その予習にと、やはりPieから去年出版された本も入手。
売れ行きがよいようで第2刷になってました☆

ミュシャ関連の本は展覧会図録を主に数冊持っていますが
この本はグラフィック作品の中でも雑誌関連の作品も充実していて
ときめきがとまりません。

一昨年の箱根のラリック美術館で行われていた
ミュシャとのコラボ展覧会で、主にOGATAコレクションの作品が
こちらの本でも見られ、あの時は図録集がなかったので嬉しい限り。

もちろん「スラブ叙事詩」の解説も読み応えありますので
こちらも予習として読み込んでから展覧会に挑みたいですね。

ああ、もうすっごく楽しみ☆


















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-03-07 13:30 | 解説・図版本 | Comments(0)

芸術新潮3月号:特集 秘められたミュシャ

c0084183_15361248.jpg




芸術新潮3月号の特集は、いよいよ明後日8日から始まる
「ミュシャ展」によせて、スラブ叙事詩を重点においたもの。

プラハ国立美術館ヴェレトゥルジュニー宮殿に展示されているのを
全点撮り下ろし、各作品を解説しています。

コレはよい予習になります。

表紙の部分拡大図から、
こんなに繊細で気が遠くなる点描のような星空が描かれていたなんて、
実物を見ないとわからない部分が観られることが楽しみ。


あと、この展覧会を機に、OGATAコレクションの展覧会も開催されるよう。
山口県、山形県、東京でも開催うれしい☆
箱根のラリック美術館でのミュシャとのコラボ展を思い出す。
今回も400点に及ぶコレクションが展示されるようで、こちらも楽しみ。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-03-06 16:00 | ムック本/雑誌 | Comments(0)

チェコの画家:ヨゼフ・パレチェク

c0084183_1151141.jpg




ヨゼフ・パレチェクさんの「人魚姫」の絵本との出逢いが、
人魚姫絵本とチェコ絵本を集めるきっかけになりました。

パレチェクさんの色彩豊かで、自由な発想で描かれる
幻想的な海の底の情景に魅了されました。
水の中とは思えない花が咲き乱れている城の庭。
この感覚がたまりません♡















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-03-04 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

チェコの画家:イジー・トゥルンカの人魚姫

c0084183_11172810.jpg




イジー・トゥルンカに魅了されたのは「人魚姫」の挿絵。
アンデルセン童話集に収められているイラストです。

この絵を求めて本を探したのでした。
実際に収録されている絵は、この1頁文使った絵と口絵のみ。
それでも「人魚姫」の世界へ十分誘ってくれるのでした。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-03-03 12:00 | 人魚姫 | Comments(0)

チェコの画家:ミルコ・ハナークの美しい挿絵

c0084183_10345855.jpg




チェコの絵本に触れているなかで、ミルコ・ハナークの「青い小鳥」の本を開く。
ミルコ・ハナークの挿絵作品の中で、やはり一番好きな作品。

美しすぎて、時間を忘れて見惚れてしまいます。
そして、この本を手元に置けることにも感謝。

ハナークはこの作品が出版された年に亡くなっている。
白血病を患い50年と短い生涯でした。
第二次大戦後に美術で学び、その後の画業で
150点あまりの絵本を残してくれました。


c0084183_10583624.jpg

ミルコ・ハナーク(1921-1971)
スロヴァキア生まれ、チェコスロヴァキア時代の代表的な画家。
プラハの美術学校で水彩画を学び、水墨画など東洋の美術の影響も受けたとか。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-03-02 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)

スロヴァキアの画家:アルビン・ブルノフスキー

c0084183_11284930.jpg
*Mala morska panna H.Ch.Andersen, Albin Brunovsky, 1984



チェコスロヴァキア時代の絵本です。
スロヴァキアを代表する版画・画家のアルビン・ブルノフスキーが
挿絵を描いたアンデルセンの童話集。

「人魚姫」のイラストに一目惚れ。
なかなか出逢いのない絵本です。
モノクロのエッチングのような細密画と色彩豊かな水彩画を
コラージュのように画面のなかで組み合わせているのが
面白い手法ですよね。


アルビン・ブルノフスキー(1935-1997)
蔵書票の世界ではコレクターがいるくらいの人気の画家さん。
100種以上あるようで、その中に日本の作家のものあるようです。

c0084183_11291687.jpg
*Albin Brunovsky(1935-1997):Fairy tale II , 1979 etching

c0084183_11413371.jpg
*Albin Brunovsky(1935-1997):In the summer time , 1982 etching

絵本の挿絵とは雰囲気かわって、とってもシュール。
脳内に浮かんだものや夢の世界を描いているような、
精神世界ともいえそうな不思議な絵が多いです。
怖そうに見えてもお茶目なとこもあって、ふしぎおもしろ世界かな。



ブルノフスキーさんの人魚姫に出逢える日が来ますように☆















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-03-01 12:00 | 一枚の絵 | Comments(0)


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

ミュシャ:眠れる大地の春の目覚め
at 2017-03-24 12:00
アルフォンス・ミュシャ/Th..
at 2017-03-23 12:00
ミュシャ:PANTHEON ..
at 2017-03-22 12:09
silent music:わ..
at 2017-03-21 12:00
ローランサンのポストカード
at 2017-03-20 12:05
ミュシャ展:国立新美術館
at 2017-03-18 12:00
アメデ・ヴァラン:パピヨンから
at 2017-03-17 12:00
Amédée Varin:P..
at 2017-03-16 12:00
Queenのアルバムジャケットも
at 2017-03-15 12:00
グランヴィル:カードの戦争
at 2017-03-14 12:00
鹿島茂コレクション1:グラン..
at 2017-03-13 12:00
オディロン・ルドン:神秘的な対話
at 2017-03-11 14:46
オディロン・ルドン:アンドロメダ
at 2017-03-10 12:00
エドガー・ドカ:帽子店
at 2017-03-09 12:00
イザベル・アルスノー画:My..
at 2017-03-08 13:30
アルフォンス・ミュシャの世界..
at 2017-03-07 13:30
芸術新潮3月号:特集 秘めら..
at 2017-03-06 16:00
チェコの画家:ヨゼフ・パレチェク
at 2017-03-04 12:00
チェコの画家:イジー・トゥル..
at 2017-03-03 12:00
チェコの画家:ミルコ・ハナー..
at 2017-03-02 12:00

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真集
画集
解説・図版本
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
映画(DVD&Blu-ray)
一枚の絵
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(43)
(42)
(39)
(26)
(25)
(23)
(23)
(22)
(21)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

はるさま オースティン..
by bonplaisir at 13:42
はじめまして。最近オース..
by はる at 17:19
desire_sanさま..
by bonplaisir at 14:37
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 21:00
desire sanさま..
by bonplaisir at 15:33

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..