タグ:ハリー・クラーク ( 14 ) タグの人気記事

ハリー・クラーク画:ゲーテ「ファウスト」

c0084183_2175676.jpg

*ファウスト ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ/著 ハリー・クラーク/絵 荒俣 宏/訳 2011年 新書館

ハリー・クラーク挿絵で荒俣氏による豪華翻訳本、第3弾が
ゲーテの「 ファウスト 」です。
「 ファウスト 」はアレクサンドル・ソクーロフ監督が映画化したのや
ヤン・シュヴァンクマイエルの人形アニメでしか接してなくて、
読み物として手にするのはこの本が初めてなのです。

圧倒されるミステリアスで奇想溢れる挿絵の数々、
それまでの作品と比べると独自の世界感がより一層濃くなっているようです。

そして訳者の荒俣氏が翻訳しながら
「ゲーケってこんなにおもしろかったのか!」と絶叫したくなるほどだったって。
これから読むにあたり、挿絵の魅力も手伝って楽しめそうです。

とりあえず、ハリー・クラーク挿絵で楽しめる贅沢な豪華本を
3冊も出してくれた荒俣氏に感謝多々です。











*
[PR]
by bonplaisir | 2015-07-21 12:00 | 文学/戯曲

ハリー・クラーク画:ペロー童話

c0084183_18362657.jpg

*ペロー童話 (付=詩集 ときは春) ハリー・クラーク/絵 荒俣 宏/訳 2010年 新書館
 
ハリー・クラーク挿絵の荒俣氏訳の豪華本「アンデルセン童話集」に続き、
1922年作の「ペロー童話」も、しかもこ本には1920年作の詩集「ときは春」に
添えられたものから、カラー挿絵12葉、単色挿絵14葉も併載されている。
これはかなり貴重な一冊になりました☆

函のイラストは「シンデレラ」より。
表紙と扉絵のロココなイラストはビアズリーの「髪の毛盗み」のような繊細さがあります。
実はハリー・クラークも「髪の毛盗み」を手掛けたのですが
個人の注文のため出版物として世に出すことはできなかったのです。
この絵を見た時に、その心残りの現れのように感じました。

「眠れる森の美女」の1枚目のお城ってモン・サン・ミッシェルみたい!
もしかして、モチーフの参考にしたのかしらって思ってしまいました。

アンデルセン童話の時より色彩のトーンが落ち着いた感じです。
でも、より繊細さが増しなんとも言えない上品さがあります。
でも時に、おすましポーズがコミカルだったりします☆

そして「ときは春」から、ビーズ好きにたまらない可愛らしい詩がありました。

ハロルド・モンロー 「 干潟でふと聞いたこと 」

ニンフや、ニンフ、それってどんなビーズだい?
グリーンよゴブリン。
どうしてそんなものしげしげと見てるんだい?
おいらにおくれよ。

いやよ。

おくれよ、おくれってば。

いや。

そうかい、ならば一晩中葦のの中でわめいてやるぞ。
泥の中をころげまわって大声でほえてやる。

ゴブリン、そんなにビーズが好きなの?

星や水よりいいものさ。
風の歌声よりもいい。
どんな人の綺麗な娘よりいい。
君の銀の指輪につけた緑のビーズのほうがね。

しっ、静かに、それは月から盗んだのよ。

ビーズをおくれよ。おいら、欲しいんだ。

いやよ。

干潟の奥深くで吠えまくってやる。
緑のビーズが大好きなんだよ。
おくれよ、おくれってば。

いや。




思わず手持ちのビーズから、この詩に合いそうなものを探したくなりましたよ(笑)

クイーニー・スコット=ポッパーの詩 「とっても近くで!」の人魚の挿絵も素敵。
妖精もゴブリンも見たことがない少女が人魚を見て驚いている絵です。

どれも素晴らしい挿絵ばかりです。
ハリー・クラーク挿絵、第2弾の豪華本も堪能しまくりです☆












*
[PR]
by bonplaisir | 2015-07-20 12:00 | 童話集/寓話集

ハリー・クラーク画:アンデルセン童話集

c0084183_1941382.jpg

*アンデルセン童話集 ハリー・クラーク/挿絵 荒俣 宏/訳 2005年 新書館

ハリー・クラーク(1889-1931年):アイルランドのダブリンで生まれました。
父親の営むステンドグラスの工房を手伝いながら挿絵画家を志し、
1916年に初仕事の挿絵「アンデルセン童話集」を手掛けました。
ハリー・クラークは全力を尽くして素晴らしい挿絵を彩色と単色で40点描きました。

この本はアンデルセン生誕200年を記念して出版されたものですが
ハリー・クラークの挿絵版でまとめてくれた嬉しい一冊なのです。

しっかりした函入りで、クラシカルな装丁にパラフィン紙のカバーをかけられた
豪華愛蔵版になっています。
函に使われた挿絵は「ひつじ飼いの娘と煙突そうじ人」です。
扉絵の文様のようなデザイン画も素晴らしいです。

単色挿絵はビアズリーの影響を感じますが、
彩色挿絵の大胆な色使いなど、ステンドグラスの感覚が活かされているような。

本来、童話の読者は子供たちですが
アンデルセンの童話は、その凄さをわからない大人たちのために
わかりやすく書き直されているものでもあります。
そんな大人たちにハリー・クラークの夢幻想で怖さもある挿絵は
アンデルセン童話の悲哀と残酷さを際立ててくれていると思います。











*
[PR]
by bonplaisir | 2015-07-18 12:00 | 童話集/寓話集

ハリー・クラークの人魚姫

c0084183_112643.jpg


ハリー・クラーク(1889-1931年)が挿絵の初仕事で
アンデルセン童話(1916年)を手掛けます。
その中から「人魚姫」の単色イラスト、人魚姫が魔女の元へ行く場面です。

初めてこの絵を見た時に、人魚の鱗模様の描き方に
見に覚えがあると思ったのです。

それは学生の頃、授業のイラストとは別に
趣味で描いてた漫画イラストで人魚を描いた時に
鱗と言うよりペイズリーのような模様で描いたのがあって
それ以来、人魚を描くときはそのような模様で
鱗を描いた来たのです。

まだハリー・クラークの存在も知らず
参考になるような書籍や画集も手元になく
何かの折で見た記憶もなかったし、
まだネットで見る知るなんて時代ではなかったので
内心、驚いたのなんのって(笑)

でもこんな描き方でもありなんだと嬉しくなりました。
以来、ハリー・クラークの人魚のような絵が描けたらなぁ
と、いつも思うようになりました。



ちなみにその時の絵がこちら↓1984年に描いたもの。
人魚の尾まで描いたのですが、着色に失敗して
切り取ってしまったのでした。

c0084183_11373151.jpg

[PR]
by bonplaisir | 2015-07-17 12:00 | 一枚の絵


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

エドマンド・デュラック画:人..
at 2017-06-24 12:00
エドマンド・デュラックのアル..
at 2017-06-23 12:00
エドマンド・デュラックの人魚絵①
at 2017-06-22 12:00
ウォルター・クレイン画の「妖..
at 2017-06-21 12:31
ウォルター・クレイン画:「妖..
at 2017-06-20 12:00
ランスロット・スピード画の人魚
at 2017-06-19 13:00
アルビン・ブルノフスキーの絵..
at 2017-06-17 12:00
アルビン・ブルノフスキー画:..
at 2017-06-16 12:30
ジョン・ラインハルト・ウェ..
at 2017-06-15 12:00
気になったアンティークの「人..
at 2017-06-14 13:30
スラミス・ヴュルフィング画の..
at 2017-06-13 12:00
クリスチャン・バーミンガム画..
at 2017-06-12 12:00
ハリー・クラーク:アイルラン..
at 2017-06-10 12:00
ハリー・クラーク画の「髪の毛..
at 2017-06-09 12:00
ハリー・クラーク:キーツのバ..
at 2017-06-08 12:00
ハリー・クラーク:ステンドグ..
at 2017-06-07 12:00
ハリー・クラーク画:聖アグネ..
at 2017-06-06 12:00
ハリー・クラーク画のシンデレ..
at 2017-06-05 16:00
ハリー・クラーク画の人魚②
at 2017-06-03 12:00
ハリー・クラーク画の人魚姫②
at 2017-06-02 12:00

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真集
画集
解説・図版本
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(82)
(72)
(46)
(31)
(28)
(27)
(25)
(23)
(22)
(21)
(21)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

> 齋藤裕子さま おは..
by bonplaisir at 08:40
はるさま オースティン..
by bonplaisir at 13:42
はじめまして。最近オース..
by はる at 17:19
desire_sanさま..
by bonplaisir at 14:37
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 21:00

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

記事ランキング