タグ:人魚 ( 132 ) タグの人気記事

ジョン・R・ニール画の人魚絵

c0084183_14514843.jpg




ジョン・R・ニール(John Rea Neill:1877-1943)が
1911年に出版された「The Sea Fairies」からの挿絵。
オズの原作者のライマン・フランク・ボーム(Lyman Frank Baum:1856-1919)作です。

2色刷のイラストが12点、ペン画のイラストがカットも含め31点描かれ、
海の世界で人魚と冒険しているような、ワクワクする挿絵がいっぱい楽しめます。


c0084183_1452365.jpg
*The Sea Fairies.novel written by L. Frank Baum, illustrated by John R. Neill,Reilly & Britton 1911.


海辺の近くに住む少女が、父親の船乗り仲間で今は事故で引退した
元船乗りの老人から、海の妖精(人魚)の話を聞かされるのでした、、、。


c0084183_14522090.jpg



“Nobody ever sawr a mermaid an’ lived to tell the tale.”
(誰も今まで人魚を見たことがなく、誰もその物語を伝えていませんでした。)

お話はこのような言葉があるようですよ。
なんだかワクワクしてしまうじゃないですか。

和訳書籍が見当たらないので残念ながらないのかも?
どんなお話かとても気になっています。


「The Sea Fairies」には続編があって、1912年に「Sky Island」(空島)が出版されました。

c0084183_1518462.jpg
*Sky Island.novel written by L. Frank Baum, illustrated by John R. Neill.Reilly & Britton,1912.


こちらもジョン・R・ニールが挿絵を担当しています。
ライマン・フランク・ボームは「オズ」シリーズ終了し、
これらの作品に置き換えるつもりで制作したようですが
オズほどの評価を得られず、2シリーズで終わってしまったようです。


「空島」っていうと『ONE PIECE』が浮かんできちゃいましたが
元ネタだったりするのかな?違うか(笑)





















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-07-20 12:00 | 人魚画

アン・アンダーソン画の人魚姫④

c0084183_1675882.jpg





アン・アンダーソンのペン画による挿絵がまた出てきました。
探す度にちょこちょこと現れてくれるのですが、
相変わらず詳細な出版歴まで辿り着くのが厳しいです。
根気と気長さとのお付き合いが始まりそう(笑)

でも素敵な挿絵は追いかけるほどに愛おしくなりますね。

c0084183_1681479.jpg
c0084183_1683489.jpg
c0084183_1684883.jpg

c0084183_16165666.jpg















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-07-15 12:00 | 人魚姫

アン・アンダーソン画の人魚姫③

c0084183_15505036.jpg



アン・アンダーソン挿絵のアンデルセン童話集が1924年に出版されていたようです。
詳細がなかなかつかめないのですが、
その中に収められているペン画の挿絵を、どうやら
以前の記事で紹介したにも使われていました。



c0084183_1551325.jpg


c0084183_15512379.jpg



















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-07-14 12:00 | 人魚姫

アン・アンダーソン画の人魚姫②

c0084183_14313278.jpg
c0084183_14314465.jpg




アン・アンダーソンの人魚姫の挿絵がもうひとつ。
1934年出版の「The Golden Wonder Book 」から。


ふんわりした柔らかさある絵がほんと素敵なのです♡















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-07-13 15:00 | 人魚姫

アン・アンダーソン画の人魚姫

c0084183_1142926.jpg




1935年に出版された「Anderson's Fairy Tales and Pictures」から。
泡ぶく波間に包まれた人魚の様子が、水の泡の衣をまとっているようで素敵。

c0084183_11331636.jpg


アン・アンダーソン(Anne Anderson:1874-1930)
スコットランド生まれ、幼少期にアルゼンチンで過ごしましたが、
仕事を探すためにイギリスに戻りました。
アンダーソンが活躍した同時代に、チャールズ・ロビンソンや
ジェシー・マリオン・キングがいました。

アン・アンダーソンの作品は1910年頃に絶頂期を迎えます。
アール・ヌーボーの子供向けの本やグリーティングカード、
イラストレーターとして多作に活躍しました。
















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-07-12 12:00 | 人魚姫

ガートルード・ケイの人魚絵

c0084183_9501398.jpg




ガートルード・ケイ(Gertrude Kay:1884-1939)
ハワード・パイルの教え子であり、アメリカのイラストレーターでした。
代表作に「不思議の国のアリス」(1923)があります。


1916年に出版された「When the Sandman Comes」に収められた
カラープレートから"Moonlight Mermaids"のイラストです。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-07-11 12:00 | 人魚画

1968年のロシア・アニメーションの「人魚姫」

c0084183_18443582.jpg




1968年制作の「人魚姫」ロシアのアニメーションです。
コペンハーゲンにある観光名所「人魚姫の像」に旅行者を案内し
ガイドが「人魚姫」を語り始めるところから物語が始まります。

c0084183_1842134.jpg


絵本を開いていくようなアニメーションが味わい深くて素敵です。
陸に上がった人魚姫はボッティチェッリの描くヴィーナスのような美しさです。

c0084183_18433640.png



こちらもYoutubeで全編観られます。
ソフトになっていないようなので
時々観にいってはうっとりしてます♡















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-07-05 12:00 | 人魚姫

1976年のソ連映画の「新・人魚姫」

c0084183_1239412.jpg

新・人魚姫
РУСАЛОЧКА/RUSALOCHKA
1976年
ソ連,ブルガリア
監督:ウラジミール・ヴィチコフ




アンデルセンの物語をベースに新解釈された人魚姫。
吟遊詩人のような老道化が、人魚姫を手助けし見守る役で加わります。
そして魔女も心優しく人間界におり、道化の計らいで
声が奪われては王子と会話ができなくなるので、
変わりに人魚姫の美しい緑色の髪を交換に足を得られました。
この二人の存在は人魚姫に待ち受ける悲恋に
少しでも温く救いあるものしようという試みが感じられます。
台詞は少ないですが詩情的で奥深いものがあり、
ラストも捻りがある切ないけどハッピーエンドかも。

声を失わなかった人魚姫は、鈴を転がしたような可愛らしい声で、
しゃべる度に鈴が鳴る演出も幻想的でよかったです。

この映画のように、ソ連時代のものや東欧・北欧あたりの映像作品は、
古来から伝わる土地の伝承を表現に取り入れたりするので
童話などのファンタジーは、子供向けというよりアート色が強いものばかりで、
衣装や美術セットがもうタマランのでした。


c0084183_12595489.jpg




アンデルセン生誕200周年を記念して
原盤フィルムを修復・デジタル化されたものです。
残念ですが現在、絶版です。
とりあえずYoutubeで全編upされているのがあったので貼りつけておきますね。



















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-07-04 13:00 | 人魚姫

エドマンド・デュラックの人魚絵③

c0084183_13325749.jpg




人魚絵といってもmermaidではなくてmermanなんですけど☆

Myths the Ancients believed, Glaucus and Scylla というタイトルのイラスト。
1933年、アメリカの週刊誌の表紙用に描かれたもののようです。

タイトルにあるように、古代神話、例えばギリシャ神話にも出てくる
グラウコスとスキュラの物語が主題で、嫌がるスキュラを
グラウコスが追いかけている様子を描いているようですね。


グラウコスとスキュラ

グラウコスは元は漁夫、たまたま口にした薬草で
半身が魚のmermanになってしまいます。
姿が変わったことで水の中が恋しくなります。すると
川の神々も彼を受け入れ、グラウコスも海神になりました。

ある日、浜辺の入り江の水の中や岩場の陰で涼んでいた
乙女スキュラにグラウコスは恋をしました。
ですがスキュラは求愛を拒みます。

グラウコスは魔女キルケに
スキュラが自分に振り向いてくれるよう相談しました。

しかし、グラウコスに恋するキルケは嫉妬から、
スキュラを怪物にしてしまいました。

こうして怪物スキュラが誕生し、
近くに来た船や人を襲うようになりましたが、そのうち
怪物スキュラはそのままの姿で岩場になってしまいました。
もう船や人を襲いませんが、その岩場はその後も
船乗りたちに恐れられるようになりました。

一方、グラウコスはキルケの愛を一時受け入れるのですが、
キルケが人を怪物にし虐待することに愛想をつかし離れてしまいます。
















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-06-28 12:00 | 人魚画

エドマンド・デュラックの人魚絵②

c0084183_18533583.jpg




1908年出版、デュラック画のシェイクスピア「テンペスト」から、
第1幕の2場で、エアリエルの歌から人魚が描かれています。


Full fathom five thy father lies;
Of his bones are coral made;
Those are pearls that were his eyes;
Nothing of him that doth fade,
But doth suffer a sea-change
Into something rich and strange.
Sea-nymphs hourly ring his knell:
Ding-dong.
Hark! now I hear them — Ding-dong, bell.


父は五尋の 水底に
その骨は今 珊瑚珠に
その両の眼は 真珠玉
その身は朽ちず わだつみの
奇しき力に かえられて
今は貴き 宝物
水の妖精 打ち鳴らせ
弔いの鐘を ディンドンベル
お聞きよ お聞き
あの鐘の音を ディンドンベル

*新書館 テンペスト 伊東杏里/訳より引用



この歌の冒頭部分、水の妖精を人魚姿で描いたのですね。

Full fathom five thy father lies;
Of his bones are coral made;
Those are pearls that were his eyes;

父は五尋の 水底に
その骨は今 珊瑚珠に
その両の眼は 真珠玉



ナポリ王の息子フェルディナンド王子がエアリエルの歌を聴いて、
嵐の海で難破し溺死したと思われる父王アロンゾーを思い出します。


以前記事で、ラッカムのテンペストからの人魚絵は
この歌の後半部分を描いたのでした。















*
[PR]
by bonplaisir | 2017-06-24 12:00 | 人魚画


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

Book:いわさきちひろ「あ..
at 2017-12-09 12:00
エリナー・アボットの人魚画
at 2017-12-08 12:00
エリナー・アボットの人魚画
at 2017-12-07 13:00
William Samuel..
at 2017-12-06 12:00
アーサー・ラッカム画の人魚絵④
at 2017-12-05 12:00
Book:アメリア・ジェーン..
at 2017-12-02 12:00
ヘレン・ジェイコブスの翅の妖精画
at 2017-12-01 12:00
ヘレン・ジェイコブスの人魚画
at 2017-11-30 12:00
ヘレン・ジェイコブスの雑誌表..
at 2017-11-29 12:00
ヘレン・ジェイコブス画の人魚姫②
at 2017-11-28 12:00
ヘレン・ジェイコブス画の人魚姫
at 2017-11-27 12:00
Book:いわさきちひろのT..
at 2017-11-25 12:00
オーストリアのイラストレータ..
at 2017-11-24 12:00
silent music「聖..
at 2017-11-21 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫⑥
at 2017-11-18 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫⑤
at 2017-11-17 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫④
at 2017-11-16 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫③
at 2017-11-15 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫②
at 2017-11-14 12:00
ヘレン・ストラトン画の人魚姫
at 2017-11-13 12:00

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真&写真集
画集/図版集
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
妖精画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(132)
(102)
(46)
(38)
(29)
(27)
(24)
(23)
(22)
(19)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

> snowdrop-u..
by bonplaisir at 16:18
こんにちは。 『星の王..
by snowdrop-uta at 16:17
> snowdrop-u..
by bonplaisir at 14:05
こんばんは。 今夜はパ..
by snowdrop-uta at 22:15
> snowdrop-u..
by bonplaisir at 12:03

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

記事ランキング