タグ:洋画 ( 12 ) タグの人気記事

映画:王は踊る

ファッション史の展覧会の余韻で観た映画。

c0084183_13335725.jpg

王は踊る
LE ROI DANSE/THE KING IS DANCING
2000年
115分
ベルギー,フランス,ドイツ
監督:ジェラール・コルビオ



宮廷内の権力闘争の中で、芸術を権力に変え政治の実権を握り
真の権力者になる若きルイ14世と、王を太陽のごとく輝かせるために
3000曲余りを作曲し、バロック・ダンスの創成期に隆盛を支えた
音楽家にして舞踏家のジャン=バティスト・リュリとの関係を
禁断の愛も交えて描いた物語。

c0084183_1524969.jpg


ルイ14世がリュリの作品でアポローン役を披露した「王の夜のバレエ」や
王が金粉に身を包んで踊ったと伝えられる「堂々たる恋人たち」など
当時の振り付けやステップを再現したり、リュリが使用していた
ポシェット(小さなヴァイオリン)など、
数々の古典楽器も再現しているのも見どころかも。

c0084183_15164762.jpg

*Henri de Gisseyによる「夜のバレエ」のアポロンの衣装デザイン画(1653年)


c0084183_1523428.jpg


王との禁断の愛といってもリュリの片思いで、その崇拝ぶりが凄いです。
最初は歓心を持っていた王ですが、寵愛を得る為なら自らの才能も注ぎこみ、
なりふり構わずな姿勢は後に道化のように見えてきます。
そしてリュリがどれだけ崇めても王の歓心をかうことが出来なくなります。
そんな一方的な激しい思いと苦悩を描いているような感じです。

でも、ラストの場面で王の方にもなんらかの
秘めた感情があったかもな余韻も。

つか、これ観ちゃうと前作「カストラート」も観たくなっちゃいますね☆










*
[PR]
by bonplaisir | 2016-02-29 12:00 | 映画(DVD&Blu-ray) | Comments(0)

映画:バリー・リンドン

昨日、世田谷美術館で開催中の「ファッション史の愉しみ」を鑑賞。
18世紀当時の衣装を間近で見て、その余韻で観てしまった映画☆


c0084183_12375462.jpg

バリー・リンドン
BARRY LYNDON
1975年
186分
イギリス
監督:スタンリー・キューブリック



18世紀ヨーロッパの成り上がり貴族バリー・リンドンの
恋と野心、決闘と詐欺の半生を綴った大河ロマン。
完璧主義者であるキューブリックが、
時代考証、ライティング、美術、衣装に至るまで、
緻密に18世紀を再現する事を目指した。
当時の雰囲気を出す為に蝋燭の明かりのみでの撮影など、
室内外での自然な採光を再現できるように撮影レンズも開発した程。

c0084183_12445915.jpg


この映画、ポスターイラストをリチャード・アムゼルが描いているのも嬉しい。

c0084183_12502038.jpg



展覧会の模様は素敵な図録と共に後日☆










*
[PR]
by bonplaisir | 2016-02-26 13:00 | 映画(DVD&Blu-ray) | Comments(0)

Barbe Bleue(2009)

c0084183_1064562.jpg

青髭
LA BARBE BLEUE
2009年
80分
フランス
監督:カトリーヌ・ブレイヤ



シャルル・ペローの童話「青髭」を
カトリーヌ・ブレイア監督が独自の解釈で映画化したもの。
東欧テイストの耽美な映像が楽しめます!

この青髭には少し「美女と野獣」の野獣のような哀愁もあるような。
そして幼い妻はサロメのようにも見えました。
少女の無邪気さの裏側に潜む残酷さが怖さを増長しているように思えます。


c0084183_1012241.jpg

c0084183_10123234.jpg

[PR]
by bonplaisir | 2016-02-02 12:00 | 映画(DVD&Blu-ray) | Comments(0)

晩餐といえば短編映画「Next Floor」

「灼熱の魂」(2010)で虜になったドゥニ・ヴィルヌーブ監督の
2008年作の短編映画「Next Floor」が秀逸。


c0084183_10404806.jpg
Next Floor
2008年
11分
カナダ
監督:ドゥニ・ヴィルヌーブ






グロテスクとシニカルが優雅な映像で纏われて
飽食は罪かのように奈落へと、、、
















[PR]
by bonplaisir | 2015-11-06 12:00 | 映画(DVD&Blu-ray) | Comments(0)

映画:バベットの晩餐会

c0084183_10234540.jpg

バベットの晩餐会
BABETTE'S FEAST/BABETTES GASTEBUD
1987年
102分
デンマーク
監督:ガブリエル・アクセル



料理や食を通して描かれる人間模様の映画の中で
一番のお気に入りは「バベットの晩餐会」。

ドラマチック仕立てではないけれど、
食材、料理、セッティング、食事の場面などを通して伺える
人の心の動きが丁寧に描かれているのが素晴らしいです。

c0084183_1031235.jpg


芸術にとっての豊かさを教えてくれる作品♡


c0084183_10371656.jpg

[PR]
by bonplaisir | 2015-11-05 12:00 | 映画(DVD&Blu-ray) | Comments(0)

映画:愛と哀しみのボレロ

c0084183_78142.jpg

愛と哀しみのボレロ
LES UNS ET LES AUTRES/BOLERO
1981年
185分
フランス
監督:クロード・ルルーシュ


ヘルベルト・フォン・カラヤン、グレン・ミラー、
ルドルフ・ヌレエフ、エディット・ピアフといった
実在する4人の音楽家やバレエダンサー、歌手をモデルにし、
モスクワ、パリ、ベルリン、NYを舞台に30年代から60年代に至るまでの
波乱に満ちた愛と流離の人生を描く大河メロドラマ。

音楽はフランシス・レイとミシェル・ルグランの夢のコラボ。
バレエ好きにはたまらない、モーリス・ベジャールの振り付けで
ジョルジュ・ドンが舞う終盤の「ボレロ」が圧巻で15分も観れる贅沢さ。

時々、無性に観たくなるのは、やはり名作の証かしら。
何度見ても目頭が熱くなる大好きな映画です。


c0084183_7293042.jpg



丁度、恵比須ガーデンシネマで11月13日まで
デジタル・リマスター版上映中なのですね。
(各地でも順次公開)
[PR]
by bonplaisir | 2015-11-02 12:00 | 映画(DVD&Blu-ray) | Comments(0)

映画:華麗なるギャツビー(1974)

c0084183_1931047.jpg


バルビエの一枚のイラストから思い浮かべた映画は
1974年の「華麗なるギャツビー」でした。

c0084183_19323560.jpg

華麗なるギャツビー
THE GREAT GATSBY
1974年
141分
アメリカ
監督:ジャック・クレイトン


主人公のギャツビーが青年時代に恋焦がれた女性デイジー、彼女はギャツビーが大戦中戦線に行っている間に大富豪の男性と結婚していた。戦線から戻り貧しい青年だった彼は一代で財を築き、再び彼女の心を取り戻すために全てを賭けて彼女の前に再び現れるのでした、、、。

c0084183_19414765.jpg


一人の女性を思い続けた男性のロマンと美学とでも言うのでしょうか、
にしては悲しくて切ないお話です。

愚かな人種(上流階級)の空虚な人間関係と退廃的価値観は
理不尽で無常なラストに繋がって、不快なほどの憤りを感じました。

2013年にバズ・ラーマン監督が再び映画化しましたけど
個人的には1974年版の方がお気に入り☆

舞台はアメリカのジャズ・エイジと呼ばれた時代ですが、
ファッションはアール・デコ真っ盛りの華やかさ。
この年のアカデミー賞衣装デザイン賞受賞するだけあって
素敵なものばかりです。とくにヒロインのデイジーの衣装は
まるでフランスのファッション・プレートからそのまま抜け出したようです。

c0084183_1951443.jpg


当時の「VOGUE」が取り上げた衣装も素晴らしいです。
何より、デイジー演じるミア・ファローの細身の体に
アール・デコのフォルムがぴったりなのですよね。

c0084183_19562647.jpg


原作小説ともどもお気に入りの作品。
[PR]
by bonplaisir | 2015-08-08 12:00 | 映画(DVD&Blu-ray) | Comments(0)

映画:危険な関係

c0084183_10151513.jpg

危険な関係
DANGEROUS LIAISONS
1988年
121min
アメリカ
監督:スティーヴン・フリアーズ


18世紀のフランス革命前夜のパリの貴族社会。人々は贅の限りを尽くした甘美な暮らしに酔いしれ、それぞれの快楽を追い求めていた・・・。そんな社交界で君臨するメルトイユ侯爵婦人は、彼女の恋人バスティード伯爵が若い娘と結婚するらしいという噂を耳にしたことから、かつての愛人であり、社交界きってのドンファンとして名高いバルモン子爵を使って、当のボランジュ夫人の娘である美しき処女セシルの純潔を踏みにじろうとする・・・。


先日の1枚の絵、バルビエの人魚から
「危険な関係」の映画を思い出してしまって。

原作小説は読んでいないのですが
映像化されたものはいくつか見ています。

その中から、1988年にスティーヴン・フリアーズ監督の作品
「危険な関係」が今なお見返しても楽しめる映画かな。

アカデミー賞で、脚色と美術と衣装デザイン部門でノミネートしました。
とくにジェームズ・アシュソンの衣装はホント素晴らしいです。

ビーズに刺繍にレースと溜息ものばかりで
冒頭からそれらを隈なく堪能できます。
女性用は勿論、男性用衣装まで素晴らしく、
もう一人の主役ヴァルモン子爵のオシャレなことったら。
そして小間使いなど、その他も見応えあります。

俳優陣みなハマり役で豪華です。
メルトイユ侯爵夫人役のグレン・クロースはお局の如く、迫力あるマダムで、
ヴァルモン子爵役のジョン・マルコビッチのジゴロ役は
なんとも言えない厭らしさですw
初々しい頃のユマ・サーマンにキアヌ・リーヴス、
ミシェル・ファイファーなど、この顔触れは素晴らしいですね。

ストーリーのテンポもよいし、台詞回しも絶妙で、
恋愛ゲームをスリリングに描いています。

c0084183_10385618.jpg


あと「危険な関係」で思い出したのがマドンナのパフォーマンス。
1990年のMTVムービーアワードで
Vogue 」をロココ・スタイルで披露したのが面白かった。
確かこれも「危険な関係」がモチーフだったような?☆

ていうか、ここ数年何気に気がついたのだけど、
結構ロココ好きなのかもしれないと自覚し始めています(笑)
[PR]
by bonplaisir | 2015-08-05 12:00 | 映画(DVD&Blu-ray) | Comments(0)

1976年のチェコ映画「人魚姫」

YouTubeで見つけたチェコ映画の「人魚姫」、原題「 Malá mořská víla 」

c0084183_10333272.jpg

*「 Malá mořská víla 」 1976(チェコスロバキア)90min 監督:カレル・カヒーニャ

概念に捕らわれないオリジナリティ溢れる人魚姫のビジュアルと
創意工夫で見せる幻想的な世界に魅了されました。

c0084183_10453997.jpg


情報が少なくて、それでも1981年に日本でも公開されたそうです。
でも記録がホントに少なくて、どのような形式の上映だったのかもわかりません。

とりあえずソフトを探していたらDVDはチェコで販売されているようなのです。
どうやって取り寄せてよいのやら、トラブルは避けたいし失敗したくないし、
色々と躊躇しています(汗笑)

今のところ、YouTubeで英語字幕付きのが全編観られるので
なんとか手に入れるまではこちらで堪能中☆

それにしてもチェコ映画の幻想ものは素敵なものばかり。
チェコ怪奇骨董幻想盤というシリーズ(後々の記事にて)もあるのだけど
不思議な世界に誘ってくれます。

絵本、人形劇、アニメに映画、いろんなチェコものに惹かれてます。
チェコって素晴らしいわ☆

c0084183_1111393.png

[PR]
by bonplaisir | 2015-06-26 12:00 | 人魚姫 | Comments(0)

「リトル・プリンセス」も可愛いわ。

またまたバーネット続きで(笑)

「小公女」の映画化作品で1995年の「リトル・プリンセス」
この映画も可愛くて好きです。

c0084183_10292149.jpg
*「リトル・プリンセス」1995(アメリカ)97min 監督:アルフォンソ・キュアロン

ハリ・ポッターやゼロ・グラビティなど、映像に拘りをみせる作品で
お馴染みになってきたアルフォンソ・キュアロン監督の初期映画です。

その片鱗が垣間見れる、グリーンを基調とした
衣装や美術など視覚を楽しませる映像が素敵でした。

c0084183_10442628.jpg


物語は、原作のセーラがどんどん虐げられて辛くなる情況を
少し和らげ、明るくパッピーエンドに持っていっています。
[PR]
by bonplaisir | 2015-05-16 12:00 | 映画(DVD&Blu-ray) | Comments(0)


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る

最新の記事

バレエ:ジゼル
at 2017-03-29 14:04
ものつくり②
at 2017-03-28 12:00
ものつくり。
at 2017-03-27 15:00
1983年アール・ヌーヴォー..
at 2017-03-25 12:00
ミュシャ:眠れる大地の春の目覚め
at 2017-03-24 12:00
アルフォンス・ミュシャ/Th..
at 2017-03-23 12:00
ミュシャ:PANTHEON ..
at 2017-03-22 12:09
silent music:わ..
at 2017-03-21 12:00
ローランサンのポストカード
at 2017-03-20 12:05
ミュシャ展:国立新美術館
at 2017-03-18 12:00
アメデ・ヴァラン:パピヨンから
at 2017-03-17 12:00
Amédée Varin:P..
at 2017-03-16 12:00
Queenのアルバムジャケットも
at 2017-03-15 12:00
グランヴィル:カードの戦争
at 2017-03-14 12:00
鹿島茂コレクション1:グラン..
at 2017-03-13 12:00
オディロン・ルドン:神秘的な対話
at 2017-03-11 14:46
オディロン・ルドン:アンドロメダ
at 2017-03-10 12:00
エドガー・ドカ:帽子店
at 2017-03-09 12:00
イザベル・アルスノー画:My..
at 2017-03-08 13:30
アルフォンス・ミュシャの世界..
at 2017-03-07 13:30

カテゴリ

アリス関連
人魚姫
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真集
画集
解説・図版本
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
映画(DVD&Blu-ray)
一枚の絵
その他の本関連
展覧会&美術館
呟き

タグ

(44)
(42)
(39)
(26)
(25)
(23)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

はるさま オースティン..
by bonplaisir at 13:42
はじめまして。最近オース..
by はる at 17:19
desire_sanさま..
by bonplaisir at 14:37
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 21:00
desire sanさま..
by bonplaisir at 15:33

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..