人気ブログランキング | 話題のタグを見る

星降る夜空の挿絵:Rackham,Bauer,Dulac,Nielsen

星降る夜空の挿絵:Rackham,Bauer,Dulac,Nielsen_c0084183_21251316.jpg


Comus by John Milton
Published 1921 by Doubleday, Page & Co.

... the Stars
That nature hung in Heav'n, and fill'd their Lamps
With everlasting oil, to give due light
To the misled and lonely Traveller

アーサー・ラッカム(Arthur Rackham:1867-1939)






星降るような夜空の挿絵を眺めていると、
小山の天辺の集落に住む親戚の家で、
初めて眺めた夜空を思い出しました。
真っ暗な夜空に視界の端まですべて星、星、星。
遠近感とか麻痺して宙に浮いているような錯覚。
こんな夜空が日常で眺められるなんて!と、
スッゴク羨ましく思っていました(それは今も)。






お気に入りの挿絵画家たちの
星降る夜空の挿絵を集めてみました。



Bland tomtar och troll 1914
Ringen by Helena Nyblom

ヨン・バウエル(John Bauer1882-1918)
星降る夜空の挿絵:Rackham,Bauer,Dulac,Nielsen_c0084183_21250032.jpg
Riddaren Rider



星降る夜空の挿絵:Rackham,Bauer,Dulac,Nielsen_c0084183_21245765.jpg
Bland tomtar och trollより






Shakespeare's The Tempest
produced by Hodder & Stoughton (London) 1908

エドマンド・デュラック(Edmund Dulac:1882-1953)
星降る夜空の挿絵:Rackham,Bauer,Dulac,Nielsen_c0084183_21243960.jpg
ACT I Scene II
Prospero. And by my prescience
I find my zenith doth depend upon
A most auspicious star





East of the Sun and West of the Moon
Hodder & Stoughton, London, 1914

カイ・ニールセン(Kay Nielsen:1886-1957)
星降る夜空の挿絵:Rackham,Bauer,Dulac,Nielsen_c0084183_21250991.jpg
The three princesses of whiteland
So the man gave him a pair of snow shoes



Deserted Moment 1911 drawings
星降る夜空の挿絵:Rackham,Bauer,Dulac,Nielsen_c0084183_21250640.jpg














*


# by bonplaisir | 2022-08-13 12:00 | 一枚の絵

Jacob Maris:花摘み少女

Jacob Maris:花摘み少女_c0084183_13224161.jpg

夏の絵、白いドレス繋がりに涼を見た。


画家の娘が花を摘んでいる様子。
とても可憐♡差し色の水色も素敵。


A Girl With Flowers In The Grass
Jacob Maris (1837-1899)
オランダの画家
















# by bonplaisir | 2022-08-12 12:00 | 花絵画

Thomas Cantrell Dugdale:夏の花摘み

Thomas Cantrell Dugdale:夏の花摘み_c0084183_23415865.jpg


夏の日、スイートピーを摘むふたり。
女性は画家の後の妻になるひとで、
小さな男の子は彼女の甥だそうです。
白いドレスにかぶる花々が
テキスタイルの模様にも見えて素敵です。


Posies 1912
英国の画家。
妻も英国印象派の画家の
















# by bonplaisir | 2022-08-11 12:00 | 花絵画

Frederick Carl Frieseke:装飾的印象派

Frederick Carl Frieseke:装飾的印象派_c0084183_22573194.jpg

Sun and Wind 1914


夏を感じつつも涼を求めたい。
眺めてるだけでも避暑感じたくなる絵画。


アメリカの印象派の画家ですが
主にフランスで活動していました。
「装飾的印象派」とは、フリーゼケのスタイルを指す、
当時のアートライターによる造語だそうです。


On the River 1909-10年頃
Frederick Carl Frieseke:装飾的印象派_c0084183_22572750.jpg



Lilies 1911
Frederick Carl Frieseke:装飾的印象派_c0084183_22572158.jpg



Hollyhocks 1911年頃
Frederick Carl Frieseke:装飾的印象派_c0084183_22571778.jpg



フレデリック・カール・フリーゼケは
1905年に初めてジヴェルニーに訪れひと月滞在し、
翌年から1919年まで毎年の夏を家族と過ごしていたそうです。
彼らが過ごした家はクロード・モネの隣家でしたが、
フリーゼケとモネは親しい友人とはならなかったそうです。
そしてフリーゼケが影響を受けたのはルノワールのみだとか。


The House in Giverny 1912年頃
Frederick Carl Frieseke:装飾的印象派_c0084183_22570237.jpg
初めてこの絵を見た時、てっきりモネの家かと思ってしまった。
よくよく調べて、この家はフリーゼケが滞在していた夏の家。
そして元は画家セオドア・ロビンソンの家でした。
ロビンソンもアメリカの印象派の画家。
一時アメリカに帰国、戻るつもりで親しかったモネに手紙を送った後、
1896年急性喘息発作で亡くなってしまいました。




寝そべるソファのテキスタイルが素敵。
Rest 1909
Frederick Carl Frieseke:装飾的印象派_c0084183_22570543.jpg















# by bonplaisir | 2022-08-10 12:00 | 花絵画

Robert Lewis Reid:花束と白い日傘

Robert Lewis Reid:花束と白い日傘_c0084183_20390960.jpg


白い日傘で思い出した絵画
片腕から零れそうなくらいの花束を抱えても
優雅な佇まいが美しい女性の絵。


The White Parasol 1907
Robert Lewis Reid (1862-1929)
アメリカの画家。
女性の絵を沢山描きました。
















# by bonplaisir | 2022-08-09 12:00 | 花絵画


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

更新通知を受け取る

検索

最新の記事

星降る夜空の挿絵:Rackh..
at 2022-08-13 12:00
Jacob Maris:花摘..
at 2022-08-12 12:00
Thomas Cantrel..
at 2022-08-11 12:00
Frederick Carl..
at 2022-08-10 12:00
Robert Lewis R..
at 2022-08-09 12:00
白い日傘:Joaquín S..
at 2022-08-08 12:00
Carl Heinrich ..
at 2022-08-06 12:00
Ford Madox Bro..
at 2022-08-05 12:00
肖像画のなかの黒猫チャン
at 2022-08-04 12:00
Lucius Rossi:黒猫
at 2022-08-03 12:00

カテゴリ

人魚姫
アンデルセン童話
グリム&ペロー画
人魚画
妖精画
天使画
花絵画
肖像画
一枚の絵
アリス関連
洋書絵本
和テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真&写真集
画集/図版集
展覧会図録
antique&Vintage
ギャラリー&美術館
漫画関連
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
呟き

タグ

(98)
(78)
(72)
(61)
(47)
(46)
(41)
(36)
(36)
(31)
(28)
(27)
(26)
(26)
(25)
(25)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(17)
(17)
(17)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)

記事ランキング

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

> ohmu-kitij..
by bonplaisir at 11:07
んーーーーーー€..
by ohmu-kitijoji at 18:15
> 鍵コメさま こんに..
by bonplaisir at 11:28
> seikopuppe..
by bonplaisir at 11:10