人気ブログランキング |

<   2018年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

Book:蕗谷虹児画集

c0084183_124464.jpg




昭和32年「ひまわり」(掲載号不明)からの「人魚姫」の挿絵です。



c0084183_1274329.jpg


昭和50年に講談社から出版された画集に載っていました。


他にも人魚の絵を探してみると、
大正12年、蕗谷虹児著の詩画集「独り星」から“小人魚のなげき”への挿絵。

c0084183_1210374.jpg



<人魚の嘆き>といえば谷崎潤一郎の作品が真っ先に思い浮かべてしまいますが、
これは蕗谷虹児自身の詩に挿絵をつけたものです。

他にも2点の挿絵画があるようで、詩を紹介してくれているサイトを見つけました。





あと画集には他のアンデルセン童話からのイラストも。
昭和10年の何かの媒体に描かれたもののようです。
「パンを踏んだ娘」と「なまりの兵隊」

c0084183_12223473.jpg


















*
by bonplaisir | 2018-02-28 12:30 | 人魚姫

蕗谷虹児画の「人魚姫」②

c0084183_11371369.jpg


蕗谷虹児(1898-1979)
1957年(昭和31年)に講談社絵本から出版された「人魚姫」から。

蕗谷先生の画集を二冊持っているのですが
人魚姫の挿絵とは別の目的で求めたものだから
改めて人魚姫や人魚絵について探るために開いてみました。

上の画像はそれらの本には掲載されていないものですが、
蕗谷先生の人魚絵が少しでも紹介されていて
やっぱり素敵♡

気持ち的に蕗谷人魚を追いかけたい。
どこまで巡り合えるかわかりませんが
素敵なイラストに出逢えたらと。
















by bonplaisir | 2018-02-27 12:00 | 人魚姫

棟方志功画のアリス

c0084183_12530492.jpg
棟方志功(1903-1975)のアリスの挿絵。
楠山正雄(1884-1950)翻訳
1933年 春陽堂少年文庫リュイス・カロル「鏡の國 アリスの物語」より。
棟方志功の画家として出世作が出る前の絵仕事だったようです。

楠山氏が1920年に本格的に翻訳した「不思議の国のアリス」
その時の挿絵はテニエル画だったようです。

楠山氏のルイス・キャロルのカナ表記も、
現在の表記に落ち着く前のもので面白いですね。
リュイス・カロルの他にも、ルイス・カロル、
リュイス・キャラル、リュイス・キァラルとあったよう。

他の挿絵も見てみたいですね♡
今月の28日までと終了間近ですが、杉並中央図書館で開催中の
「日本人が描いた「不思議の国」のアリス」展 にて
書籍からの棟方志功のアリス画がみられるようです。

うーん、行けるかなぁ~

つか、こーゆうのこそ復刻本あるといいなー☆















*




by bonplaisir | 2018-02-26 14:00 | アリス関連

Book:ルドン-秘密の花園展と図録

c0084183_13533362.jpg




2月8日から東京・三菱一号館美術館で始まった
「ルドン-秘密の花園」展に行ってきました。

この度の展覧会、一番の見所は三菱一号館美術館所蔵の「グラン・ブーケ」。
ドムシー男爵家の城館の食堂を飾るために描かれた16点の装飾画、
そのメインの「グラン・ブーケ」とオルセー所蔵の残りの15点を一堂に鑑賞。

一連の装飾画は黄がかった灰色からミモザのような黄色に移ろぎ、
差し色に鮮やかさが交わり、ついには色鮮やかな大きな花束に、、、

ただし「グラン・ブーケ」のみ別室で、
薄暗い展示室に大きなパステル画の「グラン・ブーケ」が幻想的に浮かび上がり、
実際に飾られていた食堂の薄暗さを再現しているようでした。


黒の時代と色彩の時代、ルドンの魅力を満喫してきました。
そして大好きな「」と「神秘的な対話」の実物まで観られて至福♡

それと最後の展示室にルドンデザインのゴブラン織りの椅子や衝立、屏風も。
テキスタイルにしてもルドンは素晴らしいですね。


今回の図録は装丁も素敵で、ちょっとソフトなハードカバー形式。
そしたら「ザ・ビューティフル」展の時と同じデザイン会社のでした。
センスよくてお洒落で本を開くときワクワクするデザインです。
お気に入りの展覧会図録が素敵なのは嬉しいですね☆

「ルドン-秘密の花園」素晴らしかったです。
ますますルドン大好きになりました♡


2018年5月20日まで
東京・三菱一号館美術館














c0084183_13544411.jpg


それと、ルドンちゃんと言うくらいルドン大好きな、母の亡き友人を思い出しました。
母から形見分けでワタシの手元にきたブルーのガラスの水差し。
「グラン・ブーケ」の青い花瓶と重なりました。
























*
by bonplaisir | 2018-02-24 15:30 | 展覧会図録

アレクサンドル・セオンのLe Poète

c0084183_1274361.jpg




アレクサンドル・セオンの 「詩人」“Le Poète” (1895)
サンテティエンヌ近代美術館所蔵

岩場に登り、夜空に手を伸ばす少年(?)
伸ばした手の先には、星を掴もうとしている♡


アレクサンドル・セオンについて
もっともっと知りたくなりました♡















*
by bonplaisir | 2018-02-23 12:00 | 一枚の絵

アレクサンドル・セオンの人魚絵

c0084183_14461947.jpg




アレクサンドル・セオン(Alexandre Séon:1855-1917)の
“La Sirène”(1986)に出逢ったのは数年前にTumblrのタイムラインで。
その時の画像はなんだか暗くて、本物もこんな色合いなのかしらと
首をかしげていたのでした。

そしたら先日、ある方にご紹介頂いた画像の色合いの美しいこと!
魅惑的な人魚にふただび出逢えました♡


海藻の冠に美しい赤色の珊瑚と豊かな真珠と海の宝石を
両手からこぼれ落ちるほどに持ち、岩場に寄りかかり
波打つしぶきに魚の鱗の尾が見え隠れて、、、。
美しい横顔の口元からは美しい歌声で海に出た男たちを惑わすセイレーン。

セロンの人魚にうっとりしてしまう♡



サンテティエンヌ近代美術館所蔵なのですね。
現地に赴く機会が当分なさそうなので
フランスの象徴主義展とかで日本に来ないかしら?
本物の色合いがどちらに近いのか確かめたいのだわ。
(なんてわがままな願いだろう・笑)



ちなみにこちらが初めて見た画像。

c0084183_14561050.jpg


ねぇ、くらいでしょう?



















*
by bonplaisir | 2018-02-22 12:00 | 人魚画

アレクサンドル・セオンのLa Pensée

c0084183_11453064.jpg




今月初旬から、三菱一号館美術館「ルドン-秘密の花園」展が始まりました。
ルドンが描いた花や植物に焦点をあてた展覧会は世界で初めてだそうです。
そんなルドン展を楽しみにしつつ、思い出したのが、ルドン(1840-1916)と同世代の
印象主義の画家アレクサンドル・セオン(Alexandre Séon:1855-1917)。

彼の作品から三色菫の花冠をかぶる美しい女性の横顔の絵です。
三色菫といえば、先日お邪魔したsilent musicさんでの展示会、
「にんぎょうふわり」のDMデザインも三色菫でした。

展示会の余韻とも重なり、セオンの作品に触れていたら
同じタイトルがもうひとつありました。


「La Pensée」

c0084183_1251199.jpg




美しいなぁ~♡
















*
by bonplaisir | 2018-02-21 12:30 | 一枚の絵

Gaston Nouryの舞台衣装画

c0084183_14311454.jpg
Bouquet de [?] Moulin Rouge 1910


Gaston Nouryが手掛けた、
ムーランルージュの舞台衣装のデザイン画です。
タイトルの[?] になにが入ってたのでしょうね?
花の名前かしら?

スミレ?もしくはライラック?



c0084183_14312609.jpg
Fleurs, Moulin Rouge 1910

思わずラリックの香水瓶のようなシルエットとモチーフ!
よく見ると、髪型が日本髪のような結い方。



c0084183_14313736.jpg
Les Sincères, Moulin Rouge 1910

ギリシャ風?清楚な感じですね。


フランスのクリスチャン・ディオール博物館のコレクションに
Gaston Nouryデザインの衣装が2点あるそうです。
どんなのか気になってますー。















*



by bonplaisir | 2018-02-20 12:00 | 一枚の絵

Gaston Nouryの人魚絵

c0084183_1442378.jpg




Gaston Noury(1865-1936)
フランスの画家、ポスター・アーティスト、イラストレーター、
漫画家、舞台衣装デザイナーと多彩に活躍しました。

いつ頃描かれて、媒体もわからないのですが、
官能的だけどファッショナブルな人魚たちを描いています。
上のシリーズは帽子やヘアーのコレクションみたいな。
下のは民族的な特徴を人魚で表しているような。

コケティッシュなんですけど、可愛らしさもあって惹かれました☆

c0084183_1444917.jpg



彼はムーランルージュの舞台衣装も手掛けたそう。















*
by bonplaisir | 2018-02-19 12:00 | 人魚画

Book:アドリエンヌ・セギュール「The Golden Book of Fairy Tales」

c0084183_16115227.jpg
*The Golden Book of Fairy Tales by Adrienne Segur (Illustrator), Marie Ponsot (Translator),Golden Books (1999)



アドリエンヌ・セギュールの人魚姫画から
この絵本に辿り着き、取り寄せてみたものの、
残念ながら人魚姫は収録されていませんでした。
でも、サイズが25,4 x 1,5 x 33 cmと大型でイラストが見応えありなのです。


ちなみにアンデルセン童話からは
おやゆびひめ、火打ち箱、野の白鳥の3編。

c0084183_16122526.jpg
おやゆび姫


グリム童話から2編
hans and the striped cat、7羽のカラス


オーノワ夫人の童話から7編
緑の蛇、グレースとデレク、the wthite deer、白い猫
bluecrest、the royal ram、dawn,the golden haire

c0084183_16123906.jpg
dawn,the golden haire


ボーモン夫人の童話から
美女と野獣


セギュール夫人の童話から
brigtt,deardeer,and kit


ロシアの民話から4編
蛙の王女、kip,the enchanted cat、silvershod、finn,the keen falcon


日本の民話から2編
kuzma and the fox、浦島太郎

c0084183_16123307.jpg
浦島太郎


ペロー童話から8編
眠り姫、ロバの王女、長ぐつをはいた猫、シンデレラ
親指こぞう、赤ずきん、cowlick ricky、fairies

c0084183_16123641.jpg
赤ずきん


全部で28編の物語が収められています。
この本は1958年のアメリカ版からの再販で
フランスの原書は1955年の「Le livre des bêtes enchantees」でした。
直訳すると「魅惑的な動物の本」
そうなのです!この絵本に描かれている動物や植物のほうが
人よりも生き生きと描かれているのでした。
フランス版のタイトルでイラストの内容にすごくなっとく(笑)


人魚姫のイラストに辿りつけませんでしたが
セギュールさんの魅惑的な動物たちには出逢えたのです。

のちのち調べてみたら「The Snow Queen and Other Tales」(1962)
というアンデルセン童話の「雪の女王」を中心にした本があるようです。
こちらに載っているのかも?

また出逢いを気長に待たなきゃ♡















*







by bonplaisir | 2018-02-17 17:00 | 欧米テキスト絵本


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

イジー・トゥルンカの「真夏の..
at 2019-07-13 12:00
音楽散歩 ~ Promena..
at 2019-07-11 12:06
スラミス・ヴュルフィング画の..
at 2019-07-08 12:00
Book:Rie Crame..
at 2019-07-06 12:00
Rie Cramerのモノク..
at 2019-07-05 10:01
Bertall画の人魚姫
at 2019-07-04 12:00
Gustav Arnold ..
at 2019-07-03 12:00
unknown:ヴィンテージ..
at 2019-07-02 12:00
Gordon Browne画..
at 2019-07-01 12:00
silent music:フ..
at 2019-06-25 14:12

カテゴリ

人魚姫
アンデルセン童話
アリス関連
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真&写真集
画集/図版集
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
妖精画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
ギャラリー&美術館
呟き

タグ

(194)
(63)
(62)
(52)
(39)
(38)
(34)
(28)
(25)
(23)
(20)
(20)
(20)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)

検索

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

> ohmu-kitij..
by bonplaisir at 20:31
なんて不思議な絵でしょう..
by ohmu-kitijoji at 20:42
> snowdrop-m..
by bonplaisir at 10:42
haruchonnsさん..
by snowdrop-momo at 06:44
> 鍵コメさん こ..
by bonplaisir at 23:22
> 鍵コメさん  おは..
by bonplaisir at 09:02
こちらこそ目から人魚のウ..
by snowdrop-momo at 06:14
> snowdrop-m..
by bonplaisir at 13:38

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

その他のジャンル

記事ランキング