人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Book:バーナデット・ワッツの「雪の女王」

c0084183_16361382.jpg

*雪の女王 新装版 アンデルセン/作 バーナデット/絵 ささきたづこ/訳 西村書店 1999年 2007年3刷



本箱にある「雪の女王」絵本を読み比べていたら出てきました。
バーナデット・ワッツ(1942-)イギリスのイラストレーター。
彼女の描くお花畑が大好きで「雪の女王」のなかにもあって嬉しい♡

絵本画面の中から一部分を切り取ってみました。

c0084183_16462626.jpg

c0084183_16465330.jpg

c0084183_1647966.jpg

c0084183_16472798.jpg

c0084183_164750100.jpg

c0084183_16481152.jpg

c0084183_16482512.jpg

c0084183_16484168.jpg



バーナデット・ワッツの「雪の女王」は
ほんわかやさしいです♡













*
by bonplaisir | 2019-03-29 12:00 | アンデルセン童話

Виктор Пивоваров画の「雪の女王」

c0084183_1152817.jpg




ロシアのイラストレーターВиктор Пивоваровのカナ表記が知りたくて
調べてみたところ ヴィクトル・ピヴォヴァロフ(*こちらを参照) と読むみたいです。


そしてアンデルセン童話から「雪の女王」を。
ピヴォヴァロフ描く女王の微笑みがマリアさまのようです。

いつのまに「雪の女王」=怖い、冷たい(心が)とか、
自分の中で良いイメージから離れてしまっていました。
それが気になり改めて読み返してみました。

読む返すまで、ざっくりしたあらすじで覚えていたお話、
ゲルダの大切なカイを攫って城へ閉じ込めている悪い女王で、
ゲルダの一途な思いで助け出すお話と思っていました。

ですが雪の女王は悪魔の悪戯のせいで、心優しい男の子から
意地悪な子になってしまったのを、心を凍結させることで
ゲルダのカイを思う本物の愛で救えるのを待っていたような、、、
その為には様々な試練をゲルダは乗り越えてカイの元へやってくると。
だからゲルダが城へたどり着いたときに女王はカイを奪われまいと
ゲルダと対峙していないのは、この二人の行く末を見守っていた存在なのかと。

そうしてみるとマリアさまのような微笑みも納得なのでした♡

c0084183_11131542.jpg

c0084183_11134753.jpg

c0084183_1115625.jpg

c0084183_11153180.jpg

c0084183_11155273.jpg

c0084183_11142350.jpg


あまりにも有名なお話でイメージだけで慣れ親しみすぎて
ちゃんと読むとイメージと大分違ってたという
お粗末な自分に反省(笑)他の話も読み返していくと
アンデルセン童話にどんどんハマっていきます☆















*
by bonplaisir | 2019-03-28 12:00 | アンデルセン童話

Виктор Пивоваров画の「野の白鳥」

c0084183_8431796.jpg




ロシアのイラストレーター、Виктор Пивоваровが描く
アンデルセン童話から「野の白鳥」です。

彩り豊かで楽し気な色調のВиктор Пивоваров画ですが
「野の白鳥」は少しもの悲し気漂う美しさ♡

c0084183_84819100.jpg

c0084183_847588.jpg

c0084183_847267.jpg
c0084183_8474053.jpg

c0084183_848412.jpg
















*
by bonplaisir | 2019-03-25 12:00 | アンデルセン童話

Виктор Пивоваров画のアンデルセンいろいろ

c0084183_945257.jpg



Виктор Пивоваровの人魚姫画から辿っていったら
アンデルセン童話のイラストが結構出てきて
わくわくホクホク気分わくわくであります♡

「羊飼いの娘と煙突掃除人」(↑)娘のドレスが可愛いわ♡
人形劇かの舞台のような描写みたいな♪
カラフルだけどしっとり落ち着きのある感じが素敵です。

「錫の兵隊」
c0084183_9454721.jpg


「エンドウ豆の上に寝たお姫」
c0084183_946662.jpg


「おやゆびひめ」
c0084183_954571.jpg

c0084183_9542733.jpg

c0084183_9544544.jpg



これら以外にも「雪の女王」や「野の白鳥」「眠りの精オーレ・ルゲイエ」も♡
こちらはそれぞれボリュームあるのでまた後日。















*
by bonplaisir | 2019-03-23 12:00 | アンデルセン童話

Book:Виктор Пивоваров画のロシアの児童書

c0084183_225519.jpg




Виктор Пивоваров(1937-)ロシアのイラストレーター。
彼の「人魚姫」のイラストから他の
アンデルセン童話のイラストを探していたら

見たことのあるイラストを見つけて、あれ?と、、、。
本棚を漁ってみたらВиктор Пивоваров挿絵の本が
うちにもありました(笑)

ロシアの児童書のようで、物語はわからないけど
挿絵が素敵だったので求めていたようです。

c0084183_22104235.jpg

c0084183_22113878.jpg

c0084183_221261.jpg

c0084183_2213420.jpg

c0084183_22135393.jpg

Чёрная курица, или Подземные жители
А.Погорельский/著
Виктор Пивоваров/絵
1973

タイトルから調べてみたら、
「アリョーシャと黒いめんどり」という邦題で1978年に
旺文社から翻訳本が出版されていました。

ロシアの作家アントーニイ・ポゴレーリスキイ
(Antoniĭ Pogorelʹskiĭ 1787-1876)
田辺 佐保子//訳、鈴木 義治/絵

とりあえず、寄宿学校の生徒のアリョーシャという少年と
彼に恩があるめんどりが地下にある小人の世界へ連れて行って
何かが起こるお話ということだけはわかりました。

どんな展開が待っているのかしら?
やっぱ本を取り寄せないといけないのかもよw
















by bonplaisir | 2019-03-22 12:00 | 欧米テキスト絵本

Виктор Пивоваров画の人魚姫

c0084183_19485931.jpg




Виктор Пивоваров(1937-)ロシアのイラストレーター。
子どものための絵本や児童文学の挿絵も沢山手掛けています。

c0084183_19501389.jpg





c0084183_19511881.jpg


c0084183_19513918.jpg


c0084183_19515610.jpg


1973年に雑誌のために描いたもののようです。















*
by bonplaisir | 2019-03-21 12:00 | 人魚姫

Book:Harry Rountree画の「不思議の国のアリス」

c0084183_10505928.jpg



以前の記事から、求めた本です。
Harry Rountree(1878-1950)が1908年と1928年に出版された
「不思議の国のアリス」の復刻版です。

1908年版は2011年にCalla Editions(左)から出版され、
1928年版は2014年にPook Press(右)から出版されました。

1908年版は挿絵・カットイラストがオールカラーでびっくりしました。
数え間違えてなければ93点もです!
表現豊かなHarry Rountreeの絵を存分に楽しめます♡

c0084183_1143939.jpg

c0084183_1151329.jpg




1928年版の方はカラー挿絵が表紙のものも含めて4点。
以前の記事で帽子屋のお茶会の絵を紹介しましたので、
残りの2点がこちら。

c0084183_1171818.jpg


こちらの本はペン画が多く53点も描かれていました。
動物描写が主流ですが生き生きと描かれているのでとっても楽しいです。

c0084183_1111986.jpg


こうして手元でじっくり眺めていると
Harry Rountreeのアリス絵はホントに素晴らしいです。
求めて大正解でした~(笑)















*
by bonplaisir | 2019-03-19 12:00 | アリス関連

ウィリー・ポガニー画のフラッパー・ガールなアリス

c0084183_1215311.jpg




1914年にアメリカに移住したポガニーが
1929年に出版した「不思議の国のアリス」の挿絵は
アール・デコ期のアメリカ、ジャズ・エイジと云われた
狂乱の時代のアリス絵でした。


c0084183_12264952.jpg

ALICE'S ADVENTURES IN WONDERLAND
1929 1st Edition
Lewis Carroll/Willy Pogány
E. P. DUTTON AND COMPANY


フラッパーなアリスもなかなか素敵♡

c0084183_12254638.jpg

c0084183_12273112.jpg


カラーイラストは見返しで使われていたもので、
本編の挿絵はモノクロ画でした。
















*
by bonplaisir | 2019-03-13 12:38 | アリス関連

Book:岩波子どもの本「金のニワトリ」

c0084183_11282999.jpg

*金のニワトリ エレーン・ポガニー/文 ウィリー・ポガニー/絵 光吉夏弥/訳 岩波書店 1954年 1972年10刷




以前求めたエドマンド・デュラック(1882-1953)の絵本
The Golden Cockerel」(1950)
このプーシキンの「金鶏」はロシア民話で有名ですが
あらすじ程度に知っているだけだったので
ちゃんと読んでみたかったのです。

先日、岩波子どもの本シリーズで
「金のニワトリ」を見かけ、よくみると
挿絵がウィリー・ポガニー(1882-1955)じゃないですか!
しかもポガニーとデュラックは生まれた年も同じで
亡くなった年も近いのでした。

デュラックとポガニー、なんて贅沢!

ただし「金のニワトリ」を絵本にしたのはポガニーの方が先で
アメリカに移住してから再婚した妻と、1938年に共同制作しました。

c0084183_11591780.jpg

c0084183_11594013.jpg

c0084183_120056.jpg



素敵満足な組み合わせ♡













*
by bonplaisir | 2019-03-12 12:05 | 和テキスト絵本

Book:Fairy Tales by Hans Andersen

c0084183_10494619.jpg




1986年にニューヨークの出版社WEATHERVANE BOOKSから出版された
カイ・ニールセンの「Fairy Tales by Hans Andersen」です。
1924年にHodder and Stoughtonから出版された本の復刻版です。

2017年に出版された「Fairy Tales by Hans Andersen」が
私的にちょっと残念な出版物でしたので
こちらの本と出逢った時に、そのモヤモヤが解消されました^^

c0084183_1114897.jpg


2017年の本の最大のモヤモヤは図版がコピー機で印刷されたようなものでした。

c0084183_11163387.jpg


モノクロ画の線が潰れまくり、ベタの部分はモアレだらけ
比較するとこんなに違うのです。

価格の抑えられたペーパーバックならよいのですが
ハードカバー版ならって期待しちゃってたのですね。
とはいえ、カイ・ニールセンのアンデルセン童話集の復刻版を
出版してくださるのは大変ありがたいことなのです☆


でも出来たら原本を、いつか手元に置けたらと願っています♡















*
by bonplaisir | 2019-03-07 12:00 | アンデルセン童話


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

イジー・トゥルンカの「真夏の..
at 2019-07-13 12:00
音楽散歩 ~ Promena..
at 2019-07-11 12:06
スラミス・ヴュルフィング画の..
at 2019-07-08 12:00
Book:Rie Crame..
at 2019-07-06 12:00
Rie Cramerのモノク..
at 2019-07-05 10:01
Bertall画の人魚姫
at 2019-07-04 12:00
Gustav Arnold ..
at 2019-07-03 12:00
unknown:ヴィンテージ..
at 2019-07-02 12:00
Gordon Browne画..
at 2019-07-01 12:00
silent music:フ..
at 2019-06-25 14:12

カテゴリ

人魚姫
アンデルセン童話
アリス関連
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真&写真集
画集/図版集
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
妖精画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
ギャラリー&美術館
呟き

タグ

(194)
(63)
(62)
(52)
(39)
(38)
(34)
(28)
(25)
(23)
(20)
(20)
(20)
(18)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)

検索

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

> ohmu-kitij..
by bonplaisir at 20:31
なんて不思議な絵でしょう..
by ohmu-kitijoji at 20:42
> snowdrop-m..
by bonplaisir at 10:42
haruchonnsさん..
by snowdrop-momo at 06:44
> 鍵コメさん こ..
by bonplaisir at 23:22
> 鍵コメさん  おは..
by bonplaisir at 09:02
こちらこそ目から人魚のウ..
by snowdrop-momo at 06:14
> snowdrop-m..
by bonplaisir at 13:38

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

その他のジャンル

記事ランキング