人気ブログランキング |

タグ:グリム童話 ( 21 ) タグの人気記事

リスベート・ツヴェルガー:燕さんが素敵

リスベート・ツヴェルガー:燕さんが素敵_c0084183_10525022.jpg
リスベート・ツヴェルガーの「おやゆびひめ」から
燕さんが素敵♡

このイラストが大好きなのに

絵本を持ってなかった!!

ということに気づき早急に注文した(笑)


たまにあるある
持ってる気になっている。
他の本と勘違いして
持ってる気になっていることも、、、

こんな調子で求めている本も結構あります(爆)















*

by bonplaisir | 2020-06-10 12:00 | 一枚の絵

Book:ながいかみのラプンツェル

Book:ながいかみのラプンツェル_c0084183_09375843.jpg

グリム童話「ながいかみのラプンツェル」
フェリクス・ホフマン/絵 せた ていじ/訳
福音館書店 1970年初版 2011年6刷


なんで、今まで魅了されなかったのかが、わかった(笑)


コレ、この絵なのね。
初めて見たときの印象がよいものではなかったみたい(笑)
Book:ながいかみのラプンツェル_c0084183_09375340.jpg
怖い、しかも暗い
魔女のおばあさんもだけど
生きてる人までコワイんだもん(汗笑)


でもって改めて読んだラプンツェル。
ラプンツェルって「レタス」のことなんだ!
(いえいえホントはノヂシャです・笑)
(翻訳で子供たちがわかりやすい野菜に置き換えられています☆)


子供のいない夫婦のおかみさんが
隣接する魔女の畑のレタスが
死ぬほど食べたくて、
食べないと死んじゃうっていうから
だんなさんは魔女の畑から盗んできてしまった。
そして魔女に見つかり、子供が授かった暁には
魔女が貰いに来るよと、、、、。
そうして塔に閉じ込められたまま
育ったラプンツェル、、、。


もしかして、魔女は当初から夫婦の子供を狙ってた?
おかみさんに呪いをかけて
レタスが死ぬほど食べたいって思わせるように、
そして、だんなさんが盗みに来るだろうと。

子供の頃に読んでたら
こんな風には思わなかっただろうな(笑)

Book:ながいかみのラプンツェル_c0084183_09374831.jpg
Book:ながいかみのラプンツェル_c0084183_09374498.jpg
Book:ながいかみのラプンツェル_c0084183_09373922.jpg

いろんな種類の小鳥が描かれていて
塔の中で密会する恋人たちを見守っているような。



ところで、原本の表紙とは逆向きなのね邦訳版。
そして、逆になったことで、、、

Book:ながいかみのラプンツェル_c0084183_09382279.jpg
この立ち姿の様子から思い浮かんできた絵があります。

Book:ながいかみのラプンツェル_c0084183_09383082.jpg
内田善美さんの「銀河 その星狩り」(1977)の
オージンとフレイヤ。
アーサー・ラッカムのような背景に
中世騎士物語のような世界観な絵なのに、
二人の佇まいをホフマンの絵本の表紙と思わず重ねてしまった。


ただ悲しいかな、
ラプンツェルたちの足は歩んでいて未来を感じるけど、
オージンとフレイヤは立ち止まったまま。
二人が見つめるその先に未来はないのを
暗示させているようにも見えてきた。
(それとも既に黄泉の国での風景?)











*

by bonplaisir | 2020-04-02 14:11 | 和テキスト絵本

Book:ねむりひめ

Book:ねむりひめ_c0084183_17280838.jpg

フェリクス・ホフマンに惹かれて、二冊目に求めたのは
グリム童話の「ねむりひめ」

近所のショッピングモールに入ってる書店の
絵本コーナーでもよく見かけていた
こんなに身近で求められるのにね、
なんで今まで惹かれなかったのか
ホント不思議(笑)

トキメキにもタイミングがあるのかな?


Book:ねむりひめ_c0084183_17282234.jpg


グリム童話「ねむりひめ」
フェリクス・ホフマン/絵 せた ていじ/訳
福音館書店 1963年初版 1996年52刷

表紙もとっても素敵。
まだ幼い姫を愛しみながら抱いてる王
傍らの猫ちゃんも♡

そして見返しから各ページ
どことっても素晴らしい絵ばかりだった♡


Book:ねむりひめ_c0084183_17281302.jpg















*


by bonplaisir | 2020-03-27 13:45 | 和テキスト絵本

Book:七わのからす

Book:七わのからす_c0084183_07165313.jpg

このページの絵に惹かれて求めた絵本。

誰の絵か辿ったらフェリクス・ホフマン(1911-1975)だった。

グリム童話「七わのからす」
せた ていじ/訳
1971年初版 2003年7刷

Book:七わのからす_c0084183_07165875.jpg

このお話から「言霊」が思い浮かんできました。
何気ない気持ちで悪意ある言葉を口にしたら、
それが呪いとなって本当のことになってしまった。

7羽のカラス、実はある少女のお兄さんたちでした。
腕白すぎて両親からもあきれられていました。
そんなある日、お父さんが発した言葉で
カラスになってしまった。
まだ少女が幼い時だったので
知らずに育った彼女は、兄たちを探す旅に出る、、、、。


ホフマンの絵が素晴らしくて
童話の世界にどんどんのめり込む。

1962年に作られた絵本なので
近代の時代設定で描かれています。

いままでホフマンの絵本を本屋さんで開いても
ときめくことがなかった。

なぜだろう???

ときどきあるのよね。
ある時、突然惹かれてしまうってことが(笑)














*







by bonplaisir | 2020-03-26 14:15 | 和テキスト絵本

Book:バーバラ・クーニー画「Little Brother and Little Sister」

Book:バーバラ・クーニー画「Little Brother and Little Sister」_c0084183_09321570.jpg

1982年、グリム童話の「兄と妹」をクーニーが絵本にしました。

最初、これも「ヘンゼルとグレーテル」?って
思ってしまう紛らわしいタイトル。
グリム兄弟がこの話を収集する時に「ヘンゼルとグレーテル」も
同一タイトルで呼ばれていたため混乱が生じ、
「ヘンゼルとグレーテル」の方を改名したようです。

では、「兄と妹」って、どんなお話?
この絵本を手にするまで知りませんでした(;^^)

クーニーの素晴らしい挿絵だけを見て想像すると
森に迷い込んだ小さなきょうだい、
なぜか兄だけが鹿になってしまい
それでも森の中でふたりひっそり住みはじめ、
すると狩りに来た王様に妹が見初められ結婚し、
お城へは鹿となった兄も一緒に住んで、、、って
ここまではなんか、めでたしな感じ?

だけど、夜ごとに現れている
幽霊のような女性は、、、誰?

え?どうなってんの?
って気になります。

Book:バーバラ・クーニー画「Little Brother and Little Sister」_c0084183_09321049.jpg
Book:バーバラ・クーニー画「Little Brother and Little Sister」_c0084183_09320686.jpg
Book:バーバラ・クーニー画「Little Brother and Little Sister」_c0084183_09320255.jpg
あらすじをwikでちょっと読みましたら
なかなかの大人でもこれはちょっと残忍な出来事もあるお話。
それでもハッピーエンドにはなるので
ちょっとホッとしました。

こちらの絵本はまだ翻訳絵本がでてないみたい。
日本語で読めたら嬉しいなぁ、と思いました。

あと、この物語を調べていると多くの画家やイラストレーターの
素敵な絵画やイラストにも出会えました。
それはまたの機会で^^















*






by bonplaisir | 2020-02-05 12:00 | 欧米テキスト絵本

Disney「白雪姫」のコンセプトアートから

Disney「白雪姫」のコンセプトアートから_c0084183_2042314.jpg
*Concept art for Snow White and the Seven Dwarfs (1937)



幻想的で見惚れてしまった。
アニメーションとはまた違う世界観を楽しめる
Disneyのコンセプトアート。















*
by bonplaisir | 2017-10-09 12:00 | 一枚の絵

H・レフラー&J・ウルバンのイラスト②

H・レフラー&J・ウルバンのイラスト②_c0084183_10173236.jpg
*Hänsel and Gretl(Hansel und Gretel)1905, Brothers Grimm:illustrated by Heinrich Lefler & Joseph Urban


H・レフラー&J・ウルバンの「童話カレンダー」から「ヘンゼルとグレーテル」。
装飾枠のモチーフが可愛いのとか面白いのとか♡















*
by bonplaisir | 2016-12-29 12:00 | 一枚の絵

H・レフラー&J・ウルバンのイラスト

H・レフラー&J・ウルバンのイラスト_c0084183_10393313.jpg
*Schneewittchen(Snow White) , Brothers Grimm:illustrated by Heinrich Lefler & Joseph Urban



オーストリアの画家、ハインリッヒ・レフラー(1863-1919)と
ヨーゼフ・ウルバン(1871-1933による、
童話のカレンダー(1905)から「白雪姫」のイラスト。

数年前から気になっているイラストレーターです。
来年は彼らの絵も追って行こうかなと思ってます☆
まずはこのカレンダーの12枚の絵を全部見てみたいなぁ。

彼らの絵からユーゲント・シュテール(ドイツ語圏のアール・ヌーボー)に
興味が湧いてきましたよ、好奇心でウズウズしています。
日本の浮世絵とかフランスの後期印象派とかアーツ・アンド・クラフツとかの
影響も受けているそうで楽しみになってきましたよ☆















*
by bonplaisir | 2016-12-28 12:00 | 一枚の絵

Book:今年のクリスマス絵本に選んだのは「白雪姫」

Book:今年のクリスマス絵本に選んだのは「白雪姫」_c0084183_18142413.jpg
*白雪姫 グリム/原作 たかのもも/絵・文 フレーベル館 2015年



毎年、クリスマスにちなんだ絵本を一冊求めようと決めて、
今年はどんなのにしようかと探していたところ、
目に留まったのが たかのもも さんの「白雪姫」。

中をちら見する機会があって、もう一目惚れ。
今年はちなんでないけどコレしかないって具合に求めさせていただきました☆


たかのもも(鷹野 百)さんはイタリアのボローニャ国際絵本原画展で
4度も入選をしている若手作家さん。
2011年にスイスの出版社からドイツ語版、フランス語版、英語版が刊行され
昨年の秋にやっと日本語版が刊行されました。


Book:今年のクリスマス絵本に選んだのは「白雪姫」_c0084183_18145254.jpg


たかのももさんの斬新な解釈の表現方法は古典童話なのに
新鮮な想像力を生み出してくれています。

絵本なのに画集のような見応えある美しい絵を堪能しました。
既に刊行されている「ゆめたまご」も取り寄せてみたくなりました。
今後の作品もすっごく楽しみです♡















*
by bonplaisir | 2016-12-24 10:00 | 和テキスト絵本

Book:カイ・ニールセン画「グリム童話集」

Book:カイ・ニールセン画「グリム童話集」_c0084183_953726.jpg

*Fairy Tales Jacob Grimm, Wilhelm Grimm/著 Kay Nielsen/絵 1979年Hodder; New版


1979年に新装された、1925年に出版の「ヘンゼルとグレーテルとその他の物語」です。

カイ・ニールセン挿絵の現代版も手に入れるのが難しく
これもやっと機会が巡ってきて手元に置くことが出来ました。

収められているのは彩色挿絵が美しい12篇の物語。
挿絵のみなら「幻想の挿絵画家 カイ・ニールセン」と
挿絵画家 カイ・ニールセンの世界」でも見られるのですが、
初版によると、各物語の始めには美しい彩色の装飾ヘッダーと装飾文字が添えられているようです。
また無彩色の装飾文字もあり、こちらは「幻想の挿絵画家 カイ・ニールセン」で紹介はされていますが、
彩色装飾まで紹介してくれている本には出逢ったことがなかったのです。

どうしても装飾部分が見たくていろいろと探していたら、全部の絵を紹介してくれている
ポーランドのサイトを見つけました。Garaż ilustracji książkowych

凄い!隈なく載せている!

そしたらやっぱり手元に置きたくなります。
でも原書はホントに稀にしか流通しません。

で、またいろいろと調べてみたらこの本に出逢ったのです。
取り寄せてみると彩色挿絵と彩色の装飾ヘッダーと文字のみですが、
それでも十分堪能できます。

どれもシンボリックなデザインが素晴らしいです。
挿絵のタッチと趣を変えつつ、イメージは統一されている。
ニールセンのセンスが光っています。

印刷も綺麗なのが嬉しかった。
奥付を見て吃驚、この本は日本で刷られていました。
大日本印刷です!

なのに翻訳版がないようなのが残念ですねー。
あとは22篇のうちの、残りの10篇に無彩色の挿絵があります。
これらも一緒に掲載してくれる本が出るとよいのにと思いますー☆










*
by bonplaisir | 2016-03-10 12:00 | 童話集/寓話集


挿絵とか絵本とか画集とか、気ままに覚え書き。


by haruchonns

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

最新の記事

小さな森へ
at 2020-06-25 12:00
内田善美:夏の夜の夢
at 2020-06-21 12:00
内田善美:妖精王の騎士
at 2020-06-20 12:00
内田善美:りぼんの付録のタロ..
at 2020-06-19 12:09
アンデルセン:三月のスミレ
at 2020-06-16 10:00
ベルナール・ビュフェの赤い花束
at 2020-06-15 10:00
リスベート・ツヴェルガー:燕..
at 2020-06-10 12:00
#BookCoverChal..
at 2020-06-03 12:00
6世紀の植物画
at 2020-05-27 12:00
Annie French画の..
at 2020-05-26 12:01

カテゴリ

人魚姫
アンデルセン童話
アリス関連
和テキスト絵本
欧米テキスト絵本
童話集/寓話集
児童文学
文学/戯曲
洋書
写真&写真集
画集/図版集
展覧会図録
漫画関連
antique&Vintage
豆本&ミニチュア本
ムック本/雑誌
ホビー&料理本
人魚画
妖精画
一枚の絵
映画(DVD&Blu-ray)
その他の本関連
ギャラリー&美術館
呟き

タグ

(210)
(68)
(67)
(56)
(48)
(44)
(40)
(29)
(28)
(28)
(25)
(23)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)

記事ランキング

最新のコメント

> 鍵コメさん  情景..
by bonplaisir at 15:37
> seikopuppe..
by bonplaisir at 10:59
> ohmu-kitij..
by bonplaisir at 10:55
最近発売された松苗あけみ..
by seikopuppe at 07:44
まあ❤️ その頃りぼん..
by ohmu-kitijoji at 20:44
> ohmu-kitij..
by bonplaisir at 20:58
こんばんは! これ..
by ohmu-kitijoji at 19:49
> snowdrop-m..
by bonplaisir at 15:04

以前の記事

2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のトラックバック

ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
日本初公開のベッリーニと..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..
北方ヨーロッパ絵画の最高..
from dezire_photo &..

その他のジャンル